アドレス110とトリシティの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレス110とトリシティの違いを比較

 

スズキ アドレス110の歴史

1998年4月24日に「アドレス110」の2ストロークモデルが新登場。型式は、BD-CF11A
アドレス110は、アドレスV100の次世代を担うスズキの新型スクーターとして登場。高出力を誇る排気量113ccの新設計2ストロークエンジンを搭載し、原付二種スクーターでは、当時随一の動力性能を誇った。他にも高剛性の新設計フレームや高性能な前後オイルダンパー式サスペンションに12インチホイール、上位クラスを思わせる外観と積載性能などの特徴があった。車両重量は、101kg。
アドレスV100とアドレス110の違いの比較は、こちら。
2000年3月21日にマイナーチェンジ。
ヘッドランプをマルチリフレクタータイプに変更。リヤターンシグナルランプをクリアタイプにして前後灯火器の質感を向上。リヤキャリアの剛性を高めた。シートを黒とグレーのツートーンカラーに変更。質感が高くスポーティーなデザインのキャストホイールを装着したキャストホイール仕様を設定。車体色は、3色(パールスティルブルーグレー、キャンディグランブルー、ソニックシルバーメタリック)。
2003年に2ストロークモデルが生産中止。
Vシリーズの後継は、アドレスV125となった。
2015年3月19日に4ストロークモデルが発売。型式は、EBJ-CE47A
排気量112cc空冷4スト単気筒エンジンを搭載。装備重量97kgの軽量な車体、14インチ大径ホイール、20.6Lの大容量シート下トランクスペース、フロントインナーラック、シャッターキー、ブレーキロックシステム、サイドスタンドなどを装備。車両重量は、97kg。製造は、インドネシア。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
アドレス110の2stと4stの違いを比較
2016年4月27日にマイナーチェンジ。
シート表皮のデザインを変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック)。
2018年3月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-CE47A
平成28年国内排出ガス規制対応でパワーと燃費が若干ダウン。最高出力が6.7kW[9.1PS]/8,000rpm→6.5kW[8.8PS]/7,750rpm。最大トルクが8.6N・m[0.88kgf・m]/6,000rpm→8.6N・m[0.88kgf・m]/6,250rpmに変更。WMTCモード値燃費が51.2km/L→48.9km/L。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、アイスシルバーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。
アドレス110の「型式EBJ-CE47A」と「型式2BJ-CE47A」の違いを比較
2019年8月23日にカラーチェンジ。

車体色は、4色(マットステラブルーメタリック、トリトンブルーメタリック、タイタンブラック、ブリリアントホワイト)。
2020年10月8日にマイナーチェンジ。
左ブレーキレバーを握ると、フロントブレーキとリアブレーキが同時に作動し、効率よく制動力を得られるコンバインドブレーキシステムを新たに採用。車体色は、4色(ソラリスシルバー、ブリリアントホワイト、タイタンブラック、マットステラブルーメタリック)。
2021年8月6日にカラーチェンジ。また特別色を採用したスペシャルエディションを発売。
車体色は、アドレス110が4色(ソラリスシルバー、マットステラブルーメタリック、ブリリアントホワイト、タイタンブラック)。アドレス110スペシャルエディションが2色(キャンディマックスオレンジ、マットセレネゴールドメタリック)。ハンドルカバー左側にスペシャルエディションとして「ブラック×クロム」のエンブレムを採用。

 

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
ヤマハは、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がる三輪以上の車両の開発に着手し、その第一弾がトリシティで2014年4月にタイの現地法人のタイヤマハモーターで製造販売を開始。日本では、「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。水冷4ストローク124cm3 CVTエンジンを搭載。液晶デジタルメーター、60/55W(H4)ヘッドライト、LEDポジションランプ、・90/80-14 前輪タイヤ、110/90-12 後輪タイヤ。シート下トランク容量は、20リットル。車両重量は、164kg。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。リヤホイール径を12インチからトリシティ155と同じ13インチにアップ。シート下トランク容量は、23.5リットルにアップ。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。
2021年4月8日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のライトリーフグリーンソリッド6(イエロー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

 

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2015年3月19日発売のスズキ アドレス110(型式 EBJ-CE47A)と
2014年9月10日発売のヤマハ トリシティ125(型式 EBJ-SE82J)
の違いを比較しました。

 

 

アドレス110(型式 EBJ-CE47A)とトリシティ125(型式 EBJ-SE82J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

 

 

タイプグレード名

アドレス110

トリシティ125

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBJ-CE47A

EBJ-SE82J

発売日

2015年3月19日

2014年9月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1845

1905

全幅 (mm)

665

735

全高 (mm)

1095

1215

ホイールベース (mm)

1260

1310

最低地上高(mm)

120

120

シート高 (mm)

755

780

車両重量 (kg)

97

152

最小回転半径(m)

1.9

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53

35.8

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51.2

38.8

原動機型式

AE54

E3P4E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

112

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

51

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

57.9

圧縮比(:1)

9.3

10.9

最高出力(kW)

6.7

8.1

最高出力(PS)

9.1

11

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

8.6

10

最大トルク(kgf・m)

0.88

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

5.2

6.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

275.6

236.2

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTZ7V

バッテリー容量

12V 21.6kC(6Ah)/10HR

12V-6.0Ah 10H

エンジン潤滑方式

-

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

0.7

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.75

1

2次減速比

3.615

9.533

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°45

20°00

トレール量 (mm)

97

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

80/90-14

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

40

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-14

110/90-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

46

64

タイヤ(後)速度記号

P

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

1.85

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

1.85

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

35W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

H4

ヘッドライト定格(Lo)

35W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

205,200円(消費税抜き本体価格 190,000円)
ブリリアントホワイト、
アイスシルバーメタリック、
タイタンブラック

356,400円(本体価格330,000円、消費税26,400円)
ブラックメタリックX、
ブルーイッシュホワイトカクテル1、
マットディープレッドメタリック3

国内年間計画販売台数

-

7,000台
トリシティの年間販売台数の推移は、こちら。

生産国

インドネシア

タイ

 

2015年モデルのアドレス110とトリシティの違いを比較

 

 

アドレス110とトリシティ125の違いを比較

 

 

 

このページのメニューに戻る

 

次に
2018年3月26日発売のスズキ アドレス110(型式 2BJ-CE47A)と
2018年1月20日発売のヤマハ トリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)
の違いを比較しました。

 

 

アドレス110(型式 2BJ-CE47A)とトリシティ125(型式 2BJ-SEC1J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

アドレス110

トリシティ125

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BJ-CE47A

2BJ-SEC1J

発売日

2018年3月26日

2018年1月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1845

1980

全幅 (mm)

665

750

全高 (mm)

1095

1210

ホイールベース (mm)

1260

1350

最低地上高(mm)

120

165

シート高 (mm)

755

765

車両重量 (kg)

99

159

最小回転半径(m)

1.9

2.5

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53

46.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

48.9

43.6

原動機型式

AE54

E3V7E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

112

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

51

52

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

58.7

圧縮比(:1)

9.3

11.2

最高出力(kW)

6.5

9

最高出力(PS)

8.8

12

最高出力回転数(rpm)

7750

7500

最大トルク(N・m)

8.6

12

最大トルク(kgf・m)

0.88

1.2

最大トルク回転数(rpm)

6250

7250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

5.2

7.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

275.6

332.6

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTZ7V

バッテリー容量

12V 21.6kC(6Ah)/10HR

12V-6.0Ah 10H

エンジン潤滑方式

-

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

0.7

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.75

1

2次減速比

3.615

10.208

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°45

20°00

トレール量 (mm)

97

67

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

80/90-14

90/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

40

43

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-14

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

46

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

1.85

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

1.85

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

LED

ヘッドライト定格(Lo)

35W

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

213,840円(消費税抜き本体価格 198,000円)
トリトンブルーメタリック、
タイタンブラック、
ブリリアントホワイト、
アイスシルバーメタリック

394,200円(本体価格365,000円、消費税29,200円)
ホワイトメタリック6
、マットグレーメタリック3

国内年間計画販売台数

-台

シリーズ合計1,500台(トリシティ125とトリシティ125ABSの合計)
トリシティの年間販売台数の推移は、こちら。

製造国

インドネシア

タイ

 

2018年モデルのアドレス110とトリシティの違いを比較
2018年モデルのアドレス110とトリシティの装備の違いを比較

 

アドレス110とトリシティ125の違いを比較

 

 

俺は、前二輪の安心感にばかり気がいっててトリシティにしたけど大きすぎて取り回ししにくいからアドレス110にしとけばによかったと少し後悔してる。

 

 

俺は、トリシティからアドレス110に乗り換えたけど、ブレーキはトリシティが原付二種で一番安全だと思った。アドレス110のブレーキは、頼りない。

 

 

走行安定性や安全性は、トリシティの方が優れてる。特に雨の日乗る人は、トリシティの方がおすすめ。

 

 

うちの近くの交番では、アドレス110とトリシティに乗ってるよ。

 

モトチャンプ2020年6月号

10mタイム(速度)

50mタイム(速度)

100mタイム(速度)

パワーウエイトレシオ

アドレス110

1秒980(29.37km/h)

5秒307(50.49km/h)

8秒482(61.26km/h)

11.25kg/ps

トリシティ125

3秒323(29.40km/h)

5秒727(51.85km/h)

8秒862(62.78km/h)

13.25kg/ps

 

 

都市部ならアドレス110。
田舎ならトリシティ。
都市部でトリシティを見ないのは、
受け入れてくれない駐輪場が多いからだよ。

 

 

トリシティ125は、日常使いにはでかすぎる。アドレス110ぐらいのサイズ感が使い勝手が良い。見た目もアドレス110の方がスタイリッシュで好き。

 

アドレス110とトリシティ125の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト