ADV150とADV160の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ADV150とADV160の違いを比較

 

ホンダ ADV150の歴史

2020年2月14日に新登場。型式は、2BK-KF38
ダブルクレードル構造のフレームに、グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。足まわりは、専用設計でフロントサスは、クラス最長の130mmのストローク量。リアサスは、120mmのストローク量とし、放熱効果の高いリザーバータンク付きを採用。ブレーキは、1チャンネルタイプABS +ウェーブディスクを採用。ホイールはフロント12本、リア10本スポークを採用。他にもHonda SMART Keyシステム、エマージェンシーストップシグナル、アイドリングストップシステム、容量27Lのラゲッジボックス、容量2Lでアクセサリーソケット付きのフロントインナーボックスなどを採用。車両重量は、134kg。製造国は、タイ。車体色は、3色(マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。
2021年7月22日に限定カラーを追加。
限定カラー「ロスホワイト」を設定。受注期間は2021年6月11日〜8月31日まで。車体色は、継続色を含めた4色(ロスホワイト、マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。
2023年1月26日にADV160が新登場。

 

 

ホンダ ADV160の歴史

2023年1月26日に新登場。型式は、8BK-KF54
156cm3水冷4ストローク4バルブ単気筒の「eSP+(イーエスピープラス)」のエンジンを新形状フレームに搭載。ブレーキは、1チャンネルタイプABS +ウェーブディスクを採用。タイヤはブロックパターンのチューブレスタイヤを専用開発。タイヤサイズはフロント110/80-14、リア130/70-13。ウインドスクリーンは、2段階に高さ調整が可能。Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新たに採用。液晶メーターを大型化し、タコメーターや外気温計などの表示機能を追加。シート下トランクは、容量29L。容量2Lのフロントインナーボックス内にUSBソケット(Type-A)を装備。エマージェンシーストップシグナルを採用。Honda SMART Keyシステムを装備。車両重量は、136kg。製造国は、タイ。車体色は、3色(マットダリアレッドメタリック、パールスモーキーグレー、マットガンパウダーブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2020年2月14日発売のホンダ ADV150(型式 2BK-KF38)と
2023年1月26日発売のホンダ ADV160(型式 8BK-KF54)
の違いを比較しました。

 

 

ADV150とADV160のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ADV150

ADV160

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

2BK-KF38

8BK-KF54

発売日

2020年2月14日

2023年1月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1960

1950

全幅 (mm)

760

760

全高 (mm)

1150

1195

ホイールベース (mm)

1325

1325

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

795

780

車両重量 (kg)

134

136

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.5

52

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

44.1

42.5

原動機型式

KF38E

KF54E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

149

156

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

57.3

60

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55.5

圧縮比(:1)

10.6

12

最高出力(kW)

11

12

最高出力(PS)

15

16

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

14

15

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

8

8.1

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8K-9

-

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ8V

-

バッテリー容量

12V-7Ah(10HR)

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

-

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

ダブルクレードル

アンダーボーンフレーム

キャスター角

26°30

-

トレール量 (mm)

85

-

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

-

130

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

リアサスペンションストローク(mm)

-

110

タイヤ(前)

110/80-14

110/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

53

53

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
緊急制動表示灯 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
アイドリングストップ 有
USBポート 有
可変スクリーン 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

451,000円(消費税抜き本体価格 410,000円)
マットメテオライトブラウンメタリック、
マットガンパウダーブラックメタリック、
ゲイエティーレッド

473,000円(消費税抜本体価格 430,000円)
マットダリアレッドメタリック、
パールスモーキーグレー、
マットガンパウダーブラックメタリック

販売計画台数(国内・年間)

3,000台

5,800台

生産国

タイ

タイ

 

ADV150とADV160の違いを比較

 

左がADV150(型式 2BK-KF38)
右がADV160(型式 8BK-KF54)
ADV150とADV160の装備の違いを比較

 

ADV150とADV160の違いを比較

 

 

「ADV150」は、もともとインドネシア市場で2019年7月に発売されたオートマチックスポーツ。その時点で「ADV」のモデル名のバイクは、「X-ADV(745cc)」があったが、「ADV150」は、その「X-ADV」の小排気量版のようなスタイリングだった。「ADV150」は、「PCX150」と同系エンジンが搭載された。多機能デジタルメーター、スマートキー、DCソケット、装備された。インドネシア仕様は、ABS搭載タイプと、前後連動ブレーキ(CBS)タイプの2タイプがあった。その後、2019年10月の「第46回 東京モーターショー2019」に出展され、2020年2月14日に日本で販売開始。日本向けモデルは、ABS搭載モデルのみだった。
2023年1月26日に「ADV160」となった。

 

ADV160になっての主な変更点
  • ADV160は、平成32年(令和2年)排出ガス規制に対応した排気量156ccの水冷4スト単気筒SOHC4バルブの新エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載。ADV150の149cm3から156cm3に拡大し、最高出力ならびに最大トルクを向上させ、環境性能も向上。
  •  

  • 新型フレームを採用し、シート高が「ADV150」の795mmから780mmに下げられ、軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさに貢献。
  •  

  • 外観は、よりスポーティーでタフなイメージを演出し、先進性を感じる個性的なスタイルに一新。
  •  

  • 搭載するエンジンがPCX160用のもの(156cc)になったため、新たにHondaセレクタブルトルクコントロール(トラクションコントロール)を装備。滑りやすい路面での安心感に寄与。
  •  

  • 液晶メーターの大型化し、視認性の向上させ、タコメーターや外気温計などの表示機能を追加して利便性を向上。
  •  

  • 2段階で高さ調節可能なフロントスクリーンは大型タイプになり高速走行時の防風性が向上。
  •  

  • フロントインナーボックス内にUSBソケット(Type-A)を標準装備。
  •  

  • 車体色は、「マットダリアレッドメタリック」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールスモーキーグレー」の全3色の設定となった。

 

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ADV150 134kg | 11kW/6500rpm | 14N・m/6500rpm
ADV160 136kg | 12kW/8500rpm | 15N・m/6500rpm

 

 

●シート高
ADV150 795mm
ADV160 780mm

 

 

●タンク容量
ADV150 8L
ADV160 8.1L

 

●燃費WMTCモード値
ADV150 44.1km/L
ADV160 42.5km/L

 

●航続距離
ADV150 8L × 44.1km/L =352.8km
ADV160  8.1L × 42.5km/L =344.25km

 

 

メットインスペースの容量は、
ADV150(型式 2BK-KF38)が27リットル。
ADV160(型式 8BK-KF54)が29リットル。

 

 

ADV150とADV160の定価の差は22000円。

 

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト