トリシティ155とトリシティ300の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

トリシティ155とトリシティ300の違いを比較

 

ヤマハ トリシティ155 ABSの歴史

2017年1月20日に新登場。型式は、 2BK-SG37J
エンジンは、NMAX155同様のVVA(可変バルブ機構)付き「BLUECORE」エンジンを搭載。車体もエンジンに合わせて改良され、後輪はサイズが13インチにアップ。ABS標準装備で別構造でパーキングブレーキを追加。ヘッドライトはLEDとなった。生産は、タイ。車体色は、3色(マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、マットブラック2、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月20日にマイナーチェンジ。
従来モデルよりシート高が約15mm低く、フィット感に優れたシートを新たに採用。車体色は、3色(マットグレーメタリック3(新色)、マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1、ホワイトメタリック6)。
2020年5月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブルーイッシュグレーソリッド4(新色)、マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6)。

 

 

ヤマハ トリシティ300 ABSの歴史

2020年9月30日に「トリシティ300」が新登場。型式は、 2BL-SH15J
水冷4ストロークSOHC単気筒4バルブ・292cm3のBLUE COREエンジンを搭載。LMWアッカーマン・ジオメトリ、スタンディングアシスト、専用開発タイヤ、45L大容量シート下トランク、スマートキーシステムなどを採用。車体色は、3色(ブルーイッシュグレーソリッド4、マットグレーメタリック6、マットダークグレーメタリックA)。

 

 

ここでは、
2020年5月15日発売のヤマハ トリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)と
2020年9月30日発売のヤマハ トリシティ300 ABS(型式 2BL-SH15J)
の違いを比較しました。

 

 

トリシティ155とトリシティ300のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

トリシティ155 ABS

トリシティ300 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BK-SG37J

2BL-SH15J

発売日

2020年5月15日

2020年9月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2250

全幅 (mm)

750

815

全高 (mm)

1210

1470

ホイールベース (mm)

1350

1595

最低地上高(mm)

165

130

シート高 (mm)

765

795

車両重量 (kg)

165

237

最小回転半径(m)

2.5

3.2

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43.4

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

41.7

31.5

原動機型式

G3G9E

H344E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

155

292

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

58

70

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

75.9

圧縮比(:1)

10.5

10.9

最高出力(kW)

11

21

最高出力(PS)

15

29

最高出力回転数(rpm)

8000

7250

最大トルク(N・m)

14

29

最大トルク(kgf・m)

1.4

3

最大トルク回転数(rpm)

6000

5750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.2

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

YTZ8V

バッテリー容量

6.0Ah 10HR

12V-7.0Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

セミ・ドライサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.6

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

10.208

7.589

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

20°00

20°00

トレール量 (mm)

67

68

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントホイールトラベル(mm)

-

100

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

リアホイールトラベル(mm)

-

84

タイヤ(前)

90/80-14

120/70-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

43

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

140/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
可変バルブ機構 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

484,000円(本体価格440,000円/消費税44,000円)
ブルーイッシュグレーソリッド4
ホワイトメタリック6
マットグレーメタリック3

957,000円(本体価格 870,000円/消費税 87,000円)
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
マットグレーメタリック6(マットグレー)
マットダークグレーメタリックA

販売計画

1,200台

400台

 

トリシティ155とトリシティ300の違いを比較
トリシティ155とトリシティ300の外観のサイドの違いを比較

 

 

左がトリシティ155 ABS(型式 2BK-SG37J)
右がトリシティ300 ABS(型式 2BL-SH15J)
トリシティ155とトリシティ300の違い

 

トリシティ155とトリシティ300の装備の違いを比較

 

トリシティ155とトリシティ300の違いを比較

 

 

トリシティ155とトリシティ300のスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
トリシティ155 ABS → トリシティ300 ABS

 

●発売日
2020年5月15日 → 2020年9月30日

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → 新登場

 

●型式
2BK-SG37J → 2BL-SH15J

 

●全長 (mm)
1980 → 2250

 

●全幅 (mm)
750 → 815

 

●全高 (mm)
1210 → 1470

 

●ホイールベース (mm)
1350 → 1595

 

●最低地上高(mm)
165 → 130

 

●シート高 (mm)
765 → 795

 

●車両重量 (kg)
165 → 237

 

●最小回転半径(m)
2.5 → 3.2

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
43.4 → 38.4

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
41.7 → 31.5

 

●原動機型式
G3G9E → H344E

 

●排気量 (cc)
155 → 292

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
58 → 70

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
58.7 → 75.9

 

●圧縮比(:1)
10.5 → 10.9

 

●最高出力(kW)
11 → 21

 

●最高出力(PS)
15 → 29

 

●最高出力回転数(rpm)
8000 → 7250

 

●最大トルク(N・m)
14 → 29

 

●最大トルク(kgf・m)
1.4 → 3

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 5750

 

●燃料タンク容量 (L)
7.2 → 13

 

●点火プラグ標準搭載・型式
CPR8EA-9 → LMAR8A-9

 

●搭載バッテリー・型式
YTZ7V → YTZ8V

 

●バッテリー容量
6.0Ah 10HR → 7.0Ah(10HR)

 

●エンジン潤滑方式
ウェットサンプ式 → セミ・ドライサンプ式

 

●エンジンオイル容量※全容量 (L)
1 → 1.7

 

●エンジンオイル量(オイル交換時) (L)
0.9 → 1.5

 

●2次減速比
10.208 → 7.589

 

●フレーム型式
アンダーボーン → バックボーン

 

●トレール量 (mm)
67 → 68

 

●ブレーキ形式(前)
油圧式ディスク → 油圧式ダブルディスク

 

●タイヤ(前)
90/80-14 → 120/70-14

 

●タイヤ(前)荷重指数
43 → 55

 

●タイヤ(後)
130/70-13 → 140/70-14

 

●タイヤ(後)荷重指数
57 → 62

 

●メーカー希望小売価格/カラーバリエーション
484,000円 → 957,000円

 

●販売計画
1,200台 → 400台

 

 

トリシティ155とトリシティ300は、大きさも維持費も価格も全然違う

 

 

通勤用なら車重165kgのトリシティ155の方がいい。通勤で237kgは重すぎ。

 

 

トリシティ300は、バイパスを使う中長距離の通勤や、ツーリングで乗る人におすすめ。

 

 

トリシティ300は、一般的には売れにくいと思う。トリシティ155と比べて、重量が72kgも重いし、足つきも悪いし、値段が倍近くする。さらに排気量292ccだから車検もある。全く別物。

 

 

トリシティ300は、チルトロックアシストシステム(スタンディングアシストシステム)が採用された。これは、左側グリップのスイッチを操作し、停車時に車両を自立させるシステムで車体が直立状態のまま固定されるので、足で支える必要がなくなる。だから足付きが悪くても停車中に足を着く必要がないので問題ない。

 

 

トリシティ155を乗ってるが、これでも取り回しが重い。重心が高いからか、取り回し中に何度も倒しそうになる。トリシティ300は、体格が大きい欧州人向けのバイクのイメージ。

 

 

シート下トランクは、
トリシティ155が容量23.5リットル。
トリシティ300が容量45リットル。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト