スペイシー125とアクシストリートの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スペイシー125とアクシストリートの違いを比較

 

ホンダ スペイシー125の歴史

1983年3月10日にスペイシー125ストライカーを発売。型式は、JF02
初代スペイシー125。
1985年8月7日にスペイシー125ストライカーをマイナーチェンジ。
このスペイシー125ストライカーは、新たにワイドレシオのトルクセンサー付Vマチック(無段変速)を採用し、さらにスムーズでシャープな走りが可能。前後ともクッションストロークを改良したサスペンションの採用。新たに大型指針式スピードメーターやグラブレール付大型リアキャリアを標準装備。
1987年2月5日にフルモデルチェンジ。型式は、JF03
2代目スペイシー125を発売。4サイクルならではの低燃費64.7km/L(50km/h定地走行テスト値)の水冷、単気筒・OHC・124cc・エンジンを搭載。スタイルは、流麗なエアロ・フォルム。足回りは、アンチダイブ機構付前輪サスペンションや幅広(3.50-10-4PR)のチューブレスタイヤを採用。ロングホイールベース(1,255mm)や低シート高(750mm)、大型シート(ツートン・カラー)、大容量インナボックス、リアキャリア、シート下の小物入れを装備など。
1992年1月30日にカラーチェンジ。
1993年1月にカラーチェンジ。
1994年2月23日にカラーチェンジ。
1995年8月22日にフルモデルチェンジ。型式は、JF04
3代目スペイシー125を発売。2代目のエンジンの水冷から空冷に変更。フロントディスクブレーキとメットインスペース(容量20L)を装備。新設計のフレームの採用で125ccスクーターで最も低いシー ト高(745mm)を実現し、フロアーの幅を絞り込んだフラットフロアーを採用し、足着き性を向上。
1996年12月3日にカラーを追加。
1998年1月にカラーチェンジ。
2000年11月17日にマイナーチェンジ。型式は、BC-JF04
エキゾースト・エアインジェクションシステムの採用などで排出ガス規制に適合。
シートのカラーをブラックに変更。

盗難抑止のための強化ハンドルロック機構、強化キーシリンダー、直結始動防止回路を採用。
2002年9月27日にマイナーチェンジ。
新たにコンビ・ブレーキを装備。
車体色に新たにフォースシルバーメタリックを追加。
2004年2月27日にカラー追加。
2005年5月23日に「スペイシー125(教習車仕様)」を教習所向けに発売。
2008年9月に日本向け車両の生産終了。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日に新発売。型式は、EBJ-SE53J
車体色は、3色(ホワイトメタリック1、ライトグレーメタリックH、ブラックメタリックX)。
2011年2月15日にカラーチェンジ。また「快適セレクション」を追加。
車体色は、新色2色(ブルー、ガンメタ)を追加、従来色2色(シルバー、ブラック)と合わせて4色の設定。快適セレクションは、ワイズギア製のオプションが装備された「アクセサリーパッケージ」仕様でリアボックス・サイドスタンド・ナックルガードを装備。
2012年7月13日にマイナーチェンジ。
マイナーチェンジでは、シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施した。車体色は、新色3色(シルバーブルー、ダークブラウン、ホワイト)と継続色2色(シルバー、ブラック)の5色の設定。
2012年9月に「快適セレクションGH」を発売。
「快適セレクションGH」は、「快適セレクション」のナックルガードをグリップヒーターに変更したもの。
2015年1月10日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(レッド、パープル)を追加、従来色3色(ダークブラウン、パールホワイト、ブラック)と合わせて5色の設定。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2004年2月27日発売のホンダ スペイシー125(BC-JF04)と
2009年8月25日発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スペイシー125

アクシストリート

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2004年2月27日

2009年8月25日

型式

BC-JF04

EBJ-SE53J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1790

1795

全幅 (mm)

685

675

全高 (mm)

1095

1070

軸間距離 (mm)

1215

1255

最低地上高 (mm)

120

105

シート高 (mm)

745

735

乾燥重量 (kg)

106

-

車両重量 (kg)

112

110

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

51.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.8

60

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

7.6

6

最高出力(PS)

10

8.1

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

10

8.9

最大トルク(kgf・m)

1

0.91

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料タンク容量 (L)

6.5

5.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX7A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.8

2.667

2次減速比

3.076

2.923

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

80

74

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

46

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/100-10

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

53

51

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/100-10

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

53

51

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
キャリア 有
センタースタンド 有

ヘルメット収納 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

329,000円

220,500円

 

スペイシー125とアクシストリートの違いを比較

 

スペイシー125とアクシストリートの比較の口コミ

 

 

かなり乗ったスペイシー125からアクシストリートに乗り換えた。加速や最高速は、似たようなものだけどで燃費が上がったから満足。

 

 

アクシストリートの方がメットインや足元のスペースの広さは、若干上。
ヘッドライトは、スペイシー125の方が明るい。

 

 

俺は、キックが付いてるアクシストリートにした。

 

 

 

スペイシー125とアクシストリートの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト