ライブディオとスマートディオの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ライブディオとスマートディオの違いを比較

 

ホンダ ライブディオ(ディオシリーズ3代目)の歴史

1994年1月21日に「ライブディオ」が新登場。型式は、A-AF34
ディオシリーズの3代目。空冷2スト単気筒エンジンを搭載するスポーティなスクーター。ベースグレードのライブディオ、前輪がディスクブレーキのライブディオSR、リアスポイラーも備えたライブディオZXがラインナップ。
1994年12月10日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年1月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、5色(ムーンストーンシルバーメタリックU、キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年12月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ピュアブラック、パールクラレットマルーン、ムーンストーンシルバーメタリック、タスマニアグリーンメタリック)。
1996年12月23日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、A-AF35
フロントブレーキがドラム式から油圧式ディスクブレーキに変更。さらに新開発のコンビブレーキも装備。コンビブレーキは、左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)の操作時に、制動力を前輪にも配分するライダーエイド機構。燃料タンクが6リットルになった。車体色は、4色(ブーンシルバーメタリック、キャンディメープルレッド、ピュアブラック、タスマニアグリーンメタリック)。
ライブディオの「A-AF34」と「A-AF35」の違いの比較は、こちら。
1997年1月1日に「ライブディオSP」をタイプ追加。
ライブディオのスペシャルカラーモデル。
1998年1月20日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ポーセリンシルバーメタリック、アビスブルーメタリック、ココアパウダーメタリック、ピュアブラック)。
1998年11月4日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。

車体色は、3色(キャンディグローリーレッド、ピュアブラック、ポーセリンシルバーメタリック)。
1999年9月14日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、BB-AF35
平成10年排出ガス規制の適合のため、キャブレターセッティングを変更し、マフラーの内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用。リアキャリアを大型化。車体色は、3色(ポーセリンシルバーメタリック、キャンディグローリーレッド、べガブラックメタリック)。
ライブディオの「A-AF35」と「BB-AF35」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ スマートディオ(ディオシリーズ4代目)の歴史

2001年3月10日に「スマートディオ」が新登場。型式は、BA-AF56
ディオシリーズの4代目。49ccの水冷4スト単気筒OHCエンジンをアルミ製のダイキャストフレームに搭載。前後連動のコンビブレーキを採用。車体色は、4色(クリアシルバーメタリック、べガブラックメタリック、クリッパーイエロー、ハーブグリーンメタリック)。
2001年3月24日に「スマートディオ デラックス」が新登場。型式は、BA-AF57
デラックスは、標準仕様のスマートディオをベースにアイドリングストップを機構し、フロントディスクブレーキを採用したモデル。車体色は、4色(クリアシルバーメタリック、べガブラックメタリック、クリッパーイエロー、ハーブグリーンメタリック)。
スマートディオとスマートディオデラックスの違いの比較は、こちら。
2003年1月22日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(トラッドブルーメタリック、フォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリック、シャスタホワイト)。
2004年1月20日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
カラーの変更と立体エンブレムを採用した。
2007年1月22日に「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「スマート・Dio」は4色(パールシーシェルホワイト、キャンディールビジウムレッド、フォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリック)。「スマートディオ デラックス」は、ヘビーグレーメタリックの1色。これが最終仕様。

 

 

ここでは、
1999年9月14日発売のホンダ ライブディオ(BB-AF35)と
2001年3月10日発売のホンダ スマートディオ(BA-AF56)
の違いを比較しました。

 

 

ライブディオとスマートディオのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ライブディオ

スマートディオ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BB-AF35

BA-AF56

発売日

1999年9月14日

2001年3月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1710

全幅 (mm)

625

620

全高 (mm)

995

1010

ホイールベース (mm)

1145

1190

最低地上高(mm)

105

115

シート高 (mm)

700

710

乾燥重量 (kg)

69

71

車両重量 (kg)

75

76

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

49

75

原動機型式

AF34E

AF55E

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

-

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

40

38

行程(ピストンストローク)(mm)

39.3

44

圧縮比(:1)

7.1

12

最高出力(kW)

-

3.7

最高出力(PS)

5.6

5

最高出力回転数(rpm)

6500

8000

最大トルク(N・m)

-

4.6

最大トルク(kgf・m)

0.64

0.47

最大トルク回転数(rpm)

6000

7000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

APBC

NVK00A

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

6

5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

294

375

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR4HSA

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

YTZ7S

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

ウェットサンプ式

エンジンオイルタンク容量

1.3

0.7

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°40

26°30

トレール量 (mm)

72

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.00-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

42

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

タイヤ(後)

3.00-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

42

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

ホイールリム幅(前)

-

2.15

ホイールリム幅(後)

-

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2

ヘッドライト定格(Hi)

-

40W/40W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

157,000円
ポーセリンシルバーメタリック
、キャンディグローリーレッド
、べガブラックメタリック

159,000円
クリアシルバーメタリック、
べガブラックメタリック、
クリッパーイエロー、
ハーブグリーンメタリック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 120,000台

シリーズ合計 100,000台

 

ライブディオとスマートディオの違いを比較

 

ライブディオとスマートディオのスペックの違いを比較

 

 

ディオシリーズ3代目の「ライブディオ」は、1994年1月21日に発売された。新設計の空冷2スト単気筒49ccエンジンを搭載。シリンダーは水平に配置し、燃料タンク容量は従来より大きくなり、5.3Lとなった。ライブディオの発売と共にフロントディスクブレーキを装備した「ライブディオZX」と「ライブディオSR」も発売された。「ライブディオ」は、3モデルでスタートしたが、発売当初の3〜4年は、安価タイプとして2代目の「スーパーディオ」も併売された。

 

「ライブディオ」は、1996年12月23日に初めてマイナーチェンジされ、前輪にディスクブレーキを装備し、前後連動式のコンビブレーキも搭載された。

 

その後、1999年9月14日にもマイナーチェンジされ、マフラーに酸化触媒を採用するなどして、平成10年排出ガス規制に適合した。この時に、前輪ドラムブレーキで、コンビブレーキ非搭載の「ライブディオJ」がタイプ追加された。

 

2001年3月22日のマイナーチェンジでは、標準モデルの「ライブディオ」がラインナップから消え、「ライブディオZX」と「ライブディオS」の2モデルのみ発売された。「ライブディオS」は、「ライブディオJ」が改名したモデル。結局「ライブディオZX」と「ライブディオS」は、2002年モデルまで販売され、3代目のライブディオシリーズは、終了となった。

 

ディオシリーズ4代目の「スマートディオ」は、2001年3月10日に発売された。環境性能が高い水冷4ストロークエンジンを搭載し、これまでの2ストローク搭載のディオより燃費性能が約60%向上した。

 

2001年3月24日には、アイドリングストップ機構を備え、前輪にディスクブレーキを採用した「スマートディオ デラックス」がタイプ追加された。

 

「スマートディオ」と「スマートディオ デラックス」は、2007年モデルまでカラーチェンジを繰り返し、平成18年排出ガス規制に適合せずに、ラインナップから消えた。

 

 

 

スマートディオの主な特徴

 

  • 開発キーワードは、「クリーン」「エコノミー」「サイレント」「タフ」。高い環境性能だけでなく、軽快な走りと低燃費を実現したスクーター。
  •  

  • 環境性能を高めた軽量、高性能な水冷・4ストロークエンジンを搭載。クレアスクーピーに搭載し、低燃費や静粛性などで高い評価を得ているモジュール・エンジンをベースに開発し、よりシャープな走りを実現。燃費(30km/h定地走行テスト値)は75.0km/Lでこれまでの2ストロークエンジン搭載のDioに比べて、約60%向上。
  •  

  • フレームは、原材料にリサイクル性の高いアルミ材を使用。また、前後2分割のモジュール構造とし、高剛性のアルミダイキャストフレームを採用することで、部品点数の削減と、生産工程の高効率化を実現。
  •  

  • ヘッドライトは、配光特性に優れたマルチリフレクターと大光量40Wヘッドライトを採用し、ウインカーとともにシャープなデザインに。リアビューは、大型のブレーキランプとウインカーをアウターレンズで覆い、個性的なデザインに。
  •  

  • 盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダー1ヶ所に集約。メインのキーシリンダーにはキーシャッターを設定するとともに、オプション設定のイモビアラームを装着するための、イモビアラームプレワイヤリングを標準で装備。
  •  

  • 無理なロックの解除を防止する強化キーシリンダーと、直結防止回路を装備。
  •  

  • キー付きガソリンタンクキャップを装備。

 

 

ライブディオとスマートディオのスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
ライブディオ → スマートディオ

 

●モデルチェンジ区分
マイナーチェンジ → 新登場

 

●型式
BB-AF35 → BA-AF56

 

●発売日
1999年9月14日 → 2001年3月10日

 

●全長 (mm)
1675 → 1710

 

●全幅 (mm)
625 → 620

 

●全高 (mm)
995 → 1010

 

●ホイールベース (mm)
1145 → 1190

 

●最低地上高(mm)
105 → 115

 

●シート高 (mm)
700 → 710

 

●乾燥重量 (kg)
69 → 71

 

●車両重量 (kg)
75 → 76

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
49 → 75

 

●原動機型式
AF34E → AF55E

 

●原動機種類
2ストローク → 4ストローク

 

●冷却方式
空冷 → 水冷

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
40 → 38

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
39.3 → 44

 

●圧縮比(:1)
7.1 → 12

 

●最高出力(PS)
5.6 → 5

 

●最高出力回転数(rpm)
6500 → 8000

 

●最大トルク(kgf・m)
0.64 → 0.47

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 7000

 

●燃料供給装置形式
APBC → NVK00A

 

●燃料タンク・リザーブ容量 (L)
6 → 5

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
294 → 375

 

●点火プラグ標準搭載・型式
BR4HSA → CR8EH-9

 

●エンジン潤滑方式
分離給油(2スト) → ウェットサンプ式

 

●エンジンオイルタンク容量
1.3 → 0.7

 

●キャスター角
25°40 → 26°30

 

●ブレーキ形式(前)
油圧式ディスク → 機械式リーディングトレーリング

 

●タイヤ(前)
3.00-10 → 90/90-10

 

●タイヤ(前)荷重指数
42 → 50

 

●タイヤ(後)
3.00-10 → 90/90-10

 

●タイヤ(後)荷重指数
42 → 50

 

●メーカー希望小売価格
157,000円 → 159,000円

 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 120,000台 → シリーズ合計 100,000台

 

 

ライブディオ乗りだけど、友達のスマートディオを少し借りて乗ったけど、普段から飛ばして乗ってる人には、我慢できないかもって思った。特に出足の加速は、比べものにならない。でも振動が少ないし、乗り味がまったりだから長距離巡航はしやすいと思った。静かさと燃費は、スマートディオの方がいい。

 

ライブディオとスマートディオの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト