バーグマン200とマジェスティ125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

バーグマン200とマジェスティ125の違いを比較

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日に新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ブリリアントホワイト、クールシルバー、マットフィブロイングレーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2015年7月31日にカラーの追加。
フロントカバーを車体色と同色とし、シート表皮を全面革シボにした「マットムーンシルバーメタリック」を追加。
2016年4月27日にカラーチェンジ。
フロントカバーを車体色と同色に。インナーカバー色を黒に変更。ホイール色を黒に変更。車体色は、3色(ブリリアントホワイト、マットブラックメタリックNo.2、マットフィブロイングレーメタリック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。車体色は、3色(マットチタニウムシルバーメタリック、マットフィブロイングレーメタリック、ブリリアントホワイト)の設定。
2018年4月26日にカラーチェンジ。
新色2色(マットプラチナムシルバーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)と従来色のブリリアントホワイトの全3色の設定。
2019年4月11日にカラーチェンジ。
新色1色(マットフィブロイングレーメタリック)と従来色2色の(マットブラックメタリックNo.2、ブリリアントホワイト)の全3色の設定。

 

 

ヤマハ マジェスティ125の歴史

1998年に「マジェスティ125」を欧州市場にて発売。
2002年9月に「マジェスティ125 FI」を台湾で発売。
2007年1月にマイナーチェンジして発売。
2008年7月に台湾車はラインアップから外れた。

 

 

ここでは、
2014年2月28日発売のスズキ バーグマン200と
2007年1月発売のヤマハ マジェスティ125
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

バーグマン200

マジェスティ125

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

発売日

2014年2月28日

2007年1月

型式

JBK-CH41A

-

仕向け・仕様

国内向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2055

2065

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1355

1240

軸間距離 (mm)

1465

1500

最低地上高 (mm)

130

-

シート高 (mm)

735

710

車両重量 (kg)

161

136.5

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

199

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

69

53.7

行程(ピストンストローク)(mm)

53.4

54.8

圧縮比(:1)

11

-

最高出力(kW)

14

-

最高出力(PS)

19

-

最高出力回転数(rpm)

8000

-

最大トルク(N・m)

17

-

最大トルク(kgf・m)

1.7

-

最大トルク回転数(rpm)

6000

-

燃料タンク容量 (L)

10

8

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

-

点火装置

フルトランジスタ式

-

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

YTX7A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

2.75

-

2次減速比

2.923

-

フレーム型式

アンダーボーン

-

キャスター角

27°00

-

トレール量 (mm)

93

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

-

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

30.1

-

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

110/90-13

120/70-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

51

タイヤ(前)速度記号

P

J

タイヤ(後)

130/70-12

130/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

59

タイヤ(後)速度記号

L

J

 

バーグマン200とマジェスティ125の違いを比較

 

バーグマン200とマジェスティ125の違いを比較

 

 

前、コマジェに乗ってたけど、今はバーグマン乗ってる。跨がった感じはあまり違いを感じない。

 

 

スタイルは、バーグマン200は、ボンキュッボンでケツがデカイ。コマジェは寸胴スタイルでバランスがいい。

 

 

コマジェFI→大型→バーグマン200と乗り換えてきたけど、バーグマンは、コマジェと比べて重さや大きさは全く気にならない。フロントカウルが幅広でスクリーンが大きいから、ゆったりできていいね。加速もバーグマンの方が良いし、メットインが広いからコマジェの時に付けてたリアボックスも必要無くなった。

 

 

ハンドル幅(ミラー間隔)は、コマジェとバーグマン200は、殆ど変わらない。スリ抜けは、どっちも変わらない。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト