NMAXとアヴェニス125の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

NMAXとアヴェニス125の違いを比較

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」の日本仕様が新登場。型式は、EBJ-SE86J
2015年1月に生産国のインドネシアの現地仕様として155cc版が発表されていたが、日本仕様は2016年3月18日に発売。新開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、高回転域への対応として可変バルブ機構の「VVA」を装備した4バルブの水冷仕様。排気量は、155cc版のエンジン(内径58mm)を52mmにボアダウンして対応。前後13インチ、前後ディスクブレーキ、ABSは標準装備。ヘッドライト、ストップ&テールランプにLED、容量約24リットルのシート下スペース、メーターは、液晶マルチファンクションディスプレイを採用。車両重量は、127kg。製造は、インドネシア。車体色は、「レッドメタリック7」、「ホワイトメタリック6」、「マットイエローイッシュグレーメタリック2」、「ブラックメタリックX」の全4色。
NMAXとNMAX155の違いの比較は、こちら。
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-SED6J
「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
NMAXの「型式EBJ-SE86J」と「型式2BJ-SED6J」の違いを比較
2018年2月10日にカラーリングを変更。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2019年6月28日にカラーリングを変更。
新色の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」をあわせた全3色。
2020年4月25日にカラーリングを変更。
新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック5」と従来色の「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2021年6月28日にフルモデルチェンジ。型式は、8BJ-SEG6J
外観のデザインは、全体的にシャープな印象に変更。新たにトラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジンを採用。静かなエンジン始動・再始動が可能な「Smart Motor Generator system」やアイドリングストップシステムを採用。新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンションを採用。シート下トランク容量は、24リットルから23リットルになった。着信通知や燃費管理が可能なスマホ用アプリを採用。車体色は、全4色(ホワイトメタリックB、パステルダークグレー、マットダークグレーメタリック8、マットダークパープリッシュブルーメタリック5)。
NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2022年9月30日にカラーチェンジ。

車体色は、新色3色(マットダークグレーメタリック8、ホワイトメタリック6、マットダークブルーイッシュグレーメタリック4)の設定。

 

 

スズキ アヴェニス125の歴史

1998年12月に「アヴェニス125」が新登場。型式は、CF43A
前後に12インチホイールを履き、このクラスとしては長いホイールベースを持つアヴェニス125。そのフォルムからは快適さを追求したエアロダイナミクスを感じられ、快適なサイズを持つシートと、その下にある収納スペースにもゆとりを持たせている。シート下トランク容量は、24L。エンジンは、パワフルな水冷4サイクルOHC4バルブ単気筒とベルトマチックの組み合わせは、街中を軽快に走るこができる。車両重量は、135kg。
2000年1月に「アヴェニス125」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールダークブリティッシュグリーン、フラッシュシルバーメタリック)。
2001年に生産終了。
2022年10月21日に「アヴェニス125」が新登場。型式は、8BJ-EA12J
新型「アヴェニス125」が発売された。平成32年(令和2年)排ガス規制をクリアした排気量124ccの空冷単気筒エンジンを搭載。前輪12インチ、後輪10インチ。ヘッドライトはLED式、液晶メーター、フロントインナーラックにUSBソケット、ハンドル下にフロントフック、足元に折りたたみ式でコンパクトに収納できるストッパー付のホルダーなどを装備。ブレーキは前後連動式のコンバインドブレーキ。ヒンジ式給油口はシート後方に設置し、シートを開けることなく給油が可能。車体色は、3色(白「パールミラージュホワイト×マットフィブロイングレーメタリック」、グレー「マットフィブロイングレーメタリック×ラッシュグリーンメタリック」、黒「グラススパークルブラック×マットブラックメタリック No.2」)。

 

 

ここでは、
2022年9月30日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)と
2022年10月21日発売のスズキ アヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)
の違いを比較しました。

 

 

NMAX(型式 8BJ-SEG6J)とアヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

NMAX ABS

アヴェニス125

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

8BJ-SEG6J

8BJ-EA12J

発売日

2022年9月30日

2022年10月21日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1935

1895

全幅 (mm)

740

710

全高 (mm)

1160

1175

ホイールベース (mm)

1340

1265

最低地上高(mm)

135

160

シート高 (mm)

765

780

車両重量 (kg)

131

107

最小回転半径(m)

2

2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48.7

55.9

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

46.9

54.3

原動機型式

E32TE

AF21

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

57.4

圧縮比(:1)

11.2

10.3

最高出力(kW)

9

6.4

最高出力(PS)

12

8.7

最高出力回転数(rpm)

8000

6750

最大トルク(N・m)

11

10

最大トルク(kgf・m)

1.2

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.1

5.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

345.7

-

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

-

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

-

バッテリー容量

12 V?6.0Ah?10HR

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

2.47

2次減速比

10.208

3.461

フレーム型式

バックボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

100

89

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

2

-

タイヤ(前)

110/70-13

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

44

タイヤ(前)速度記号

P

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

90/100-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

53

タイヤ(後)速度記号

P

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
アイドリングストップ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
USBポート 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

368,500円(本体価格335,000 円/消費税33,500円)
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)、
マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

284,900円(消費税抜き259,000円)
白「パールミラージュホワイト×マットフィブロイングレーメタリック」、
グレー「マットフィブロイングレーメタリック×ラッシュグリーンメタリック」、
黒「グラススパークルブラック×マットブラックメタリック No.2」

販売計画台数(国内・年間)

2,000台

3,000台

生産国

インドネシア

インド

 

NMAXとアヴェニス125の違いを比較

 

左がNMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)
右がアヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)
NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)とアヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)の違いを比較

 

NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)とアヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)の違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
NMAX   131kg | 9 kW/ 8000rpm | 11N・m/6000rpm
アヴェニス125 107kg | 6.4kW/ 6750rpm | 10N・m/5500rpm

 

 

●シート高
NMAX   765mm
アヴェニス125 780mm

 

 

●タンク容量
NMAX   7.1L
アヴェニス125 5.2L

 

●燃費WMTCモード値
NMAX    46.9km/L
アヴェニス125 54.3km/L

 

●航続距離
NMAX   7.1L × 46.9km/L =332.99km
アヴェニス125 5.2L × 54.3km/L =282.36km

 

 

メットインスペースの容量は、
NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)が23リットル。
アヴェニス125(型式 8BJ-EA12J)が21.5リットル。

 

 

2022年11月2日に大阪の同じ店で

 

ヤマハ NMAX 2022年モデル 国内仕様 ホワイト 新車
車体価格が36万円
乗り出し価格が38.58万円

 

スズキ アヴェニス125 2022年モデル 国内仕様 ホワイト/グレー 新車
車体価格が25.9万円
乗り出し価格が28.48万円

 

 

NMAXの給油口は、足元にあるけど、位置が低いから少し給油しにくい。
アヴェニス125の給油口がキャリアを付ける場所にある。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト