スーパーカブ50の平成28年排出ガス規制に適合前後の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スーパーカブ50の平成28年排出ガス規制に適合前後の「JBH-AA04」と「2BH-AA09」の違いを比較

 

ホンダ スーパーカブ50の歴史

2012年5月25日に「スーパーカブ50」をフルモデルチェンジして発売。型式は、JBH-AA04
生産は、中国。
2012年9月14日に「スーパーカブ50プロ」を発売。
スーパーカブ50のビジネス仕様。新聞配達や宅配用途で求められる取り回しの良い車体サイズや優れた積載性を実現。14インチホイールを前後輪に採用し、サスペンションもフロントインナーチューブとリアスプリングを大径化。フレームマウントの大型フロントバスケットと大型リアキャリアを標準装備。
2017年11月10日に「スーパーカブ50」と「スーパーカブ50プロ」をフルモデルチェンジ。型式は、2BH-AA09
2段式キャタライザーを採用した新型のエキゾーストマフラーの採用などで平成28年排出ガス規制に適合。低フリクション技術の導入、オイル周りの見直しなどにより耐久性も向上。ボディ両サイドには取り外し可能なサイドカバーを新設。右側はECUなどの電装部品へのアクセスを容易にし、左サイドカバー内は小物の収納スペースとした。デザインは、伝統的なスーパーカブらしい丸目ヘッドライトに戻り、LED化された。また、生産場所が日本国内の熊本製作所に戻った。
2018年11月22日に「スーパーカブ50 60周年アニバーサリー」を発売。
受注期間限定で特別なカラーリングのマグナレッドのアニバーサリーモデル。ツートーン仕様のシート、ブラック塗装のリアキャリア、60周年記念エンブレムがサイドカバーとキーを採用。
2019年3月15日に「スーパーカブ50・ストリート」を受注期間限定で発売。
スペシャルカラーバージョンで車体色は、「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色。レッグシールドが車体色と同じで、サイドカバーやリアキャリア、前後ホイールのハブ、スイングアームなどをブラックに変更。シートの後部とメインキーには、歴代スーカーカブのロゴやイラストが描かれた。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2012年5月25日発売のホンダ スーパーカブ50(JBH-AA04)と
2017年11月10日発売のホンダ スーパーカブ50(2BH-AA09)
の違いを比較しました。

 

 

スーパーカブ50の平成28年排出ガス規制に適合前後のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スーパーカブ50

スーパーカブ50

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

JBH-AA04

2BH-AA09

発売日

2012年5月25日

2017年11月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1915

1860

全幅 (mm)

700

695

全高 (mm)

1050

1040

ホイールベース (mm)

1215

1210

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

735

735

車両重量 (kg)

95

96

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

110

105

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

69.4

原動機型式

AA04E

AA04E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

37.8

37.8

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

10

10

最高出力(kW)

2.7

2.7

最高出力(PS)

3.7

3.7

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

3.8

3.8

最大トルク(kgf・m)

0.39

0.39

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.3

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR6EA-9S

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX4L-BS

GTZ4V

バッテリー容量

12V-3Ah10HR

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

4.058

4.058

2次減速比

3.538

3.538

変速比

1速 3.180/2速 1.705/3速 1.190/4速 0.916

1速 3.180/2速 1.705/3速 1.190/4速 0.916

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

13

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

106

106

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

71

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

60/100-17

60/100-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

33

33

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

60/100-17

60/100-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

33

33

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.2

1.2

ホイールリム幅(後)

1.2

1.2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

LED

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
キャリア 有

燃料計 有
キャリア 有

車両装備

センタースタンド 有

センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

187,950円

232,200円

 

スーパーカブ50の「JBH-AA04」と「2BH-AA09」の違いを比較
スーパーカブ50の平成28年排出ガス規制に適合前後の「JBH-AA04」と「2BH-AA09」の違いを比較。外観の違いのgif動画
スーパーカブ50の平成28年排出ガス規制に適合前後の「JBH-AA04」と「2BH-AA09」の違いを比較。外観のサイドの違いのgif動画

 

スーパーカブ50の「JBH-AA04」と「2BH-AA09」の違いを比較

 

 

このモデルチェンジでの変更点
  • 2段キャタライザー式エキゾーストマフラーの採用などで平成28年排出ガス規制に対応。
  • レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成された外観デザインに一新。
  • ボディー両サイドに取り外し可能なサイドカバーを採用。右サイドカバー内側のボディーにECUなどの電装系部品を配置しメンテナンスのしやすさに配慮。左サイドカバー内側はメンテナンスノートなどを収めるスペースとし使い勝手を高めた。
  • 省エネルギーで長寿命なLEDを丸形のヘッドライトに組み込みコンパクトなハンドルまわりを実現。伝統的なスーパーカブのフロントデザインを実現。
  • 丸みのある縦長タイプのテールランプを採用。
  • メーターパネルは文字盤の見やすさを考慮したデザインとし、LEDインジケーターランプを採用。
  • 新たに交換式オイルフィルターを追加。
  • ドレンボルト部にスクリーンフィルターを配置。
  • オイルレベルゲージは挿入ガイド部を設けた形状に変更。
  • シフトドラムの回転軸をニードルベアリングで支持し、より滑らかで軽く、節度のある変速フィーリングを実現。
  • シートのウレタン素材と底板形状を最適化し、優れた座り心地と足つき性の良さを実現。
  • 生産場所が中国から日本国内の熊本製作所に移管。

 

 

2017年11月10日のモデルチェンジでスペック表で変更があった部分

 

●型式
JBH-AA04 → 2BH-AA09

 

●発売日
2012年5月25日 → 2017年11月10日

 

●全長 (mm)
1915 → 1860

 

●全幅 (mm)
700 → 695

 

●全高 (mm)
1050 → 1040

 

●ホイールベース (mm)
1215 → 1210

 

●車両重量 (kg)
95 → 96

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
110 → 105

 

●搭載バッテリー・型式
YTX4L-BS → GTZ4V

 

●トレール量 (mm)
71 → 72

 

●ヘッドライト定格(Hi)
35W/35W → LED

 

●メーカー希望小売価格
187,950円 → 232,200円

 

 

車体色、メーカー希望小売価格、生産拠点の比較

●発売日
2012年5月25日

 

●型式
JBH-AA04

 

●車体色
 スマートブルーメタリック
 バージンベージュ
 パールバリュアブルブルー
 パールハーベストグリーン
 パールプロキオンブラック

 

●メーカー希望小売価格
 187,950円(消費税抜き本体価格 179,000円)

 

●生産拠点
 中国の新大洲本田摩托有限公司

 

●発売日
2017年11月10

 

●型式
2BH-AA09

 

●車体色
 パールシャイニングイエロー
 バージンベージュ
 ムーンストーンシルバーメタリック-U
 タスマニアグリーンメタリック
 アーベインデニムブルーメタリック

 

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
 232,200円(消費税抜き本体価格 215,000円)

 

●生産拠点
中国から日本の熊本製作所に移管

 

 

俺がカブに求めてるのはレトロ感だから新型の丸目の方がいいな。

 

 

組み立ては、国産になったけど、部品は中華だとそんなに変わらない気がする。まあ中華組み立てよりいいけど。

 

 

燃費は、110km/Lから105km/Lに下がってるね。新型が出る度に燃費悪くなってる。

 

 

AA04からAA09に乗り換えて60kmぐらい走った。AA04よりハンドル位置が低くなって直進性が高くなった気がする。AA04よりギアが入りやすいし、キックダウンも少ない。トルクもあるように感じる。走りが軽い感じ。AA04より音が小さい気がした。

 

 

AA04の時の燃費が60km/Lぐらいだったけど、新型は66km/Lだった。カタログ値では、新型の方が燃費悪かったのに。でもまだ2回目の満タン給油だけど。

 

 

新型のオイル交換したけど、ドレンボルトが前のと全然違った。デカくてバネが付いてた。茶こしみたいなのが入ってて、ドレンワッシャーがついてなかった。せっかくカブ用のマグネット付きのドレンボルト買ったのに無駄になった。

 

 

茶こししみたいなのはスクリーンフィルター。これまでは、クランクケース内部に付いてた。

 

 

AA09は、サイドカバーがあるから書類入れらるね。

 

 

俺は、AA04乗ってるけど、書類はジップロックに入れて、バッテリーのとこに入れてる。

 

スーパーカブ50の中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト