スーパーカブ110とCT125ハンターカブの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スーパーカブ110とCT125ハンターカブの違いを比較

 

ホンダ スーパーカブ110の歴史

2009年6月19日に「スーパーカブ110」が新登場。型式は、EBJ-JA07
車体は、タイホンダマニュファクチュアリング社のドリームをベースで、国内仕様として初のパイプおよびピボットプレートの組み合わせによるフレームとフロントサスペンションにテレスコピック式を採用。エンジンもドリーム同様のウェーブと部品を共通化した109ccエンジンを採用。トランスミッションも同様に2段クラッチ方式の4段変速機を搭載。変速方式は、停止時のみロータリーとなる変則リターン式を採用。カブシリーズ初のマルチリフレクターヘッドライト・左側プッシュキャンセルウインカー・メインスイッチ一体型ハンドルロックなどを装備。車体色は、コスタブルーとアバグリーンの2色の設定。海外生産拠点からも部品を調達し、完成車生産は国内の熊本製作所で行う。
2009年10月16日に「スーパーカブ110プロ」が新登場。
スーパーカブ110をベースに14インチのタイヤを前後に採用。サスペンションは、フロントに専用設計のテレスコピックタイプ、リアはストロークを伸ばした仕様とし荷物積載時の走行安定性を高めた。さらに専用の大型フロントバスケットと大型のリアキャリアを標準装備。車体色は、コスタブルーの1色。
スーパーカブ110とスーパーカブ110プロの違いの比較は、こちら。
2010年2月18日に「スーパーカブ110」にカラーを追加。
車体色に新色のコルチナホワイトを追加。従来色とあわせて3色の設定。
2010年8月20日に「スーパーカブ110」にカラーを追加
車体色にカラフルなツートーンシートを採用した新色2色(プコブルーR、バージンベージュR)を追加。従来色の3色とあわせて5色の設定。
2012年3月16日に「スーパーカブ110」をフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JA10
ニューベーシックカブをコンセプトに従来モデルより実用性や経済性、快適性、デザイン、リーズナブルな価格を目指した。生産は、日本から中国に変更。車体色は、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト、パールバリュアブルブルー、バージンベージュ、パールプロキオンブラックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA07」と「EBJ-JA10」の違い
2012年9月14日に「スーパーカブ110プロ」をフルモデルチェンジ。
車体色は、パールバリュアブルブルーの1色。
2017年11月10日に「スーパーカブ110」と「スーパーカブ110プロ」をマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JA44
排出ガス規制(平成28年)への対応。ボディーデザインは、オリジナルの“カブスタイル”への回帰といえそうな滑らかな曲面で構成されたボディーラインと丸目ヘッドライト。LED化もされた。生産は、再び日本国内(熊本製作所)となる。「スーパーカブ110」の車体色は、グリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色。「スーパーカブ110プロ」は、パールバリュアブルブルーの1色。

スーパーカブ110の「EBJ-JA10」と「2BJ-JA44」の違い
2018年11月22日に「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を受注期間限定で発売。
車体色に鮮やかなマグナレッド、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバーを採用。より高級感のあるツートーンシートとブラック塗装を施したリアキャリア。メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキ、サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用。
2019年3月15日に「スーパーカブ110・ストリート」を受注期間限定で発売。
車体色は、淡い色合いの2色(ボニーブルー、ハーベストベージュ)の設定。レッグシールドも車体色と同色とし、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースにブラックの配色を取り入れた。また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングにクロームメッキを採用。白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーに、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化した図案などをあしらった。
2020年5月22日に「スーパーカブ110」と「スーパーカブ110プロ」をマイナーチェンジ。
灯火器基準に関する法規対応を施したテールランプを採用。車体色は、「スーパーカブ110」が6色(パールフラッシュイエロー(新色)、グリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリック)。「スーパーカブ110プロ」が1色(セイシェルナイトブルー)。
2020年7月23日に「スーパーカブ110・『天気の子』ver.」を受注期間限定で発売。
車体色は、「天気の子」製作委員会監修のもと、劇中のカラーリングを忠実に再現した「サマーピンク」を採用。ブラウンのシートと合わせ特別な仕様。またレッグシールド内側上部に『天気の子』ver.専用ステッカーを配置。
2022年4月14日に「スーパーカブ110」をマイナーチェンジ。型式は、8BJ-JA59
平成32年(令和2年)排ガス規制をクリアしたエンジンを搭載。フロントブレーキがディスクとなり、前輪のみに作動するABSを搭載。前後輪がキャストホイールとなり、チューブレスタイヤを採用。メーター内に時計やギアポジションなどを追加。車体色は、5色(グリントウェーブブルーメタリック、パールフラッシュイエロー、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、クラシカルホワイト)。
スーパーカブ110の「型式 2BJ-JA44」と「型式 8BJ-JA59」の違いの比較は、こちら。
2022年5月19日に「スーパーカブ110プロ」をマイナーチェンジ。型式は、8BJ-JA61
平成32年(令和2年)排出ガス規制をクリアし、業務用途に合わせ、高いタフネス性を備えた新エンジンを搭載。フロントブレーキのディスク化し、フロントABSの標準装備。伝統のワイヤースポークからキャストホイールに変更し、チューブレスタイヤを採用。メーターの液晶部にギアポジションや時計を追加。車体色は、セイシェルナイトブルーの1色。
スーパーカブ110プロの「2BJ-JA42」と「8BJ-JA61」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ CT125・ハンターカブの歴史

2020年6月26日に「CT125ハンターカブ」の日本国内仕様が新登場。型式は、2BJ-JA55
ベースは、「スーパーカブC125」だが、不整地路の走行にも対応するために、C125のフレームに対し、リアフレームを延長した新型フレームに単気筒OHC、124ccのスーパーカブC125用をベースに開発したエンジンを搭載。自動遠心クラッチとの組み合わせ。一般的なスポーツモデルと同様のトップブリッジで支持する110mmストロークのフロントフォークやアップマフラー、アンダーガードなども装備。前後輪ディスクブレーキ。車体色は、2色(グローイングレッド、マットフレスコブラウン)。
2022年1月20日にカラーチェンジ。
新色の「パールオーガニックグリーン」を追加。車体色は、3色(パールオーガニックグリーン、グローイングレッド、マットフレスコブラウン)。

 

 

ここでは、
2020年5月22日発売のホンダ スーパーカブ110(型式 2BJ-JA44)と
2020年6月26日発売のホンダ CT125・ハンターカブ(型式 2BJ-JA55)
の違いを比較しました。

 

 

スーパーカブ110とCT125・ハンターカブのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スーパーカブ110

CT125・ハンターカブ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

2BJ-JA44

2BJ-JA55

発売日

2020年5月22日

2020年6月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1860

1960

全幅 (mm)

695

805

全高 (mm)

1040

1085

ホイールベース (mm)

1205

1255

最低地上高(mm)

135

165

シート高 (mm)

735

800

車両重量 (kg)

99

120

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

62

61

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

67

67.2

原動機型式

JA10E

JA55E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

109

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

50

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

55.6

57.9

圧縮比(:1)

9

9.3

最高出力(kW)

5.9

6.5

最高出力(PS)

8

8.8

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

8.5

11

最大トルク(kgf・m)

0.87

1.1

最大トルク回転数(rpm)

5500

4500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.3

5.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

266.6

323.3

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR6EA-9S

CPR6EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ4V

YTZ5S

バッテリー容量

12V-3Ah 10HR

12V-3.5Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

4.058

3.35

2次減速比

2.5

2.785

変速比

1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916

1速 2.500/2速 1.549/3速 1.149/4速 0.922

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

35

39

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

100

108

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

27°00

トレール量 (mm)

73

80

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

-

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

70/90-17

80/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

38

44

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

80/90-17

80/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

44

44

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.4

-

ホイールリム幅(後)

1.6

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

ギアポジション 有
燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

キャリア 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

280,500円(消費税抜き本体価格 255,000円)
パールフラッシュイエロー、
グリントウェーブブルーメタリック、
クラシカルホワイト、
バージンベージュ、
タスマニアグリーンメタリック、
アーベインデニムブルーメタリック

440,000円(消費税抜き本体価格 400,000円)
グローイングレッド、
マットフレスコブラウン

国内年間計画販売台数

6,800台(スーパーカブ110とスーパーカブ110プロの合計)

8,000台
ホンダ CT125ハンターカブの販売台数の推移は、こちら。

製造国

日本

タイ

 

スーパーカブ110とCT125・ハンターカブの違いを比較
スーパーカブ110とCT125・ハンターカブの外観のサイドの違いを比較

 

スーパーカブ110とCT125・ハンターカブの違いを比較

 

 

CT125ハンターカブは、ユーザーが求めていたものを忠実に実現したバイク。前後ディスクブレーキもポイント高いし、燃料タンク容量が5.3Lにしたのがいい。CT125ハンターカブでできるなら、スーパーカブ110も燃料タンクを大きくして欲しい。

 

 

CT125ハンターカブとスーパーカブ110の価格差は、12万円以上。スーパーカブ110の方が荷物が沢山詰めるし、タイヤの値段が安いし気軽に買える。

 

 

俺は、CT125ハンターカブのアップマフラーがいまいち。スーパーカブ110やクロスカブのダウンマフラーの方が好き。

 

 

スーパーカブC125みたいなおしゃれなバイクだと乗る時の服装まで気をつかうから、俺は気楽に乗れるスーパーカブ110の方がいいわ。

 

 

スーパーカブC125にはギア表示がある。でもスーパーカブC125は40万円、スーパーカブ110(JA44)は28万円だからこの差はでかい。

 

 

スーパーカブC125の見た目は好きだし125ccのエンジンは良いと思うけど、生活の足としてスーパーカブ110に乗ってる自分には、少し違う感じがする。

 

 

2022年3月2日に福岡の店で
スーパーカブ110の新車のブラックの
車体価格が26.8万円
乗り出し価格が30.5万円

 

CT125ハンターカブの新車のグリーンの
車体価格が47.8万円
乗り出し価格が51.6万円

 

スーパーカブ110とCT125・ハンターカブの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト