バイトとチョイノリSSの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

バイトとチョイノリSSの違いを比較

 

ホンダ Bite(バイト)の歴史

2002年1月31日にBite(バイト)が新登場。 型式は、BA-AF59
Bite(バイト)は、若者のライフスタイルに合う魅力的な製品を開発する「Nプロジェクト」の第3段。第1弾がエイプ、第2弾がズーマー。スリムで個性的なスタイリング。工具なしでシート高を7段階に変更できる新機構のアジャスタブルシートを採用。クレアスクーピーに搭載のクリーンな水冷4ストロークエンジンとアルミ製モジュールフレームのフロント部を採用。盗難抑止システムとして、メインスイッチ部のシャッター機能などを装備。車体色は、3色(ブラック、サンライズイエロー、リアルブルー)。
2003年1月10日に新色を追加。
車体色は、新色のクラシカルホワイトと現行色2色(サンライズイエロー、ブラック)の3色の設定。リアルブルーは廃色となった。また、メインキーとシャッターキーを一本にした一体型シャッターキーを新たに採用。
2004年秋に生産終了。

 

 

スズキ チョイノリの歴史

2003年2月11日に「チョイノリ」が新発売。型式は、BA-CZ41A
「チョイノリ」は、近距離の移動に機能を絞って開発。軽量化・簡素化を追求して59,800円の低価格と乾燥重量39kgの軽量・コンパクト設計を実現。新技術「高速めっきシリンダー」を採用するなどして、従来エンジンより4割の軽量化を実現した新開発4サイクル50ccエンジンを搭載。燃費(30km/h定地燃費)は、76km/L。デザイン面では、シンプルな機能美と曲線を活かしたキュートなイメージを追求。
2003年12月12日に「チョイノリSS」を新発売
フレームをむき出しにした個性的な外観など男性向け外観を採用。走行距離が一目でわかるオドメーターの装備やキックレバーを折りたたみ式にするなどの特徴があった。車体色は、3色(ソリッドブラック、ネーブルオレンジ、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)。※オレンジと白は 2004年1月発売。
チョイノリとチョイノリSSの違いの比較は、こちら。
2004年5月に「チョイノリU」が新発売。
「チョイノリU」は、ラゲッジスペースが無いチョイノリの弱点を解消するため、別売のフロントバスケットの装備を容易にする目的で、フロントウインカをボディ前面からハンドルバーに移設した。セルモーター付き仕様を追加。
チョイノリとチョイノリUの違いの比較は、こちら。
2004年3月12日に「チョイノリ」に新色を追加。
車体色は、6色(ピンク、オレンジ、ホワイト、ライトブルー、ライトイエロー、ブラック)となった。
2004年6月14日に「チョイノリSS」にセル付仕様を追加。
「チョイノリSS」にセルフスターターを装備した仕様を追加。またフレーム(銀色)とボディー色をツートンカラーとした。車体色は、フレームカラーがシルバーになった2色(ソリッドブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)。
2005年6月に「チョイノリU」をカラーチェンジ。
2006年12月1日に「チョイノリ」、「チョイノリII セル付」をカラーチェンジ。
「チョイノリ」、「チョイノリII セル付」に新色3色(トイブルー、アイボリー、ライトグリーン)を追加。「チョイノリ」は、、従来色のオレンジ、黄、黒とあわせた6色の設定。「チョイノリII セル付」は従来色のオレンジ、黒とあわせた5色の設定。「ライトグリーン」だけ2007年1月15日に発売。
2007年8月末をもって日本での生産・販売は終了。

簡易なエンジン構造から自動車排出ガス規制の強化には対応できなかった。

 

 

ここでは、
2003年1月10日発売のホンダ バイト(型式 BA-AF59)と
2003年12月12日発売のスズキ チョイノリSS(型式 BA-CZ41A)
の違いを比較しました。

 

 

バイトとチョイノリSSのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

バイト

チョイノリSS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BA-AF59

BA-CZ41A

発売日

2003年1月10日

2003年12月12日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1715

1500

全幅 (mm)

665

610

全高 (mm)

1050

1010

ホイールベース (mm)

1190

1055

最低地上高(mm)

115

90

シート高 (mm)

785

-

乾燥重量 (kg)

72

43

車両重量 (kg)

77

-

最小回転半径(m)

1.8

-

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

75

76

原動機型式

AF55E

Z401

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

-

OHV

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

38

36

行程(ピストンストローク)(mm)

44

48.6

圧縮比(:1)

12

8.4

最高出力(kW)

3.6

1.5

最高出力(PS)

4.9

2

最高出力回転数(rpm)

8000

5500

最大トルク(N・m)

4.5

2.9

最大トルク(kgf・m)

0.46

0.3

最大トルク回転数(rpm)

7000

3500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

5

3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

375

228

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

キックスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR5HS

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

-

バッテリー容量

12V-6Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

4.272

2次減速比

-

3

動力伝達方式

-

チェーン

チェーンサイズ

-

415

標準チェーンリンク数

-

68

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

25°00

トレール量 (mm)

73

71

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

リジッド(固定)

タイヤ(前)

90/90-10

80/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

35

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

-

タイヤ(後)

90/90-10

80/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

50

35

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

-

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

15W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH7

-

テールライト定格(制動/尾灯)

10/5W

18/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

179,000円 クラシカルホワイト、サンライズイエロー、ブラック

69,800円 ソリッドブラック、ネーブルオレンジ、ソリッドスペシャルホワイトNo.2

販売計画台数

3,000台(国内・年間)

1,000台(月間/国内)

 

バイトとチョイノリSSの違いを比較

 

バイトとチョイノリSSの違いを比較

 

 

Bite(バイト)は、2002年1月31日に発売された50ccスクーターで、ホンダの若手の開発者で構成された「Nプロジェクト」の第3弾モデル。ちなみに第1弾がエイプ、第2弾がズーマーだった。バイトは、基本の骨組みだけのような外観で突き出たようなサドルシートが特徴だった。このシートは、工具を使わずに、シートの高さを7段階(730mm〜840mm)に設定できた。エンジンは、AF55E型水冷4ストロークSOHC単気筒で、このエンジンは、同じ時期のクレアスクーピーやスマートディオやズーマーと同じ。アルミ製フレーム前部やサスペンションなどのパーツはクレアスクーピーと共用だった。2003年にカラーチェンジされ、2004年秋に生産終了となった。

 

 

チョイノリは、2003年2月11日に発売された。近所の買い物など、近場の移動に機能や装備を割り切ったスクーターだったが、新車で59800円という安さで人気がでた。エンジンは、飛沫潤滑方式の4サイクルOHVを採用。低出力で割り切ったものとしている。簡素化のためリアサスペンションはなく、一般の自転車同様、車軸がフレームに直付けされる。そのためエンジンはフレーム側に固定搭載となり、一般スクーターのようなユニットスイング構造は持たない。前照灯はロービーム専用、最廉価モデルはキックスタータのみ搭載。チョークは手動、燃料計や警告灯もなく燃料切れには燃料コックのリザーブポジションで対応した。2003年12月12日には、チョイノリの基本構造はそのままに、フロントカウルを取り外してフレームを露出させ、ハンドルがフラットなバー形状に変更された「チョイノリSS」が発売された。2004年には、セルフスターター付き仕様の「チョイノリU」がタイプ追加された。その後カラーチェンジを繰り返し、2007年8月に生産終了となった。

 

 

●乾燥重量と最高出力と最大トルク
バイト 72kg | 3.6kW/8000rpm | 4.5N・m/7000rpm
チョイノリSS 43kg | 1.5kW/5500rpm | 2.9N・m/3500rpm

 

 

●シート高
バイト 790mm
チョイノリSS 780mm

 

 

●タンク容量
バイト 5L
チョイノリSS 3L

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)
バイト 75km/L
チョイノリSS 76km/L

 

●航続距離(30km/h走行時)
バイト 5L × 75km/L =375km
チョイノリSS 3L × 76km/L =228km

 

 

バイトは、デザインありきであのスタイルなんだけど、
チョイノリSSは、前面のパーツ取ったらこんなのできましたって感じだな。
そもそもフレームの幅が全然違うし。

 

 

バイトは、チョイノリSSに似た雰囲気の外観だけど、中身はチョイノリSSよりずっと豪華。

 

 

チョイノリは、片道1.5kmくらいの買い物や通勤で使うのが丁度良い。でも片道5kmぐらいになるとチョイノリだとキツイからバイトの方がいい。チョイノリは、最高速は40km/hぐらいしかでないし。

 

 

チョイノリの一番の良さは、価格の安さ。1週間働けば買える。Biteは、高すぎなんだよね。まあパワーユニットがクレアスクーピーやズーマーと同じだけど。Todayのエンジンに変えて過剰装備を削ってチョイノリと同じ値段で売ってくれればよかったのに。

 

バイトとチョイノリSSの中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト