スーパーカブ90とスーパーカブ110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スーパーカブ90とスーパーカブ110の違いを比較

 

ホンダ スーパーカブ90の歴史

1964年10月に「スーパーカブCM90」が新登場。
1966年1に「スーパーカブCM90」が発売。型式は、C90
1968年8月20日に「スーパーカブCM90」をフルモデルチェンジ。
ポジションライトなどの新設で安全性、豊富な装備による美用性をさらに追求。
1968年9月20日に「スーパーカブCM90」のセル付き仕様を追加。
1971年1月7日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。型式は、C90E
ポジションライトとサイドリフレクターに加えて、前後輪どちらの制動でも点灯するブレーキランプを装備。また、「スーパーカブCM90 Deluxe セル付」をタイプ追加。
1976年4月1日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Deluxe」、「スーパーカブCM90 DX」、「スーパーカブCM90 スタンダード」を発売。型式は、C90
自動車騒音規制、二輪自動車用タイヤのJIS規格新設に対応。
1980年3月1日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Deluxe」、「スーパーカブCM90 Deluxeセル付」を発売。型式は、HA02
新設計の85ccエンジンを搭載。低中速域での扱いやすさを一段と向上。スムーズな変速操作ができるシフトパターンの採用。軽くスムーズなフィーリングの巻取式スロットルグリップなど各部を改良。
1981年2月18日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Deluxe」、「スーパーカブCM90 Deluxeセル付」を発売。
燃費と扱いやすさを向上。
1982年4月12日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Deluxe」、「スーパーカブCM90 SDX」、「スーパーカブCM90 SDXセル付」を発売。
燃費(75km/L→80km/L)と出力(6.8PS→7.0PS)を向上。セル無しのデラックス、ウインカー電子ブザーと角型ミラー&ヘッドライト&ウインカーランプのSDX(セルなし、セル付き)の3タイプとなった。
1986年7月18日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。

ハロゲンヘッドライト、12Vのメンテナンスフリーバッテリー、燃料タンク上部にキー付きタンクキャップ、大型リアキャリア(カスタムを除く)した。
SDX系はカスタムへと独立し、ここからモデル終了までスーパーカブ90デラックス(丸目)とスーパーカブ90カスタム(角目・セル付き)の2タイプ設定となった。
1991年10月22日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
左側バックミラーを標準装備(デラックス)するなど、細部を変更して発売。Customは、セル・キック併用。
1993年4月20日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
新たに新デザインの円形ウインカーレンズを採用(カスタムを除く)、深みのある車体色を引き立たせるエンブレムを配するなど、細部を改良した。Customは、セル・キック併用。
1995年2月10日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
シート底板の材質をスチールから樹脂製とし防錆化、センタースタンドの形状を変更しスタンド掛けを容易にした。左右のサイドカバー部のエンブレムを立体に変更し、シート下側車体両サイドのストライプを変更。Customは、セル・キック併用。
1996年12月17日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
パンクの防止に優れた効果を発揮する、タフアップ(TUFFUP)チューブを標準装備。Customは、セル・キック併用。
1998年12月19日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
マフラーガードを新採用。フロントブレーキ・ドラム径をサイズアップさせ制動力を向上。Customは、セル・キック併用。
2000年9月14日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。型式は、BC-HA02
キャブレターのセッティング変更などで、国内の排出ガス規制に適合。Customは、セル・キック併用。
2002年2月13日にマイナーチェンジして「スーパーカブCM90 Custom」、「スーパーカブCM90 Deluxe」を発売。
トップカバーエンブレム、ボディーステッカーを一新。盗難抑止システムとして別売のアラームキットが装着できるプレワイヤリングを装備。Customは、セル・キック併用。

 

 

ホンダ スーパーカブ110の歴史

2009年6月19日に新登場。型式は、EBJ-JA07
車体色は、コスタブルーとアバグリーンの2色の設定。
2010年2月18日にカラーを追加。
車体色に新色のコルチナホワイトを追加。従来色とあわせて3色の設定。
2010年8月20日にカラーを追加
車体色にカラフルなツートーンシートを採用した新色2色(プコブルーR、バージンベージュR)を追加。従来色の3色とあわせて5色の設定。
2012年3月16日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JA10
ニューベーシックカブをコンセプトに従来モデルより実用性や経済性、快適性、デザイン、リーズナブルな価格を目指した。生産は、日本から中国に変更。車体色は、スマートブルーメタリック、パールシルキーホワイト、パールバリュアブルブルー、バージンベージュ、パールプロキオンブラックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA07」と「EBJ-JA10」の違い
2017年11月10日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JA44
排出ガス規制(平成28年)への対応。ボディーデザインは、オリジナルの“カブスタイル”への回帰といえそうな滑らかな曲面で構成されたボディーラインと丸目ヘッドライト。LED化もされた。生産は、再び日本国内(熊本製作所)となる。車体色は、グリントウェーブブルーメタリック、クラシカルホワイト、バージンベージュ、タスマニアグリーンメタリック、アーベインデニムブルーメタリックの5色の設定。
スーパーカブ110の「EBJ-JA10」と「2BJ-JA44」の違い
2018年11月22日に「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を受注期間限定で発売。
車体色に鮮やかなマグナレッド、バージンベージュのレッグシールドとサイドカバーを採用。より高級感のあるツートーンシートとブラック塗装を施したリアキャリア。メーターを縁取るリングとフロントカバーのエンブレムにクロームメッキ、サイドカバーとキーに60周年を記念した専用エンブレムを採用。
2019年3月15日に「スーパーカブ110・ストリート」を受注期間限定で発売。
車体色は、淡い色合いの2色(ボニーブルー、ハーベストベージュ)の設定。レッグシールドも車体色と同色とし、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースにブラックの配色を取り入れた。また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングにクロームメッキを採用。白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーに、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化した図案などをあしらった。

 

 

ここでは、
2002年2月13日発売のホンダ スーパーカブ90(BC-HA02)と
2009年6月19日発売のホンダ スーパーカブ110(EBJ-JA07)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

スーパーカブ 90 Deluxe

スーパーカブ110

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BC-HA02

EBJ-JA07

発売日

2002年2月13日

2009年6月19日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1805

1830

全幅 (mm)

660

710

全高 (mm)

1015

1040

ホイールベース (mm)

1175

1190

最低地上高(mm)

135

140

シート高 (mm)

735

735

乾燥重量 (kg)

82

-

車両重量 (kg)

86

93

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

60

63.5

原動機型式

HA02E

JA07E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

85

109

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

47

50

行程(ピストンストローク)(mm)

49.5

55.6

圧縮比(:1)

9.1

9

最高出力(kW)

5.1

6

最高出力(PS)

7

8.2

最高出力回転数(rpm)

7000

7500

最大トルク(N・m)

7.7

8.4

最大トルク(kgf・m)

0.79

0.86

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PB5KA

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

キックスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YT4L-BS

YTX4L-BS

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.6

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・3段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

4.058

4.058

2次減速比

2.6

2.428

変速比

1速 2.832/2速 1.646/3速 1.044

1速 2.615/2速 1.554/3速 1.136/4速 0.916

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

39

34

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

98

98

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

26°50

トレール量 (mm)

75

77

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

2.50-17

2.25-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

38

33

タイヤ(前)速度記号

L

L

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

2.50-17

2.50-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

43

43

タイヤ(後)速度記号

L

L

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.4

1.4

ホイールリム幅(後)

1.4

1.4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

-

ヘッドライト定格(Hi)

35W/30W

35W/30W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH7

HS5

テールライト定格(制動/尾灯)

18/5W

-

 

スーパーカブ90(BC-HA02)とスーパーカブ110(EBJ-JA07)の比較

 

スーパーカブ90(BC-HA02)とスーパーカブ110(EBJ-JA07)の比較の口コミ

 

 

スーパーカブ110になって新しいエンジンになってるし、フロントサスペンションなどが変更されてるから性能はスーパーカブ110の方がいい。

 

 

スーパーカブ90とスーパーカブ110は、
エンジン、ミッションは全く違うよ。

 

 

スーパーカブ90は、85ccでスーパーカブ110が109cc。スーパーカブ110の方がパワーに余裕があるし、ギアチェンジのショックが少ないから快適。

 

 

最高速は、
スーパーカブ90が90km/h弱。
スーパーカブ110が100km/h弱。

 

 

スーパーカブ90がキャブ。
スーパーカブ110がインジェクション。
始動性やエンジンのツキなんかは、インジェクションの方が良い。

 

 

スーパーカブ90は、3速。
スーパーカブ110は、4速。

 

 

スーパーカブ90ccは、3速セミAT。
スーパーカブ110ccは、4速セミAT。
あとウインカースイッチが
スーパーカブ90は、右手側。
スーパーカブ110は、左手側。
設計やパーツに関しては、互換性がない完全な別モデル。

 

 

スーパーカブ90のメリットは、スーパーカブ50やスーパーカブ70、リトルカブ、プレスカブなどと共通パーツが多いので改造や修理に困らない。耐久性も高い。でも古いから中古でハズレを引くと痛い目にあう。

 

 

フロントサスが、スーパーカブ90がボトムリンク。ブレーキを掛けたらフロントが持ち上がる感じ。スーパーカブ110は、テレスコピック。ブレーキを掛けたらフロントサスが縮む。

 

 

俺は、スーパーカブ90に乗ってたけど、丈夫で良いバイクだけど、不満としては、3速ミッションでスピードが伸びないのとブレーキが弱かったことかな。まあ、カブ自体がそもそもスピード出さないバイクだからスーパーカブ110でも少しマシ程度だけど。

 

 

スーパーカブ110は、フューエルインジェクションだからスムーズで静か。ノーマルで乗るならスーパーカブ110。自分でイジりたいならキャブレターのスーパーカブ90。

 

 

スーパーカブ90とスーパーカブ110の大きな違いは、排気ガス規制に対応したエンジン。スーパーカブ110は、クリーンな排ガスで燃費が良い。だからスーパーカブ90を排気量だけ110ccにした場合とは、全く違う。スーパーカブ110は、加速が速い感じはないけど、スルスルと100km/hぐらいまでは出る。スーパーカブ90は、ギアが3速までしかないのが微妙。ブレーキ性能は、スーパーカブ110の方が良い。

 

 

リアキャリアに互換性はない。
スーパーカブ90は、プレスフレーム。
スーパーカブ110は、パイプフレーム。
スーパーカブ90は、横方向からのボルト止め。
スーパーカブ110は、上からボルト止め。

 

 

燃費は、インジェクションであるスーパーカブ110の方がいい。スーパーカブ90は3速、スーパーカブ110は4速だしスーパーカブ110は、40km/h出してからはオートマ状態で走れるし、スーパーカブ90みたいに詰まった感が少ないから楽。あと60km/h以上で走ることが多い人は、スーパーカブ110にしといたほうがいい。スーパーカブ90は、市街地をメインに人に向いてる。それからサスペンションは、スーパーカブ110の方が格段に良い。

 

 

スーパーカブ90(HA02)乗りだけど、JA07以降のスーパーカブ110は、スーパーカブ90(HA02)より耐久性がかなり劣る。代車でスーパーカブ110(JA07)を借りたけど、ミッションが凄く頼りなかった。それに樹脂パーツが多くなって、見た目が安っぽくなってた。タイヤもスーパーカブ90(HA02)は、タフアップチューブが標準装備で、ちょっとした釘を踏んだとしても、いきなり空気が抜けることがない。たしか現行のスーパーカブ110は、タフアップチューブが装備されてなかったと思う。スポークホイールだからチューブが必要だけど、そのせいで釘を踏むとだいたい一発でパンクするはず。タフアップチューブの弱点は、思いっきりパンクした際にチューブ内に封入されてるスライムが噴出して、修理が面倒なことになる。あと、タフアップチューブは普通のチューブよりかなり重いからスポークホイールのバネ下重量が軽いというメリットが損なわれる。それからエンジンパワーは、上がってた。

 

スーパーカブ90とスーパーカブ110の中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト