ジクサーとGSX-R125の違いの比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ジクサーとGSX-R125の違いの比較

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米向けの車両として先行販売された。
2015年には、フルカウルを装着した SFも発表された。
2017年1月27日に日本向け仕様が正規輸入により発売された。型式は、2BK-NG4BG
車体色は3色(ブルー、パークルブラック、ブラック×レッド)の設定。
2018年6月11日にカラーチェンジ。
車体色は3色(黒×青、赤×銀、黒)の設定。

 

 

スズキ GSX-R125の歴史

2018年1月26日に「GSX-R125 ABS」が新発売。型式は、2BJ-DL33B
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、ブリリアントホワイト、ソリッドブラック)。
2018年9月21日 カラーチェンジ。
車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、ブリリアントホワイト、タイタンブラック)。

 

 

ここでは、
2018年6月11日発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)と
2018年9月21日のスズキ GSX-R125(2BJ-DL33B)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

ジクサー

GSX-R125 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

カラーチェンジ

発売日

2018年6月11日

2018年9月21日

型式

2BK-NG4BG

2BJ-DL33B

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2005

2000

全幅 (mm)

785

700

全高 (mm)

1030

1070

軸間距離 (mm)

1330

1300

最低地上高 (mm)

160

160

シート高 (mm)

785

785

車両重量 (kg)

135

134

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

154

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

56

62

行程(ピストンストローク)(mm)

62.9

41.2

圧縮比(:1)

9.8

11

最高出力(kW)

10

11

最高出力(PS)

14

15

最高出力回転数(rpm)

8000

10000

最大トルク(N・m)

14

11

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

8000

燃料タンク容量 (L)

12

11

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR7EA-9

MR8E-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTZ5L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.85

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

0.95

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.181

3.285

2次減速比

3

3.214

変速比

1速 2.7500/2速 1.7500/3速 1.3000/4速 1.0450/5速 0.8750

1速 2.9230/2速 1.9330/3速 1.4760/4速 1.2170/5速 1.0450/6速 0.9250

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

45

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

132

122

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°45

25°30

トレール量 (mm)

105

93.3

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

58.8

48.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

51

44.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-17

90/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

46

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/60R17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.15

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

HS1

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー小売価格

321,840円

386,640円

 

ジクサーとGSX-R125の違いの比較

 

左がジクサー 右がGSX-R125
ジクサーとGSX-R125の装備の比較

 

ジクサーとGSX-R125の比較の口コミ

 

 

GSX-R125のABS標準装備は、羨ましいけど、高速乗りたいからジクサーに買おうと思ってる。

 

 

ジクサーは100km/hぐらいまでなら一般的な250ccとたいして変わらないし、GSX-R125より速い。でも高回転域の100km/h以上では、GSX-R125が少し上かな。高回転を使う走りが好きならGSX-R125の方が向いてる。ただし、低中速トルクが強く軽量な車種の方が普段遣いでは、速いよ。

 

 

ジクサーは、実用一般道で楽しい。
GSX-R125は、回せなるとこじゃないとパワーも楽しさもいまいち。

 

 

ジクサー150とgsx125の富士スピードウェイでの最高速アタック。
公表スペック通りだよなーという感じ
SUZUKI GSX-R125で梅本まどかが最高速チャレンジ!

GIXXER150SF 富士スピードウェイ最高速アタック!MAXZONEmini2016

 

●GSX-R125
水冷134kgABS有り15馬力1.1トルク
●ジクサー
空冷135kgABS無し14馬力1.4トルク
でもジクサーは、高速道路で耐えられる車体剛性がある。

 

 

体が大きい人が乗るには、ジクサーの方が違和感ない。でかい人がGSX-R125に乗ると明らかにバイクが小さく見える。

 

 

2019年6月に同じバイク店の
自賠責5年付きの乗り出し価格が
GSX-R125が383,350円。
ジクサーが317,980円。

 

GSX-R125は、水冷DOHCでABSついてるからどうしてもジクサーよりは高くなる。

 

 

GSX-R125は、6速で10000rpm超えたらジクサーより速い。

 

 

GSX-R125は、ぱっと見で横から見たらジクサーに似てるけど、エンジン回りが水冷で高級感があるね。

 

 

最高速重視ならGSX-R125にすればいい。俺は、まったり派でたまに高速走るからジクサーにした。

 

ジクサーとGSX-R125の買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト