トリシティとクロスカブ110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる

原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

 

当サイトは、広告を利用しています。記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

トリシティ125とクロスカブ110の違いを比較

 

ヤマハ トリシティ125の歴史

2014年9月10日に「トリシティ125」が新登場。型式は、 EBJ-SE82J
ヤマハは、「ニュースタンダード シティコミューター」のコンセプトを基にLMWと呼ばれる二輪のように傾斜して曲がる三輪以上の車両の開発に着手し、その第一弾がトリシティで2014年4月にタイの現地法人のタイヤマハモーターで製造販売を開始。日本では、「トリシティ MW125」として2014年9月10日に発売。水冷4ストローク124cm3 CVTエンジンを搭載。液晶デジタルメーター、60/55W(H4)ヘッドライト、LEDポジションランプ、・90/80-14 前輪タイヤ、110/90-12 後輪タイヤ。シート下トランク容量は、20リットル。車両重量は、164kg。車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年4月20日に「トリシティ125 ABS」を追加。
ABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備した「トリシティ125 ABS」を発売。
車体色は、3色(ブラック、ホワイト、マットレッド)の設定。
2015年12月15日に「トリシティ125」と「トリシティ125 ABS」に新色を追加。
新色のマットブルーメタリック3(マットブルー)を追加。
2016年3月1日に快適セレクションを追加。
トリシティ125/トリシティ125 ABSにトップケースとナックルバイザー等を標準装着した快適セレクションをラインナップに追加。車体色は、4色(ブラック、ホワイト、マットブルー、マットレッド)の設定。
2018年1月20日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-SEC1J
主な特徴は、VVA(可変バルブ機構)搭載の「BLUE CORE」エンジンを採用。乗り心地や足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンションの採用。足付きを考慮したシート高765mmのメインシートを採用。LEDヘッドランプを採用。リヤホイール径を12インチからトリシティ155と同じ13インチにアップ。シート下トランク容量は、23.5リットルにアップ。車体色は、「トリシティ125」が2色(ホワイトとマットグレー)。「トリシティ125 ABS」が2色(ホワイトとシアン) 。
トリシティ125(EBJ-SE82J)とトリシティ125(2BJ-SEC1J)の詳しい違いはこちら
2019年3月20日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。
2021年4月8日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のライトリーフグリーンソリッド6(イエロー)と継続色2色(ホワイト、マットグレー)をあわせた3色の設定。

2023年2月28日にマイナーチェンジ。型式は、8BJ-SEK1J
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、型式を「8BJ-SEK1J」に変更。スマホの上表を表示できる新デザインメーター、照射範囲を拡大したLEDヘッドランプ、自然なハンドリングを生むLMWアッカーマン・ジオメトリ機構、新デザインのインナーパネル、足元の自由度を広げたフットボード、新フレームを採用しホイールベースを60mm延長、スマホとの連携機能、上質感のある乗り心地を生む新作リアサスペンション、操作しやすいタンデムフットレスト、新たにアイドリングストップ機構を採用。また、ABSモデルが廃止されて、前後連動式ブレーキ搭載モデルのみになった。車体色は、新色の3色(ダークグレーイッシュブルーソリッドB、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3)。
トリシティ125の「型式2BJ-SEC1J」と「型式8BJ-SEK1J」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ クロスカブの歴史

2013年6月14日に「クロスカブ」が新登場。型式は、EBJ-JA10
2012年で生産終了となった海外向け輸出仕様のCT110(ハンターカブ)の実質的後継。製造は、中国。クロスカブの車体色は、2色(パールコーンイエロー、ファイティングレッド)。
ハンターカブとクロスカブの違いの比較は、こちら
2014年12月12日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ボスグレーメタリック(新色)、パールコーンイエロー、ファイティングレッド)。
2018年2月23日にフルモデルチェンジして「クロスカブ110」を発売。型式は、2BJ-JA45
レッグシールドに換えてステアリングヘッドからボディへと続くフレームカバーを採用。LEDヘッドライトを囲むパイプ製のヘッドライトガードを採用。スリット入りのマフラーガード採用など。車体色は、3色(パールシャイニングイエロー、マグナレッド、カムフラージュグリーン)。生産拠点を熊本製作所に移管。
クロスカブ(型式EBJ-JA10)とクロスカブ110(型式2BJ-JA45)の詳しい違いは、こちら
2019年6月21日に「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加。
熊本県とのコラボレーションにより「くまモン」をイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2019年7月19日に「クロスカブ110」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(カムフラージュグリーン、クラシカルホワイト、パールシャイニングイエロー)。
2020年6月19日に「クロスカブ110」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」をマイナーチェンジ。
灯火器基準に関する法規対応を施したテールランプを採用。車体色は、「クロスカブ110」が3色(カムフラージュグリーン、パールシャイニングイエロー、クラシカルホワイト)。「クロスカブ110・くまモン バージョン」が1色(グラファイトブラック)。
2021年7月22日に「クロスカブ110」のスペシャルカラーを発売。
車体色は、「プコブルー」で2,000台限定で発売。

2022年4月14日に「クロスカブ110」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」をマイナーチェンジ。型式は、8BJ-JA60
平成32年(令和2年)排ガス規制に対応した新エンジンを搭載。前輪ディスクブレーキとなり、前輪のみに作動するABSを搭載。前後輪にキャストホイールとチューブレスタイヤを採用。メーター内に時計やギアポジションなどを表示する機能を追加。車体色は、「クロスカブ110」が3色(マットアーマードグリーンメタリック、パールディープマッドグレー、プコブルー)。「クロスカブ110・くまモン バージョン」が1色(グラファイトブラック)。
クロスカブ110の「型式 2BJ-JA45」と「型式 8BJ-JA60」の違いの比較は、こちら。
2023年12月14日に「クロスカブ110」をカラーチェンジ。
新色の「マットジーンズブルーメタリック」と従来色(マットアーマードグリーンメタリック、パールディープマッドグレー)をあわせた全3色。

 

 

 

 

 

ここでは、まず最初に
2014年9月10日発売のヤマハ トリシティ125(型式 EBJ-SE82J)と
2013年6月14日発売のホンダ クロスカブ(型式 EBJ-JA10)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ125(型式 EBJ-SE82J)とクロスカブ(型式 EBJ-JA10)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 トリシティ125 クロスカブ
モデルチェンジ区分 新登場 新登場
型式 EBJ-SE82J EBJ-JA10
発売日 2014年9月10日 2013年6月14日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1905 1945
全幅 (mm) 735 815
全高 (mm) 1215 1150
ホイールベース (mm) 1310 1225
最低地上高(mm) 120 155
シート高 (mm) 780 784
車両重量 (kg) 152 105
最小回転半径(m) - 2
乗車定員(名) 2 1
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 35.8 62.5
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 38.8 -
原動機型式 E3P4E JA10E
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 水冷 空冷
排気量 (cc) 124 109
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 2 2
内径(シリンダーボア)(mm) 52.4 50
行程(ピストンストローク)(mm) 57.9 55.6
圧縮比(:1) 10.9 9
最高出力(kW) 8.1 5.9
最高出力(PS) 11 8
最高出力回転数(rpm) 9000 7500
最大トルク(N・m) 10 8.5
最大トルク(kgf・m) 1 0.87
最大トルク回転数(rpm) 5500 5500
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料供給装置形式 - PGM-FI
燃料タンク容量 (L) 6.6 4.3
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CR7E CPR6EA-9S
点火プラグ必要本数・合計 1 1
搭載バッテリー・型式 YTZ7V YTX4L-BS
バッテリー容量 12V-6.0Ah 10H 12V-3Ah10HR
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L) 0.9 1
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.8 0.8
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-30
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 湿式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 リターン式・4段変速
1次減速比 1 4.058
2次減速比 9.533 2.642
変速比 - 1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916
動力伝達方式 - チェーン
スプロケット歯数・前 - 14
スプロケット歯数・後 - 37
チェーンサイズ - 420
標準チェーンリンク数 - 102
フレーム型式 アンダーボーン バックボーン
キャスター角 20°00 27°00
トレール量 (mm) 68 82
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク -
懸架方式(後) ユニットスイング式 スイングアーム式
タイヤ(前) 90/80-14 2.75-17
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 43 41
タイヤ(前)速度記号 P P
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブタイヤ
タイヤ(後) 110/90-12 2.75-17
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 64 41
タイヤ(後)速度記号 L P
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブタイヤ
ホイールリム幅(前) - 1.4
ホイールリム幅(後) - 1.6
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) - 1.75
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) - 2.25
ヘッドライト定格(Hi) 60W/55W 35W/35W
ヘッドライトタイプ(Hi) H4 HS1
テールライト定格(制動/尾灯) - 21W/5W
スピードメーター表示形式 デジタル アナログ
メーター表示 燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
燃料計 有
車両装備 シート下収納(シート下トランク) 有 キャリア 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 356,400円(本体価格330,000円、消費税26,400円)
ブラックメタリックX、
ブルーイッシュホワイトカクテル1、
マットディープレッドメタリック3
278,250円(消費税抜き本体価格 265,000円)
パールコーンイエロー、
ファイティングレッド
国内年間計画販売台数 7,000台
トリシティの年間販売計画台数の推移は、こちら。
3,000台
クロスカブ110の年間販売計画台数の推移は、こちら。
生産国 タイ 中国

 

トリシティ(型式 EBJ-SE82J)とクロスカブ(型式 EBJ-JA10)の違いを比較

 

トリシティ(型式 EBJ-SE82J)とクロスカブ(型式 EBJ-JA10)の外観の違いを比較

 

トリシティ(型式 EBJ-SE82J)とクロスカブ(型式 EBJ-JA10)の外観のサイドの違いを比較

 

トリシティとクロスカブの違いを比較

 

 

最高速は、
トリシティが95km/hぐらい。
クロスカブが90km/hぐらい。

 

 

タンデムするならトリシティ。車重があるから安定してるし、二人乗りでも85km/hは、出る。クロスカブは、そもそも一人乗り用だからそのままでは、タンデムできない。

 

 

トリシティのブレーキは、前後ディスクだし、プラス35000円(税抜)でABS付きも選択できる。ブレーキに関しては、かなり良い。クロスカブのブレーキは、前後ドラムでフロントブレーキは、全然効かない。リアブレーキは効くけど、すぐロックする。でもドラムは、安いしメンテナンスしやすい。

 

 

生産場所は、
トリシティがタイ。
クロスカブが中国。

 

 

実燃費は、
トリシティが平均35km/Lぐらい。
クロスカブが平均50km/Lぐらい。

 

 

積載に関しては、トリシティは、容量20Lのシート下トランク。コンビニフック。12V DCジャック内蔵のフロントトランクがある。フラットフロアにも荷物が置ける。クロスカブは、キャリアが標準装備なのとレッグシールドの左側に荷掛けフックがある。

 

 

このページのメニューに戻る

 

 

次に
2018年1月20日発売のヤマハ トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)と
2018年2月23日発売のホンダ クロスカブ110(型式 2BJ-JA45)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 トリシティ125 クロスカブ110
モデルチェンジ区分 フルモデルチェンジ フルモデルチェンジ
型式 2BJ-SEC1J 2BJ-JA45
発売日 2018年1月20日 2018年2月23日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1980 1935
全幅 (mm) 750 795
全高 (mm) 1210 1090
ホイールベース (mm) 1350 1230
最低地上高(mm) 165 157
シート高 (mm) 765 784
車両重量 (kg) 159 106
最小回転半径(m) 2.5 2
乗車定員(名) 2 2
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 46.2 61
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 43.6 66.7
原動機型式 E3V7E JA10E
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 水冷 空冷
排気量 (cc) 124 109
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4 2
内径(シリンダーボア)(mm) 52 50
行程(ピストンストローク)(mm) 58.7 55.6
圧縮比(:1) 11.2 9
最高出力(kW) 9 5.9
最高出力(PS) 12 8
最高出力回転数(rpm) 7500 7500
最大トルク(N・m) 12 8.5
最大トルク(kgf・m) 1.2 0.87
最大トルク回転数(rpm) 7250 5500
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料供給装置形式 - PGM-FI
燃料タンク容量 (L) 7.2 4.3
燃料タンク・リザーブ容量 (L) - 1.3
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 CPR8EA-9 CPR6EA-9S
点火プラグ必要本数・合計 1 1
搭載バッテリー・型式 YTZ7V GTZ4V
バッテリー容量 12V-6.0Ah 10H 12V-3Ah
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1 1
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 0.9 0.8
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 10W-30
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 湿式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 リターン式・4段変速
1次減速比 1 4.058
2次減速比 10.208 2.642
変速比 - 1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916
動力伝達方式 - チェーン
スプロケット歯数・前 - 14
スプロケット歯数・後 - 37
チェーンサイズ - 428
標準チェーンリンク数 - 102
フレーム型式 アンダーボーン バックボーン
キャスター角 20° 27°
トレール量 (mm) 67 78
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク -
懸架方式(後) ユニットスイング式 スイングアーム式
ショックアブソーバ本数(後) - 2
タイヤ(前) 90/80-14 80/90-17
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 43 44
タイヤ(前)速度記号 P P
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブタイヤ
タイヤ(後) 130/70-13 80/90-17
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 57 44
タイヤ(後)速度記号 P P
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブタイヤ
ホイールリム幅(前) - 1.6
ホイールリム幅(後) - 1.6
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2 1.75
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.25 2.25
ヘッドライトタイプ(Hi) LED LED
テールライトタイプ LED 21W/5W
スピードメーター表示形式 デジタル アナログ
メーター表示 燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
燃料計 有
車両装備 前後連動式ブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 394,200円(消費税抜き本体価格 365,000円/消費税 29,200円)
ホワイトメタリック6
、マットグレーメタリック3
334,800円(消費税抜き本体価格 310,000円/消費税 24,800円)
パールシャイニングイエロー、
マグナレッド、
カムフラージュグリーン
国内年間計画販売台数 シリーズ合計1,500台(トリシティ125とトリシティ125ABSの合計)
トリシティの年間販売台数の推移は、こちら。
シリーズ合計5,200台(クロスカブ50とクロスカブ110の合計)
クロスカブ110の年間販売計画台数の推移は、こちら。
生産国 タイ 日本

 

トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)の違いを比較

 

トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)の外観の比較のGIF動画

 

トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)の外観のサイドの比較のGIF動画

 

左は、トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)
右は、クロスカブ110(型式 2BJ-JA45)
トリシティ(型式 2BJ-SEC1J)とクロスカブ110(型式 2BJ-JA45)の装備の違いを比較

 

トリシティとクロスカブ110の違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
トリシティ 159kg | 9kW/7500rpm | 12N・m/7250rpm
クロスカブ110 106kg | 5.9kW/7500rpm | 8.5N・m/5500rpm

 

 

●シート高
トリシティ 765mm
クロスカブ110 784mm

 

 

●タンク容量
トリシティ 7.2L
クロスカブ110 4.3L

 

●燃費WMTCモード値
トリシティ 43.6km/L
クロスカブ110 66.7km/L

 

●航続距離
トリシティ 7.2L × 43.6km/L =313.92km
クロスカブ110 4.3L × 66.7km/L =286.81km

 

 

トリシティは、足元に荷物置ける。

 

 

日常使いでは、クロスカブ110の方がいいと思う。軽くて取り回しが良いから。トリシティは、原付二種にしては、重すぎる。

 

 

山へ行くならトリシティ。そうじゃないならクロスカブ。

 

 

俺は、トリシティをオススメする。3輪で安定してるから安全。

 

 

通勤とかですり抜けするならクロスカブ。三輪だと縁石にする。

 

 

駐輪場を使う予定なら前2輪のトリシティは、停めにくい場所があるからトリシティは、やめといた方がいい。

 

 

俺は、クロスカブにした。遅いけど、ぶん回して乗っても燃費50km/Lはでる。郊外をツーリングなら燃費60km/L以上でる。

 

 

クロスカブは、外装もほとんど無いから弄り放題で楽しいよ。

 

 

山道入っていったりダム巡りするならクロスカブ。
舗装路中心ならトリシティかな。

 

 

トリシティで山道走るとコーナーが上手くなった気になるよ。

 

 

クロスカブは、登坂力無さ過ぎるから山道は、ストレス溜まるよ。

 

 

トリシティは、クロスカブよりオフ強いね。

 

 

使い方にもよると思うけど、俺は、シート下のトランクがあったほうがいいからトリシティにした。

 

 

クロスカブは、良いバイクだが冬は、寒いよ。軽く倒した時にレッグシールドが割れない様に外してるし、デザイン優先になってる。トリシティ乗ってるけど、ミドルシールドとハンドルバイザーで快適。通勤でもツーリングでもバランスがとれてる良いバイク。

 

 

トリシティ125は、前後ディスクブレーキ。
クロスカブ110は、前後ドラムブレーキ。

 

 

このページの一番上へ戻る

 

次に
2023年2月28日発売のヤマハ トリシティ(型式 8BJ-SEK1J)と
2022年4月14日発売のホンダ クロスカブ110(型式 8BJ-JA60)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ125とクロスカブ110のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名 トリシティ125 クロスカブ110
モデルチェンジ区分 マイナーチェンジ マイナーチェンジ
型式 8BJ-SEK1J 8BJ-JA60
発売日 2023年2月28日 2022年4月14日
仕向け・仕様 国内向けモデル 国内向けモデル
全長 (mm) 1995 1935
全幅 (mm) 750 795
全高 (mm) 1215 1110
ホイールベース (mm) 1410 1230
最低地上高(mm) 165 163
シート高 (mm) 770 784
車両重量 (kg) 168 107
最小回転半径(m) - 2
乗車定員(名) 2 2
燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L) 45.5 67
燃料消費率 WMTCモード値(km/L) 44.9 67.9
原動機型式 E34AE JA59E
原動機種類 4ストローク 4ストローク
気筒数 1 1
シリンダ配列 単気筒 単気筒
冷却方式 水冷 空冷
排気量 (cc) 124 109
カム・バルブ駆動方式 OHC(SOHC) OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数 4 2
内径(シリンダーボア)(mm) 52 47
行程(ピストンストローク)(mm) 58.7 63.1
圧縮比(:1) 11.2 10
最高出力(kW) 9 5.9
最高出力(PS) 12 8
最高出力回転数(rpm) 8000 7500
最大トルク(N・m) 11 8.8
最大トルク(kgf・m) 1.1 0.9
最大トルク回転数(rpm) 6000 5500
燃料供給方式 フューエルインジェクション フューエルインジェクション
燃料供給装置形式 - PGM-FI
燃料タンク容量 (L) 7.2 4.1
燃料(種類) レギュラーガソリン レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値) 327.6 274.7
エンジン始動方式 セルフスターター式 セルフ・キック 併用式
点火装置 フルトランジスタ式 フルトランジスタ式
搭載バッテリー・型式 YTZ7V GTZ4V
バッテリー容量 6.0Ah 10HR 12V-3Ah 10HR
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式 ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1 1
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) - 0.8
エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L) - 0.85
推奨エンジンオイル(SAE粘度) - 10W-30
クラッチ形式 乾式・多板・遠心 湿式・多板・遠心
変速機形式 Vベルト式・無段変速 リターン式・4段変速
変速機・操作方式 - フットシフト
1次減速比 1 3.421
2次減速比 10.208 2.642
変速比 - 1速 3.141/2速 1.832/3速 1.332/4速 1.070
動力伝達方式 - チェーン
スプロケット歯数・前 - 14
スプロケット歯数・後 - 37
チェーンサイズ - 428
標準チェーンリンク数 - 102
フレーム型式 アンダーボーン バックボーン
キャスター角 20°00 27°00
トレール量 (mm) 68 78
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク 機械式リーディングトレーリング
ブレーキオイル適合規格 DOT 4 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ 正立フォーク 正立フォーク
懸架方式(後) ユニットスイング式 スイングアーム式
ショックアブソーバ本数(後) - 2
タイヤ(前) 90/80-14 80/90-17
タイヤ(前)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(前)荷重指数 43 44
タイヤ(前)速度記号 P P
タイヤ(前)タイプ チューブレス チューブレス
タイヤ(後) 130/70-13 80/90-17
タイヤ(後)構造名 バイアス バイアス
タイヤ(後)荷重指数 57 44
タイヤ(後)速度記号 P P
タイヤ(後)タイプ チューブレス チューブレス
ホイールリム幅(前) - 1.6
ホイールリム幅(後) - 1.6
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2 1.75
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.25 2.25
ヘッドライトタイプ(Hi) LED LED
テールライトタイプ LED 21W/5W
スピードメーター表示形式 デジタル アナログ
メーター表示 燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有
ギアポジション 有
燃料計 有
時計 有
車両装備 前後連動式ブレーキ 有
アイドリングストップ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
キャリア 有
センタースタンド 有
メーカー希望小売価格/カラーバリエーション 495,000円(税抜き本体価格 450,000円)
ダークグレーイッシュブルーソリッドB、
ホワイトメタリック6、
マットグレーメタリック3
363,000円(消費税抜き本体価格 330,000円/消費税 33,000円)
マットアーマードグリーンメタリック
、パールディープマッドグレー
、プコブルー
販売計画台数(国内・年間) 1,500台
トリシティの年間販売計画台数の推移は、こちら。
合計7,000台
クロスカブ110の年間販売計画台数の推移は、こちら。
生産国 タイ 日本

 

トリシティ125(型式 8BJ-SEK1J)とクロスカブ110(型式 8BJ-JA60)の違いを比較

 

 

 

左がヤマハ トリシティ(型式 8BJ-SEK1J)
右がホンダ クロスカブ110(型式 8BJ-JA60)
トリシティ125(型式 8BJ-SEK1J)とクロスカブ110(型式 8BJ-JA60)の違いを比較

 

 

 

トリシティ125とクロスカブ110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法

 

「バイクの一括査定」を利用すれば

複数の買取業者の買取価格を比較して

バイクを売ることができます。

バイクを高く売る一番確実な方法です。

 

 

その方法でバイクを売るには、

カチエックスという

一括査定サイトを使うのが一番オススメです。

 

 

 

 

カチエックスを使うメリットは、

・全国300社が参加!最大10社の買取額を比較!

・査定も無料。キャンセルも無料。

・しつこい電話も無くネットで完結。

・入力項目も30秒くらいで入力!

・バイクの写真で査定!

・査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから連絡。

・現地減額が禁止されてるのでその金額で売れます!

・専任スタッフに価格交渉してもらうことも可能!

 

無料査定の流れ

@入力して申し込み

Aその後バイクの写真を取って送る

B最大10社の業者が買い取りたい金額で入札し、ランキング形式で表示。査定開始から最短1営業日以内に専任スタッフから専用チャット上で連絡。

C現地減額も禁止されてるのでその金額で売りたければ契約。担当者に価格交渉してもらうことも可能。

D契約したらバイクを引き渡す日程調整と代金受け取り。

 

ちなみにカチエックスを運営してる会社は、バイク買取で79万人以上の利用実績があります。