ADV150とVストローム250の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ADV150とVストローム250の違いを比較

 

ホンダ ADV150の歴史

2020年2月14日に新登場。型式は、2BK-KF38
ダブルクレードル構造のフレームに、グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。足まわりは、専用設計でフロントサスは、クラス最長の130mmのストローク量。リアサスは、120mmのストローク量とし、放熱効果の高いリザーバータンク付きを採用。ブレーキは、1チャンネルタイプABS +ウェーブディスクを採用。ホイールはフロント12本、リア10本スポークを採用。他にもHonda SMART Keyシステム、エマージェンシーストップシグナル、アイドリングストップシステム、容量27Lのラゲッジボックス、容量2Lでアクセサリーソケット付きのフロントインナーボックスなどを採用。車両重量は、134kg。製造国は、タイ。車体色は、3色(マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。
2021年7月22日に限定カラーを追加。
限定カラー「ロスホワイト」を設定。受注期間は2021年6月11日〜8月31日まで。車体色は、継続色を含めた4色(ロスホワイト、マットメテオライトブラウンメタリック、マットガンパウダーブラックメタリック、ゲイエティーレッド)の設定。
2023年1月26日にADV160が新登場。
ADV150とADV160の違いの比較は、こちら。

 

 

スズキ Vストローム250の歴史

2017年7月6日にVストローム250の国内仕様が新発売。型式は、2BK-DS11A
「Vストローム250」は、デュアルパーパスタイプのオートバイ。車体は同時開発のGSX250Rと共通化しながらも独自の部品を装備する形でデザインされており、乗車ポジションは全体的に高め。フロントは既存のVストロームシリーズをイメージしたものだが、スクリーンと単眼式ヘッドライトは専用品。ハンドルはアップタイプとなりナックルガードを装備、リアにはアルミ製アシストグリップ兼大型キャリアを装備、アンダーガードやセンタースタンドも装備。エンジンは、GSX250Rと同型のものを搭載。液晶メーターもGSX250Rと共通。前後ホイールもGSX250Rと共通でABSは搭載されていない。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2018年10月1日に「Vストローム250 ABS」を発売。
ABSを標準装備したタイプを発売。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2018年10月29日に「Vストローム250」をマイナーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、3色(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー、ダイヤモンドレッドメタリック、パールネブラーブラック)。
2019年8月23日に「Vストローム250」をカラーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリックNo.2、パールネブラーブラック、パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)。
2019年8月26日に「Vストローム250 ABS」をカラーチェンジ。
マフラーカバーを変更。車体色は、4色(パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック、トリトンブルーメタリックNo.2、パールネブラーブラック、パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)。

 

 

ここでは、
2020年2月14日発売のホンダ ADV150(型式 2BK-KF38)と
2019年8月26日発売のスズキ Vストローム250 ABS(型式 2BK-DS11A)
の違いを比較しました。

 

 

ADV150とVストローム250のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ADV150

V-Strom 250 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

2BK-KF38

2BK-DS11A

発売日

2020年2月14日

2019年8月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1960

2150

全幅 (mm)

760

880

全高 (mm)

1150

1295

ホイールベース (mm)

1325

1425

最低地上高(mm)

165

160

シート高 (mm)

795

800

車両重量 (kg)

134

189

最小回転半径(m)

1.9

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.5

39

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

44.1

31.6

原動機型式

KF38E

J517

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

149

248

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

57.3

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

55.2

圧縮比(:1)

10.6

11.5

最高出力(kW)

11

18

最高出力(PS)

15

24

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

14

22

最大トルク(kgf・m)

1.4

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

8

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

436

663

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8K-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTZ8V

YTX9-BS

バッテリー容量

12V-7Ah(10HR)

12V 28.8kC (8Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

-

フットシフト

1次減速比

-

3.238

2次減速比

-

3.357

変速比

-

1速 2.415/2速 1.529/3速 1.180/4速 1.042/5速 0.908/6速 0.806

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

47

チェーンサイズ

-

520

標準チェーンリンク数

-

116

フレーム型式

ダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°30

25°10

トレール量 (mm)

85

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

110/80-14

110/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

53

57

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

66

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有
緊急制動表示灯 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
DCソケット 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

451,000円(消費税抜き本体価格 410,000円)
マットメテオライトブラウンメタリック、
マットガンパウダーブラックメタリック、
ゲイエティーレッド

602,640円(消費税抜き本体価格 558,000円)
パールネブラーブラック×ハイテックシルバーメタリック、
トリトンブルーメタリックNo.2
、パールネブラーブラック、
パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー

販売計画台数(国内・年間)

3,000台

-

生産国

タイ

中国

 

ADV150とVストローム250の違いを比較

 

ADV150とVストローム250の違いを比較

 

 

Vストローム250→高速や長距離が楽!
ADV150→かっこいい!!

 

 

Vストローム250の方が明らかに速いし、荷物が積める。高速ツーリングがメインでADV150買ったら後悔すると思う。

 

 

キャンプ道具積んで遠くまで遊びに行くならVストローム250だね。ADV150の良さは、ヒラッと気軽に乗って出かけられるコンパクトさと素直にカッコイイと感じるスタイルが魅力。

 

 

Vストローム250は、重いんだよな。
ADV150の方がお手軽。

 

 

俺ならVストローム250にする。車体も本格的だし、馬力が倍近くあるし、タンク容量も17リットルあって高速で長距離走るのに余裕を持って走れる。

 

 

俺は、クラッチ無しの方がいい。Vストローム250は、靴が痛むからADV150にした。

 

 

俺は、Vストローム250も検討したけどADV150にして良かった。やっぱりスクーターは便利。

 

 

カントリークロスオーバーは、
Vストローム、Xシリーズなど(オフをオンに寄せたクロスオーバースタイル)

 

アーバンクロスオーバーは、
ADVシリーズ(オンをオフに寄せたクロスオーバースタイル)

 

ドレスアップがうまくいかない人は、ADVをカントリークロスオーバー風にカスタムしてしまってる。あるいは、アーバンクロスオーバーとカントリークロスオーバーを混同してる。

 

 

セカンドならADV150。
1台持ちならVストローム250。

 

ADV150とVストローム250の中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト