アクシスZとシグナスX SRの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アクシスZとシグナスX SRの違いを比較

 

ヤマハ アクシスZの歴史

2017年4月25日 新発売。型式は、2BJ-SED7J
車体色は、4色(グレーイッシュブルーメタリック8、ホワイトメタリック1、ダークグレーメタリックM、ダルレッドメタリックD)の設定。
2019年2月15日 カラーチェンジ。
車体色は、新色4色(マットダルパープリッシュブルーメタリック2、マットダークブルーイッシュグレーメタリック3、ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1、ブラックメタリックX)。従来色の1色(ホワイトメタリック1)をあわせた全5色。

 

 

ヤマハ シグナスXの歴史

初代型
2003年5月30日に「シグナスX」が新登場。型式は、BC-SE12J
車名の「シグナス」は「白鳥座」を指す。車体色は、3色(シルバー1、ブラック2、、ホワイトメタリック1)。
2004年8月20日に「シグナスX SR」が新登場。型式は、BC-SE12J
シグナスX SRの新たな特徴は、3段階調整式リアサスペンション、スポーティなカラー&グラフィック、ブラック仕上げフロントフォークアウターチューブ、ブラック仕上げ前後アルミホイールなど。車体色は、2色(ビビッドレッドメタリック5、ブラックメタリックX)。
シグナスXとシグナスX SRの違いはこちら。
2005年3月25日に「シグナスX」をマイナーチェンジ。
新色「ガンメタ」を設定。全色にメーターパネル周り、ハンドルスイッチにメタル調の塗装を採用、メーターパネルにブラックメーターパネルを採用。フロントフォークアウターチューブと前後ホイールをブラックとした。車体色は、新色1色(ミッドナイトシルバー)と継続色2色(シルバー1、ホワイトメタリック1)の3色。
2005年8月22日に特別・限定仕様「シグナスXSR50thアニバーサリースペシャルエディション」を発表。
「シグナスX SR」からの変更点は、「USインターカラー」の象徴であるイエローの専用車体色とホワイト&ブラックのストロボパターン専用グラフィック、50周年記念エンブレム、「CYGNUS‐X SR」の専用エンブレム(フロント)。車体色は、1色(ビビッドイエローソリッド2)。
2005年9月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
新たな変更点は、マットチタン色メーターパネル周りの採用、マットチタン色ハンドルスイッチカバーの採用、レッドの強制空冷ファン採用などを行った。車体色は、2色(ブラックメタリック、ビビッドレッドメタリック5)。
2006年4月10日に「シグナスX」と「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
車体色は、「シグナスX」が新色1色(ディープパープリッシュブルーメタリックC)と継続色2色(ホワイトメタリック1、ミッドナイトシルバー)の3色。「シグナスX SR」が2色(ブラックメタリックX、ビビッドレッドメタリック5)。
2代目
2007年10月12日に「シグナスX 」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J

モデルチェンジでの主な変更点は、始動性に優れ高い環境性能を実現するF.I.採用、駆動系のセッティング変更による中低速域でのパワーフィーリング向上、ポジションランプ一体型ヘッドライト採用などのシャープな新デザイン、シートのクッション厚アップ、フットボード前面の傾斜角拡大、アナログスピードメーターとデジタル表示液晶式燃料計を組み合わせた新メーターパネルの採用など。車体色は、3色(ブラックメタリックX、シルバー3、ホワイトメタリック1)。
シグナスXの初代と2代目の違いはこちら
2007年12月14日に「シグナスX SR」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SE44J
フルモデルチェンジでの変更点は、上の「シグナスX 」と同じ。車体色は、2色(ビビッドレッドメタリック5、ブラックメタリックX)。
2009年12月10日に「シグナスX 」をカラーチェンジ。
車体色にシックなシルバーを新たに設定。全てのカラーにフロントフォークアウターチューブ・前後ホイール・フロントディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。車体色は、3色(スターダストシルバー(新色)、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック1)。
2010年1月20日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
車体色の「ブラックメタリックX」で艶ありと艶なしに塗り分けを施し、「ビビッドレッドメタリック5」はレッドとブラックに塗り分けた。またシート表皮に赤いステッチを施し、前輪ディスクブレーキ内側にブラック塗装を施した。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ビビッドレッドメタリック5)。
2011年2月25日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
アナログ式タコメーターを採用。ホワイト・オレンジ・グリーンから液晶画面の照明色を選べるデジタル式スピードメーターを採用。二人乗り走行時の快適性に配慮した折りたたみ式のタンデムステップを採用。スモーク調の立体エンブレムを新たに装備。車体色は、従来と同じ2色(ブラックメタリックX、ビビッドレッドメタリック5)だがグラフィックは、変更された。
2012年2月28日「シグナスX SR」の特別・限定仕様「WGP50thアニバーサリーエディション」を発売。
基本車両をベースに、MotoGPマシン「YZR-M1 WGP参戦50周年記念カラー」と同様の赤と白を基調にしたスポーティなカラーを施したモデル。車体色は、ブルーイッシュホワイトカクテル1。
3代目
2013年2月8日に「シグナスX」と「シグナスX SR」をマイナーチェンジ。
都会派スポーティイメージを印象づける洗練されたスタイリングを採用。従来モデルより約2.5L容量増の約31.0Lの大容量シート下トランクを採用。新デジタル&アナログのコンビネーションメーターを採用。LEDランプ(前ポジション、テールライト)採用など。車体色は、「シグナスX」が2色(ブラックメタリックX、ホワイトメタリック1)。「シグナスX SR」が1色(ビビッドレッドメタリック5)。
シグナスXの2代目と3代目の違いはこちら

2014年4月に特別・限定仕様「シグナスX SR YSP30thAnniversaryEdition」を発売。
YSP誕生30周年を記念した限定カラー&グラフィックを採用したモデル。車体色は、レッド(YSP 30thアニバーサリーエディション)の1色。
2015年2月14日に「シグナスX SR」をカラーチェンジ。
ビビッドなカラーリングがスポーティさを際立たせる「SHOW OFF SPORTY」系3色(ブラックメタリックX(ブラック/イエロー)、ホワイトメタリック1(ホワイト)、ブラックメタリックX(ブラック))と都会的で落ち着いた大人の上質を感じさせる継続設定の「URBAN SPORTY」系2色(ビビッドブルーメタリック1(ブルー)、ビビッドレッドメタリック5 (レッド))の全5色設定。「SHOW OFF SPORTY」系3色には、モール部に「YAMAHA」ロゴを配した。
4代目
2015年11月20日に「シグナスX SR」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-SEA5J
主な変更点は、実用域のトルクを向上し、加速性能を向上させつつ、実用燃費も改善。車体は、新作フレーム、新作フロントフォーク&リアアーム、新作5本スポークホイールなど軽量化技術を織り込み、車両重量が従来より4kg軽くなる。ほかにも200mm径リアディスクブレーキを採用。 新リフレクター採用のヘッドライト、LED導光体併用ポジションランプ、LEDと導光材を組み合わせたテールライト、青バックの液晶メーターなどを採用。車体色は、5色(マットブラック2、ディープパープリッシュブルーメタリックC、ビビッドレッドメタリック5、ホワイトメタリック1、ブラックメタリックX)。
シグナスXの3代目と4代目の違いはこちら
2017年2月10日に特別・限定仕様「シグナスX SR SPECIAL EDITION」を発売。
主な特徴は、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー。「SPECIAL EDITION」専用エンブレム。ゴールドキャリパーなどを追加。車体色は、1色(ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2017年8月21日に「シグナスX SR」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BJ-SED8J
平成28年度国内排出ガス規制へ適合とカラーリングを変更。車体色は、全て新色の4色(ラジカルホワイト、ミッドナイトシルバー、ディープパープリッシュブルーメタリックC、カームイエロー)。
シグナスX SRの「EBJ-SEA5J」と「2BJ-SED8J」の違いを比較は、こちら。
2017年9月6日に特別・限定仕様「シグナスX SR Movistar Yamaha MotoGP Edition」を発売。
主な特徴は、レースを象徴するヤマハレーシングブルーの外装色。スプリングのカラーがイエローのリアサスペンション。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。ゴールドカラーの音叉マーク。Movistarロゴマークをあしらったグラブバーなどを採用。車体色は、1色(ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2018年2月10日に「シグナスX SR」に新色を追加して発売。

新色のマットブラック2とディープパープリッシュブルーメタリックCを追加。車体色は、6色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、ラジカルホワイト、ミッドナイトシルバー、ディープパープリッシュブルーメタリックC、カームイエロー)。
5代目
2018年11月9日に「シグナスX」にマイナーチェンジして発売。
主な変更点は、LEDヘッドランプや導光タイプのLEDテールランプなど新作灯火器を採用。フルデジタルの液晶マルチファンクションメーターを採用。USB対応の12V・DCジャックの採用など。車体色は、4色(ビビットレッドメタリック5、ダークグレーメタリックL、ホワイトメタリック1、ブラックメタリックX)。
シグナスX SR(4型)とシグナスX(5型)の違いを比較は、こちら。
2019年9月10日に「CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースにレースを象徴するヤマハレーシングブルーを加えた外装色。「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィック。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、ブラックメタリックX(ブラック)。

 

 

ここでは、
2017年4月25日発売のヤマハ アクシスZ(2BJ-SED7J)と
2017年8月21日発売のヤマハ シグナスX SR(2BJ-SED8J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アクシスZ

シグナスX SR

発売年月

2017年4月25日

2017年8月

全長 (mm)

1790

1895

全幅 (mm)

730

690

全高 (mm)

1145

1115

軸間距離 (mm)

1275

1305

最低地上高 (mm)

135

115

シート高 (mm)

770

775

車両重量 (kg)

100

118

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

10

最高出力(kW)

6

7.2

最高出力(PS)

8.2

9.8

最高出力回転数(rpm)

6500

7500

最大トルク(N・m)

9.7

9.9

最大トルク(kgf・m)

0.99

1

最大トルク回転数(rpm)

5000

6000

燃料タンク容量 (L)

5.5

6.5

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

U22ESR-N

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

GT7B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.9

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

7.5

10.4

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

27°00

トレール量 (mm)

80

90

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

58

43.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

55.7

37.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/90-10

110/70-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

47

タイヤ(前)速度記号

J

L

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

120/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

51

タイヤ(後)速度記号

J

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H4

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

キャリア 有
センタースタンド 有

センタースタンド 有

メーカー小売価格

243,000円(税抜き 225,000円)

318,600円(税抜き 295,000円)

 

アクシスZとシグナスXの違いを比較

 

 

アクシスZとシグナスXの比較の口コミ

 

 

シグナスXは、カスタムし放題なのに、アクシスZは、ほとんどカスタム出来ないね。

 

 

全長は、シグナスの方が10cmほど長い。
横幅は、アクシスZの方が4cm幅が広い。

 

 

バイク屋でアクシスZとシグナスを並べて比べたけど、サイズ的には、そんなに変わらないよ。

 

 

シグナスはエンジンが古過ぎるから燃費悪いね。アクシスZのエンジンは、新型のブルーコアだから燃費が良い。

 

 

空冷ブルーコアは燃費だけでパワーない。シグナスにあのエンジン積んだら、ダメでしょ。

 

 

燃費は、WMTCモード値で
2017年4月に発売されたアクシスZが55.7km/L。
2017年8月に発売されたシグナスXSRが37.3km/L。
燃料タンク容量は、
アクシスZが5.5L。
シグナスXSRが6.5L。
航続距離は、
アクシスZが 55.7km/L × 5.5L = 306.35km
シグナスXSRが 37.3km/L × 6.5L = 242.45km
実際は、ここまで差がないと思うけど、アクシスZの方が燃料代安いし、給油回数も少なくて済む。

 

 

シグナスは、見た目もスペックも装備もアクシスZの上位機種って感じだけど、アクシスZより8万円くらい高い。
所有感ならシグナスだけど、コスパでは、アクシスZだな。

 

 

シグナスX SRの方がアクシスZより18kg重いし、12インチだから直進安定性は、良い。

 

 

カッコ良さでは断然シグナスだけど、シグナスは、ガキが乗ってるイメージがあるからおっさんが乗ってると違和感あるし、いたずらや盗難が心配。

 

 

アクシスZかシグナス第四世代で迷ってる。
アクシスZは、タイヤが10インチで燃費50km/L程度。
シグナスは、タイヤが12インチで燃費が30km/L程度。
アクシスZのが燃費いいけど、タイヤが10インチだからシグナスよりタイヤ交換が多いからタイヤ代と燃料代で考えたら維持費は似たようなもんか。

 

 

メットイン容量は、
シグナスが29L。
アクシスZが37.5L。

 

 

アクシスZは、シート下スペース容量は、でかいけど、底が浅すぎるからフルフェイスは、ほとんど入らないらしい。一部ジェットもやばいみたい。半ヘルで乗る人ならいいけど。シグナスも容量は、それなりにあるけど底が浅くて入らないフルフェイスがある。でもアクシスZよりは、全然マシ。

 

 

燃費が気になる人は、アクシスZでしょ。リッター50km以上は普通らしい。

 

 

アクシスZは、足つきが悪いし、リアキャリアが貧相でメットインが浅すぎ。
シグナスは、燃費が悪過ぎ。

 

 

改造厨は、シグナス。
燃費厨は、アクシスZ。

 

 

アクシスZよりシグナスXの方が馬力が上だけど、アクシスZの方が車重が20kgぐらい軽いから乗った感じのパワーは、あまり変わらない。

 

 

メットイン容量は、アクシスZが37.5リットル。シグナスXが29リットル。加速感は、アクシスZは、低速のトルク感はないけどフラットに加速していく。シグナスXの方が元気に加速していくね。

 

 

アクシスZは、フルフェイスが入れば買ってたのに。シグナスやBWSは入るのになんでアクシスZだけ入らない作りにしたんだろう?それなのにシート高は結構高いし。

 

 

走りは、シグナスの4型と5型ならシグナスの方が勝ち。燃費は、アクシスZの圧勝。中古の3型シグナスのノーマル買うぐらいならアクシスZの新車買った方が全然良い。まあ、3型以前のシグナスはカスタムすれば化けるけど。

 

アクシスZとシグナスX SRの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト