Dトラッカー125と250の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

Dトラッカー125と250の違いを比較

 

カワサキ Dトラッカー125の歴史

2009年12月1日に新登場。型式は、EBJ-LX125D
車体色は、2色(エボニー、オリエンタルブルー)の設定。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ブライトホワイト)の設定。
2010年10月20日にカラー追加。
ブライトホワイトのネーミングは変わらないがブラックとホワイトのボディカラーにブラックとピンクによるワンポイントのニューグラフィックを採用した。
2012年3月1日にマイナーチェンジ。
カラー&グラフィックの変更とシート幅を拡大して快適性を向上させ、リアフレームの材質を変更して大型のリアキャリアを装着可能とした。車体色は、2色(ファイアクラッカーレッド、ブライトホワイト)の設定。
2012年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の設定。
2013年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディバーントオレンジ×エボニー、メタリックムーンダストグレー×ブライトホワイト)の設定。
2015年2月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×エボニー、メタリックフラットロウグレイストーン×エボニー)の設定。
2016年に日本向け仕様は、ラインアップから外れた。

 

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新発売。型式は、LX250E
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合で排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更した。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
タンクシュラウド、リヤフェンダー、メーターバイザーのデザインを変更。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月にDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月にDトラッカーXが新発売。型式は、KLX250V8F
平成18年排出ガス規制の適合のため、Dトラッカーをモデルチェンジし、DトラッカーXが新発売。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤ。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。

2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。

 

 

ここでは、まず最初に
2009年12月1日発売のカワサキ Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と
2006年12月発売のカワサキ Dトラッカー(BA-LX250E)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

Dトラッカー125

Dトラッカー

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売日

2009年12月1日

2006年12月

型式

EBJ-LX125D

BA-LX250E

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1900

2065

全幅 (mm)

770

790

全高 (mm)

1060

1175

軸間距離 (mm)

1255

1435

最低地上高 (mm)

230

265

シート高 (mm)

805

865

車両重量 (kg)

113

119

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

54

72

行程(ピストンストローク)(mm)

54.4

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

7.5

21

最高出力(PS)

10.2

29

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

9.8

25

最大トルク(kgf・m)

1

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6000

7000

燃料タンク容量 (L)

7

7.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7HSA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.88

2.8

2次減速比

3.142

2.785

変速比

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

122

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25.3

25°30

トレール量 (mm)

91

74

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.5

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-14

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

58

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.15

3

ホイールリム幅(後)

2.5

4

メーカー小売価格

359,000円

518,700円

 

Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と Dトラッカー(BA-LX250E)の比較

 

Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と Dトラッカー(BA-LX250E)の比較の口コミ

 

 

 

 

 

次に
2009年12月1日発売のカワサキ Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と
2009年4月発売のカワサキ DトラッカーX(JBK-LX250V)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

Dトラッカー125

DトラッカーX

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

発売日

2009年12月1日

2009年4月

型式

EBJ-LX125D

JBK-LX250V

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1900

2130

全幅 (mm)

770

795

全高 (mm)

1060

1125

軸間距離 (mm)

1255

1420

最低地上高 (mm)

230

225

シート高 (mm)

805

860

車両重量 (kg)

113

138

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

54

72

行程(ピストンストローク)(mm)

54.4

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

7.5

18

最高出力(PS)

10.2

24

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

9.8

21

最大トルク(kgf・m)

1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

7000

燃料タンク容量 (L)

7

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7HSA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.88

2.8

2次減速比

3.142

2.785

変速比

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

122

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25.3°

25.5°

トレール量 (mm)

91

73

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.5

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-14

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

58

62

タイヤ(後)速度記号

P

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.15

3

ホイールリム幅(後)

2.5

4

メーカー小売価格

359,000円

548,000円

 

Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と DトラッカーX(JBK-LX250V)の比較

 

Dトラッカー125(EBJ-LX125D)と DトラッカーX(JBK-LX250V)の比較の口コミ

 

 

Dトラッカー125欲しいけど、カラーがDトラッカーXの方がカッコイイ。

 

 

Dトラッカー125買ったけど飽きるね。DトラッカーXにしとけばよかったかも。

 

 

DトラッカーXは、フロントブレーキが過剰気味でダイブが早くてサスが負けてる気がした。Dトラッカー125は、普通に良く効くからサスの沈み込みが緩やかでバランスが良くていい仕事してると錯覚する。DトラッカーXは、加速、減速共に数段軽いバイクに感じるヒラヒラ感が楽しい。Dトラッカー125の方が設地感が増すハンドリングになるから操ってる感が楽しい。

 

 

Dトラッカー125にプラス10万円でDトラッカーXが買えそうだから悩んでる。

 

 

セカンドならDトラッカー125でいいけど、メインだとパワー不足を感じるシーンが多いよ。俺ならDトラッカーXにする。

 

 

俺は、Dトラッカー125買って、最初は、失敗したかもって思ったけど、乗ってたら慣れた。

 

 

俺は、Dトラッカー125に乗ってたけど、引っ張っても90km/hで頭打ちでその後ジワジワ伸びる程度。高速道路も走れないし、ファミバイ特約は、人身傷害が付けなきゃ安いけど、付けると似たような値段になる。結局Dトラッカー250に乗り換えたけど、3速全開でも90km/hでる。あとDトラッカー125の時は煽られることが多かったけど、Dトラッカー250にしてそういうのがかなり減った。最初からDトラッカー250買っとけば良かった。

 

 

ほぼ街乗りならDトラッカー125。
ロンツー行くならDトラッカーX。

 

 

俺は、DトラッカーXの顔も良いけど、Dトラッカー125の方が丸みあって好き。

 

Dトラッカー125とDトラッカーの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト