NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」の日本仕様が新登場。型式は、EBJ-SE86J
2015年1月に生産国のインドネシアの現地仕様として155cc版が発表されていたが、日本仕様は2016年3月18日に発売。新開発の「BLUE CORE」エンジンを搭載し、高回転域への対応として可変バルブ機構の「VVA」を装備した4バルブの水冷仕様。排気量は、155cc版のエンジン(内径58mm)を52mmにボアダウンして対応。前後13インチ、前後ディスクブレーキ、ABSは標準装備。ヘッドライト、ストップ&テールランプにLED、容量約24リットルのシート下スペース、メーターは、液晶マルチファンクションディスプレイを採用。製造は、インドネシア。車体色は、「レッドメタリック7」、「ホワイトメタリック6」、「マットイエローイッシュグレーメタリック2」、「ブラックメタリックX」の全4色。
NMAXとNMAX155の違いの比較は、こちら。
2017年8月21日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-SED6J
「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
NMAXの「EBJ-SE86J」と「2BJ-SED6J」の違いを比較
2018年2月10日にカラーリングを変更。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2019年6月28日にカラーリングを変更。
新色の「ホワイトメタリック6」と「マットグレーメタリック3」と従来色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」をあわせた全3色。
2020年4月25日にカラーリングを変更。
新色の「マットダークパープリッシュブルーメタリック5」と従来色の「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」をあわせた全3色。
2021年6月28日にフルモデルチェンジ。型式は、8BJ-SEG6J
外観のデザインは、全体的にシャープな印象に変更。新たにトラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジンを採用。静かなエンジン始動・再始動が可能な「Smart Motor Generator system」やアイドリングストップシステムを採用。新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンションを採用。着信通知や燃費管理が可能なスマホ用アプリを採用。車体色は、全4色(ホワイトメタリックB、パステルダークグレー、マットダークグレーメタリック8、マットダークパープリッシュブルーメタリック5)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2020年4月25日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 2BJ-SED6J)と
2021年6月28日発売のヤマハ NMAX ABS(型式 8BJ-SEG6J)
の違いを比較しました。

 

 

NMAX(型式 2BJ-SED6J)とNMAX(型式 8BJ-SEG6J)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

NMAX ABS

NMAX ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

2BJ-SED6J

8BJ-SEG6J

発売日

2020年4月25日

2021年6月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1955

1935

全幅 (mm)

740

740

全高 (mm)

1115

1160

ホイールベース (mm)

1350

1340

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

765

765

車両重量 (kg)

127

131

最小回転半径(m)

2

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50.5

48.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

43.6

46.9

原動機型式

E31AE

E32TE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

58.7

圧縮比(:1)

11.2

11.2

最高出力(kW)

9

9

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

7500

8000

最大トルク(N・m)

12

11

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

7250

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6.6

7.1

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

333.3

345.7

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

-

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

YTZ7V

バッテリー容量

12 V 6.0Ah 10HR

12 V 6.0Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

10.208

10.208

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°00

26°30

トレール量 (mm)

92

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

リアサスペンションストローク(mm)

86

-

タイヤ(前)

110/70-13

110/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
アイドリングストップ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

357,500円(本体価格325,000円/消費税32,500円)
マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)、
マットグレーメタリック3(マットグレー)、
ホワイトメタリック6(ホワイト)

368,500円(本体価格335,000円/消費税33,500円)
ホワイトメタリックB(シルバー)、
パステルダークグレー(グレー)、
マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)、
マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

販売計画台数(国内・年間)

2,200台

3,500台
NMAXの年間販売計画台数の推移は、こちら。

生産国

インドネシア

インドネシア

 

NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の外観の違いを比較
NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の外観のサイドの違いを比較

 

NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

 

海外向けに先行して発表されていた新しいNMAXが、2021年6月28日に日本国内でも発売された。

 

 

NMAXの2021年6月28日のフルモデルチェンジでの主な変更点

 

 

  • 新型のデザインコンセプトは、「Prestige Confidence」。信頼性と質感の高さを表現したスタイリングに変更。全体的にシャープな印象になった。LEDによる精悍な表情により日常の使い勝手と誇れる外観を融合。フロントエリアからシートにかけてライダーを包み込むような安心感のあるシルエットを表現。MAXシリーズの特徴である前後アクスルを貫く力強く引き締まったブーメランイメージのサイドパネルによって信頼感を表現。
  •  

     

     

     

  • ・明るいLED6灯ヘッドランプと立体感あるリアビューを演出するテール&ストップランプを採用。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのヘッドライト
    2021年6月28日発売のNMAXのテール&ストップランプ

     

     

     

     

  • 新設計の「BLUE CORE」水冷・4ストローク・SOHC・124cm3・4 バルブ・FI エンジンを採用。エンジンは、吸気・排気系の仕様とFIセッティングの最適化によって平成32年排出ガス規制適合。従来のパワー感はそのままに、リニアで扱いやすい出力特性をさらに向上させた。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのエンジン

     

     

     

     

  • トラクションコントロールシステムを新たに採用。滑りやすい路面で も後輪のスリップの傾向を抑止し、安定した走りを実現。状況や好みに応じてオン・オフの選択が可能。発進・走行時などで後輪空転の兆候を検知したら、点火時期・燃料噴射量を統合制御し、滑らかな発進性・走行性をサポート。
  •  

     

     

     

  • 静かなエンジン始動/再始動を可能にする「Smart Motor Generator system」をヤマハ国内モデルとして初採用。エンジン始動用モーターとジェネレータの機能を一体化。走行時はジェネレータとして働き、エンジン始動・再始動時はモーターとして働く。始動時は、スタータークラッチを介さずに直接クランクシャフトを回転させるため、従来モデルのようなエンジン始動時の「キュルキュル」音がなく静かになった。
  •  

     

     

     

  • アイドリングストップシステムを新たに採用。信号待ちなどで停車すると自動的にアイドリングを停止し燃料消費を抑え、アイドリング停止後の再発進は、スロットルグリップを回すことで、瞬時にエンジンが掛かり滑らかに発進。オン・オフ選択可能。「アイドリングストップシステム」は、ヤマハの国内原付二種モデルとして初採用。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのアイドリングストップシステム

     

     

     

     

  • スタイルと走行性能・実用機能をバランスさせた新設計フレームを採用。スポーツ系スクーターのプラットフォームとして熟成・進化させており、メインパイプ(60.5mm 径)とダウンチューブ(45mm径)、そして最適な補強材(1.6mm厚)を加えることで、軽すぎず、適度に手ごたえのあるハンドリングと接地感を実現。また、エンジン懸架レイアウトを最適化し、各部の振動低減を図った。
  •  

     

     

     

  • 前後サスペンションには、新エンジン、新フレームとのバランスを考慮した最適セッティングを施し、快適な乗り心地と自然なハンドリングを実現。特にリアサスペンションは従来モデルからバネレートを変更し、2段階のイニシャル調整機能を新たに追加。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのリアサスペンション

     

     

     

     

  • ホイールは、新デザインを採用し従来モデルより軽量化を図った前後アルミホイールを採用。足元をスマートに引き締め、軽快なハンドリングをもたらす。
  • 2021年6月28日発売のNMAXの前後アルミホイール

     

     

     

     

  • 着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリ当社国内モデル初対応。「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」をダウンロードしたスマートフォンとペアリングが可能でそれにより次のような機能が拡充。

     

    「Y-Connect」を入れたスマートフォンで出来ること
    @電話やメールの着信、スマートフォンの電池残量など、車両側のメーター表示項目の追加。
    Aスマートフォン画面でスロットル開度、エンジン回転数、加速度、エコ運転状況を表示。
    B走行距離、経過日に基づいて、エンジンオイルの交換タイミングをお知らせ。バッテリーコンディションも表示。
    C燃費を日別、月別にチェック可能
    D車両から問題や故障を検出した場合、スマートフォン画面に情報を表示。問題や故障を検出した時間、位置などを事前に指定したメールアドレスに自動で送信できる。
    E広い駐輪場や出先で駐車場所が分からなくなった時などに最終駐車位置を確認できる。

     

    メーター側で出来ること
    @スマートフォンにSNSの通知やE-mailが届くと、メーターにアイコンを表示してお知らせ。
    A「Y-Connect」アプリと車両が接続されるとメーターのアイコンが点灯してお知らせ。
    B「Y-Connect」アプリと車両が接続されると、メーターの時計が自動で調整される。
    Cスマートフォンへの通話着信をメーターのアイコンで表示してお知らせ。
    Dスマートフォンのバッテリー残量をメーターのアイコンで表示。


  •  

     

     

     

  • フロントポケットは、従来モデルは、500mlペットボトルが収納できるだけだったが、2021年モデルは、フロントトランクを左右に設置し、ライダーの左側は、600mLのペットボトルが収納可能な小物入れと12VのDCジャックを備え、右側はリッド付きの収納BOXを装備。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのフロントポケット

     

     

     

     

  • シート下トランクは、従来モデルの容量約24リットルから容量約23リットルに変更されたが、新たにトランクの前方に2個分のヘルメットホルダーを装備。シート開閉のヒンジ部にはスプリングを2本配置。解錠後は手を添えるだけでゆっくりとシートが開く。また、開いた状態をそのまま維持できるため、物の出し入れがしやすくなっている。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのシート下トランク

     

     

     

     

  • 見やすいフル液晶メーターを採用。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのメーター

     

     

     

     

  • スマートキーシステムを新たに採用。スマートキーをポケットなどに入れて近づくだけで、車両が検知し、メインスイッチの操作やハンドルロック解除、シートロック解除、フューエルリッドのロック解除が可能。
  • 2021年6月28日発売のNMAXのスマートキーシステム

     

    NMAXの買取価格の相場

    バイクを高く売る方法


    何社も査定してもらう場合

    バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

    バイク比較ドットコムの特徴

    • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
    • これまでの利用者数は、42万人
    • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
    • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
    • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
    ※2017年4月時点

    バイク比較.comの公式サイト



    1社だけ査定してもらう場合

    査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

    バイク王の公式サイト