グランドアクシスとリード110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

グランドアクシスとリード110の違いを比較

 

ヤマハ グランドアクシス100の歴史

1998年9月20日に新登場。型式は、SB01J
車体色は、3色(ブラック2、フェアリーシルバー、ベリーダークブルーメタリック7)の設定。
2001年4月27日にマイナーチェンジ。型式は、BD-SB06J
排ガス規制対応2001年モデル。エア・インダクション・システム及び酸化触媒を採用。車体色は、3色(ダークブルーイッシュグレーメタリック4(新色)、ブラックメタリック7(新色)、フェアリーシルバー)の設定。
2003年5月20日にマイナーチェンジ。
エアシュラウドの二重構造化、及び排ガス浄化装置の仕様変更により、騒音を低減し、騒音規制に適合。ニューデザインフロントグリルの採用。車体色は、3色(ホワイトメタリック1(新色)、フェアリーシルバー、ブラックメタリック7)の設定。
2005年7月22日にマイナーチェンジ。
ヘッドライトにマルチリフレクター式を採用。外観のクオリティを向上。車体色は、新色3色(シルバー3、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2006年4月10日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA(新色)、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2007年1月10日にカラーチェンジ。
ホイールカラーがブラックになったグランドアクシス100の最終モデル。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックA、ミッドナイトシルバー、ニューパールホワイト)の設定。
2008年9月に生産終了。
アクシスのモデル名は、2009年8月登場のアクシストリートに引き継がれた。

 

 

ホンダ リード110/EXの歴史

2008年1月25日にリードの4代目として新登場。2006年から中国で製造販売していたSCR110を日本国内の法規に適合させて発売。 型式は、EBJ-JF19
車体色は、5色(キャンディールーシッドレッド、ボスグレーメタリック、ブラック、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト )の設定。
2009年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブレイシングブルーメタリック、アドバンスドオレンジメタリック)と継続色3色(パールシルキーホワイト、ブラック、ボスグレーメタリック)の5色の設定。
2009年2月12日に特別・限定仕様のリード・スペシャルカラーを2000台限定で発売。
車体色は、オニキスブルーメタリックとし、フロントロアカバーから足元のアンダーカバーにかけてクリーンシルバーメタリックをあしらったツートーン。
2010年2月25日にマイナーチェンジし、車名をリード・EXに変更。
コンビブレーキシステムに新たに3ポットのフロントブレーキキャリパーを採用。サイドスタンドの戻し忘れを検知するインヒビタースイッチを内蔵した純正オプションのサイドスタンドを装着可能とした。車体色は、新色3色(コスミックシルバーメタリック、キャンディーバリュアブルレッド、パールコーンイエロー)と継続色2色(パールシルキーホワイト、ブラック)の5色の設定。また、前・後ホイールおよびリアキャリアのカラーリングをバーニアグレーメタリックに変更。
2013年7月4日にリード125(5代目 型式EBJ-JF45)が発売。5代目の発売後もリード・EXは、併売。
2015年にリード・EXの日本仕様の生産終了。

 

 

ここでは、
2007年1月10日発売のヤマハ グランドアクシス100(BD-SB06J)と
2008年1月25日発売のホンダ リード110(EBJ-JF19)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

グランドアクシス100

リード110

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2007年1月10日

2008年1月25日

型式

BD-SB06J

EBJ-JF19

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1850

1835

全幅 (mm)

680

665

全高 (mm)

1085

1125

軸間距離 (mm)

1275

1275

最低地上高 (mm)

110

105

シート高 (mm)

745

740

乾燥重量 (kg)

90

-

車両重量 (kg)

95

114

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

101

107

内径(シリンダーボア)(mm)

52

50

行程(ピストンストローク)(mm)

47.6

55

圧縮比(:1)

6

11

最高出力(kW)

7.4

6.6

最高出力(PS)

10

9

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

11

9.3

最大トルク(kgf・m)

1.1

0.95

最大トルク回転数(rpm)

6000

6250

燃料タンク容量 (L)

6.5

6.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

BPR7HS

CR7EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

YTX7L-BS

エンジンオイルタンク容量

1.2

0.8

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

3.133

2.5

2次減速比

3.333

3.769

フレーム型式

パイプバックボーン

アンダーボーン

キャスター角

27°30

26°30

トレール量 (mm)

97

74

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率(60km/h走行時)(km/L)

39

50

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

110/70-12

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-12

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

2.75

メーカー小売価格

187,950円

273,000円

 

グランドアクシスとリード110の違いを比較

 

グランドアクシスとリード110の比較の口コミ

 

 

最高速
グランドアクシス 80km/h
リード110 85km/h

 

 

●車両重量と馬力
グランドアクシス100 95kg 10ps
リード110    114kg 9ps

 

 

2009年6月に見積もりしてもらったら
グランドアクシスが18万円
リード110が26万円

 

 

グランドアクシスは、2ストロークエンジン。
リード110は、4ストロークエンジン。
やっぱり燃費が良い4ストロークエンジンの方がいいわ。

 

 

リードは、メットインがシート下収納がクラス最大で35Lもある。グラブバーと一体型のリアキャリアは金属製で重い荷物を積める。グランドアクシスは、メットイン容量が20Lしかないから、ヘルメット入れたらいっぱい。リアキャリアもしょぼい。グランドアクシスは安いけど、それなりって感じ。。

 

グランドアクシスとリード110の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト