ダンクとクロスカブ50の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ダンクとクロスカブ50の違いを比較

 

ホンダ ダンクの歴史

2014年2月20日に新発売。 型式は、JBH-AF74
ホンダの原付一種スクーターで初となるeSPのエンジンを搭載。生産は、ベトナム。車体色は、6色(マットアーマードグリーンメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、マットギャラクシーブラックメタリック、アーベインデニムブルーメタリック、キャンディーノーブルレッド)。
2016年2月19日にカラーチェンジ。
生産をこれまでのベトナムから日本の熊本製作所に移管し、 型式がJBH-AF78に変更。車体色は、新色3色(キャンディーブレイズオレンジ、アトモスフィアブルーメタリック、マットギャラクシーブラックメタリック)と継続色3色(マットアーマードグリーンメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)の全6色。
2017年7月14日にカラーチェンジ。 型式は、2BH-AF78
車体色は、新色2色(マットガンパウダーブラックメタリック、マットビュレットシルバー)と継続色4色(パールジャスミンホワイト、キャンディーブレイズオレンジ、アトモスフィアブルーメタリック、ポセイドンブラックメタリック)の全6色。
ダンクの「JBH-AF78」と「2BH-AF78」の違いはこちら
2019年3月8日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(マットアルタイルシルバーメタリック、イオンブルーメタリック)と継続色4色(マットビュレットシルバー、ポセイドンブラックメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールジャスミンホワイト)の全6色。

 

 

ホンダ クロスカブ50の歴史

2018年2月23日 新発売。型式は、2BH-AA06
事実上のリトルカブの後継。生産は、熊本製作所。車体色は、2色(クラシカルホワイト、マグナレッド)の設定。
2019年6月21日 カラーチェンジ。
車体色は、新色のカムフラージュグリーンと従来色のクラシカルホワイトの2色。

 

 

ここでは、
2017年7月14日発売のダンク(2BH-AF78)と
2018年2月23日発売のクロスカブ50(2BH-AA06)
の違いを比較しました。

 

 

ダンクとクロスカブ50のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ダンク

クロスカブ50

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BH-AF78

2BH-AA06

発売日

2017年7月14日

2018年2月23日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1840

全幅 (mm)

700

720

全高 (mm)

1040

1050

ホイールベース (mm)

1180

1225

最低地上高(mm)

110

131

シート高 (mm)

730

740

車両重量 (kg)

81

100

最小回転半径(m)

1.8

1.9

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

75.3

94

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

58.4

69.4

原動機型式

AF74E

AA04E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

39.5

37.8

行程(ピストンストローク)(mm)

40.2

44

圧縮比(:1)

12

10

最高出力(kW)

3.3

2.7

最高出力(PS)

4.5

3.7

最高出力回転数(rpm)

8000

7500

最大トルク(N・m)

4.1

3.8

最大トルク(kgf・m)

0.42

0.39

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.5

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ6V

GTZ4V

バッテリー容量

12V-5Ah10HR

12V-3Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

自動変速

-

1次減速比

3.214

4.058

2次減速比

3.833

3.307

変速比

-

1速 3.180/2速 1.705/3速 1.190/4速 0.916

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

13

スプロケット歯数・後

-

43

チェーンサイズ

-

420

標準チェーンリンク数

-

104

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

75

57

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

2

タイヤ(前)

90/90-10

70/100-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

37

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

90/90-10

80/100-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

50

49

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.15

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

1.6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

LED

テールライトタイプ

LED

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有

車両装備

DCソケット 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

キャリア 有

メーカー希望小売価格

214,920円

291,600円

 

ダンクとクロスカブ50の違いを比較

 

ダンクとクロスカブ50の比較の口コミ

 

 

クロスカブ50は、30万円超えなのに装備はダンクの方が上。ダンクは、アイドリングストップ、フロントがディスクブレーキ、時計、グローブボックス、アクセサリーソケット、フロントポケット、かばんホルダーが付いてる。それにクロスカブ50は、シート下に何も入らないからリアボックス取り付けなきゃいけないから更に金かかるし、箱付けたら途端に乗りづらくなる。車重も100sあってパワーもない。ダンクは、軽くて良い。

 

 

●車両重量と馬力
ダンク 81kg 4.5ps/8000rpm
クロスカブ50 100kg 3.7ps/7500rpm

 

 

ダンクとクロスカブ50は、車格が全く違う。友達で身長180cm超えてるやつがスクーター乗るとハンドルに膝が当たりそうだから50ccだとカブぐらいしか乗れないって言ってた。

 

 

俺は、通勤で使うから雨の日も乗る。クロスカブ50にすると脚が隠せないからまともに濡れる。あとダンクは、時計が付いてるのが通勤では、助かる。

 

 

便利さを求めるならダンクの方がいいけど、クロスカブ50の方が見た目もオシャレだし、ギアチェンジが楽しい。

 

 

リアボックスつける前提ならしっかりしたリアキャリアが標準装備されてるクロスカブ50の方がいい。ダンクにリアボックスつけるには、リアキャリア買わなきゃいけないし、箱付けると宙に浮いたような感じになるから見た目もダサいし、リアキャリア自体も小さいから強度の面でも心配。

 

 

ダンクは、箱付けなくても、メットインと足元に荷物置けるからそれでほとんどは、対応できるよ。俺も最初は、箱付けるか迷ったけど、箱付けなくてもこれまで困ったことがない。

 

 

●タンク容量
ダンク 4.5L
クロスカブ50 4.3L

 

●燃費WMTCモード値
ダンク 58.4km/L
クロスカブ50 69.4km/L

 

●航続距離
ダンク 4.5L × 58.4km/L =262.8km
クロスカブ50 4.3L × 69.4km/L =298.42km

 

 

●ダンク
タイヤ 前 90/90-10 50J
タイヤ 後 90/90-10 50J

 

●クロスカブ50
タイヤ前 70/100-14M/C 37P
タイヤ 後 80/100-14M/C 49P

 

ダンクとクロスカブ50の買取

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト