KDX125SRとKLX125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

KDX125SRとKLX125の違いを比較

 

カワサキ KDX125SRの歴史

1990年3月にカワサキ KDX125SRの国内仕様が新発売。型式は、DX125A
1991年2月にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
1992年にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
1993年2月にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブルー24)。
1994年2月にカワサキ KDX125SRをマイナーチェンジ。
リアショックがリザーバータンク付きとなった。
1996年3月にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブルー41)。
1997年5月にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブルー41)。
1999年2月にカワサキ KDX125SRをカラーチェンジ。
車体色は、1色(ライムグリーン)。
KDX125SRの最終仕様。

 

 

カワサキ KLX125の歴史

2009年12月15日に新登場。型式は、EBJ-LX125C
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2012年3月1日にマイナーチェンジ。
シート幅を拡大し快適性を向上。リアフレームの材質を変更し大型のリアキャリアを装着可能とした。車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2012年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年10月1日にカラーチェンジ。
カラーの変更の他に価格変更とWMTCモードの燃料消費率も記載されるようになる。車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定は、同じで、リヤサイドカバーのカラーストライプを省略、タンクサイドカバーのグラフィックが「Kawasaki」のロゴから「KLX」の文字がメインとなる。
2015年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。

 

 

ここでは、
1999年2月発売のKDX125SR(DX125A)と
2009年12月15日発売のKLX125(EBJ-LX125C)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

KDX125SR

KLX125

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

1999年2月

2009年12月15日

型式

DX125A

EBJ-LX125C

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2115

1980

全幅 (mm)

855

770

全高 (mm)

1190

1090

軸間距離 (mm)

1395

1285

最低地上高 (mm)

260

255

シート高 (mm)

860

830

乾燥重量 (kg)

104

-

車両重量 (kg)

117

112

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

2スト・バルブ方式/4スト・カム駆動方式

ピストンリードバルブ

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

56

54

行程(ピストンストローク)(mm)

50.6

54.4

圧縮比(:1)

8

9.5

最高出力(kW)

-

7.5

最高出力(PS)

22

10.2

最高出力回転数(rpm)

9500

8000

最大トルク(N・m)

-

9.8

最大トルク(kgf・m)

1.9

1

最大トルク回転数(rpm)

8000

6000

燃料タンク容量 (L)

9

7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

キックスターター式

セルフスターター

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR9ES

CR7HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

FTX7L-BS

エンジンオイルタンク容量

1.2

1.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

0.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.272

2.88

2次減速比

3.466

3.357

変速比

1速 2.7270/2速 1.7330/3速 1.2770/4速 1.0000/5速 0.8800/6速 0.8070

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

52

47

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

132

124

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

98

96

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

53.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

70/100-21

70/100-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

44

42

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

4.10-18

90/100-16

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.4

ホイールリム幅(後)

1.85

1.85

メーカー小売価格

339,000円

339,000円

 

KLX125とKDX125SRの違いを比較

 

KLX125とKDX125SRの比較の口コミ

 

 

2011年8月時点の最小回転半径
KLX125 2.1m
KDX125SR 2.2m

 

 

KDX125SR → 2st
KLX125 → 4st

 

 

KLX125は、本当にパワーがない。KDX125SRに乗った時は、これが本当に125ccかって疑うぐらい加速に驚いた。でもKDX125SRの不満なところは、止まらない、粘らないフロント周りと耐久性の低いクランクベアリングやKIPS。テクニカルなコースだと立場が入れ替わる。KDX125SRがキャリパーを入れ替えて、足を少しだけ固めにしたらお手上げだけど。

 

 

KLX125ののブレーキは、フロントはしっかり握らなきゃ効きが弱いけど、リヤは少し踏むだけでロックするほど効く。ブレーキは、昔のKDX125SRよりは全然効きが良いから普段は不便を感じない。

 

 

KDX125SRは、凄く速かったけど1万km以内に腰上OHぐらいはしないと性能が落ちるし、調子が悪くなるよ。

 

 

KDX125SRは、タンク容量が9Lある。ちなみに俺のは、リザーブに入る直前で200kmぐらいで燃費が23km/Lぐらい。航続距離200kmは、行ける。KLX125は、タンク容量7Lだけど、KDX125SRより燃費いいから航続距離がプラス100kmあるのが羨ましい。

 

KLX125とKDX125SRの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト