PCX150 NMAX155 マジェスティSを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCX150 NMAX155 マジェスティSを比較

 

ホンダ PCX150

2012年6月7日に新登場。型式は、JBK-KF12
車体色は、2色(パールヒマラヤズホワイト、ミレニアムレッド)の設定
2013年1月17日にカラーの追加。
車体色に新色(マットガンパウダーブラックメタリック)が追加され、継続色2色(ホワイト、レッド)と合わせて全3色の設定。
2014年5月16日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-KF18
全灯火器にLEDが採用されたり新設計のフロント・リアカウルを採用されたり、燃料タンク容量が増えるなどしました。車体色は、全て新色の3色(マットテクノシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCX150のKF12とKF18の詳しい違いはこちら。
2015年5月22日にカラーの追加。
車体色に新色(キャンディーノーブルレッド)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
2016年4月22日にカラーチェンジと「PCX150 Special Edition」の発売。
車体色に新色(パールダークアッシュブルー)が追加され、継続色3色(パールホワイト、ブラック、マットシルバー)と合わせて全4色の設定。
「PCX150 Special Edition」は、白or黒の車体色をベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤でアクセントをつけた受注期間限定モデル。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色に新色3色(クリッパーイエロー、キャンディーロージーレッド(ツートーン)、ポセイドンブラックメタリック(ツートーン))を追加、継続色3色(パールホワイト、ブラック、ダークブルー)と合わせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-KF30
エンジンは、eSPの仕様を変更し、耐久性、静粛性、燃費性能が向上。フレームが新設計のダブルクレードルタイプへ変更。フロントの顔回りの変更。ワイド化されたタイヤ、スマートキーの採用などの変更が行われた。PCX150は、ABS仕様も選択できるようになった。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。

PCX150のKF18とKF30の違いはこちら

 

ヤマハ NMAX155の歴史

2017年4月25日に「NMAX155」が新登場。型式は、2BK-SG50J
車体色は、3色(マットレッド、マットグレー、ホワイト)。
2018年3月20日に「NMAX155 ABS」をカラーチェンジして発売。
新色は、「マットブラック2(マットブラック)」と「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」の2色。継続色の「ホワイト」と合わせて3色の設定。ABSは、元から付いてるが名称が「NMAX155」から「NMAX155 ABS」に変更。
2019年4月30日に「NMAX155 ABS」をカラーチェンジして発売。
新色は、「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」の2色。継続色の「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」と合わせて3色の設定。

 

ヤマハ マジェスティSの歴史

2013年10月30日に新登場。型式は、JBK-SG28J
車体色は4色(ホワイト、ブラック、マットチタン、レッド)。
2015年9月10日にマイナーチェンジとSPシリーズの設定。
2016年モデルの主な変更点は、クッション厚を増加した柔らかいタンデムシートを採用、快適な乗り心地を実現する前後サスペンション、ポジションランプの質感向上(LED片側6個→10個へ、レンズカット織り込み)などを施した。車体色には、新色の「ディープレッドメタリックK(レッド)」を追加。継続色2色(ホワイト、ブラック)とあわせて3色の設定。
SPシリーズは、ツートン塗装の「マットチタン1(マットチタン)」と「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(パープル)」の2色。追加装備は、前後ブレーキにレッドキャリパーを採用、メッキ処理のハンドルバーエンド、サテンクロームのエンブレム、ブラック塗装テールライトエクステンション、リアホワイトサスペンションの採用など。
2015年11月10日に特別・限定仕様「60th Anniversary」を発売。
「60th Anniversary」は、1970年代から80年代の北米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現するスピードブロックをデザイン。車体色は、「ビビッドイエローソリッド2」(イエロー)の1色。
2017年2月10日に特別・限定仕様「MAJESTY S SPECIAL EDITION」を発売。
「SPECIAL EDITION」の標準モデルとの違いは、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー、「SPECIAL EDITION」専用エンブレム、精悍なゴールドキャリパーなどを追加。車体色は「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)の1色。
2018年2月26日にマイナーチェンジして発売。型式は、2BK-SG52J
2018年モデルの主な変更点は、LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用によって精悍なフロントフェイスにデザインを一新、フロントポケットに12V DC電源ジャックの採用。車体色は、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色(ホワイト、マットダークグレー、ブラック、ブルー)を設定。

 

 

ここでは、
2018年4月6日発売のホンダ PCX150 ABS(2BK-KF30)と
2018年3月20日発売のヤマハ NMAX155(2BK-SG50J)と
2018年1月25日発売のヤマハ マジェスティS(2BK-SG52J)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

PCX150 ABS

NMAX 155 ABS

マジェスティS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

カラーチェンジ

マイナーチェンジ

発売日

2018年4月20日

2018年3月20日

2018年1月25日

型式

2BK-KF30

2BK-SG50J

2BK-SG52J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1925

1955

2030

全幅 (mm)

745

740

715

全高 (mm)

1105

1115

1115

軸間距離 (mm)

1315

1350

1405

最低地上高 (mm)

137

135

90

シート高 (mm)

764

765

795

車両重量 (kg)

131

128

145

乗車定員(名)

2

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

149

155

155

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

57.3

58

58

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

58.7

58.7

圧縮比(:1)

10.6

10.5

11

最高出力(kW)

11

11

11

最高出力(PS)

15

15

15

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

7500

最大トルク(N・m)

14

14

14

最大トルク(kgf・m)

1.4

1.4

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

8

6.6

7.4

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8K-9

CPR8EA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ7V

GT7B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.9

0.95

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1

1

2次減速比

-

10.208

8.787

フレーム型式

ダブルクレードル

バックボーン

バックボーン

キャスター角

27°

26°

26°

トレール量 (mm)

85

92

82

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52.9

49.9

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

46

41.7

37.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

100/80-14

110/70-13

120/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

48

53

タイヤ(前)速度記号

P

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

MT

ホイールリム幅(後)

-

3.5

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

-

テールライトタイプ

LED

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有

DCソケット 有

メーカー小売価格

395,280円※ABS無しなら373,680円

378,000円

372,600円

 

PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155(2BK-SG50J)とマジェスティS(2BK-SG52J)の比較
左からPCX150 ABS(2BK-KF30) → NMAX155(2BK-SG50J) → マジェスティS(2BK-SG52J)
PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155(2BK-SG50J)とマジェスティS(2BK-SG52J)の装備の比較

 

PCX150 ABS(2BK-KF30)とNMAX155(2BK-SG50J)とマジェスティS(2BK-SG52J)の比較の口コミ

 

 

足が一番伸ばせるのは、NMAX。
ポジションが一番窮屈なのは、マジェスティS。

 

 

マジェスティSだけ、足元に荷物が置ける。
急に大きな荷物を載せなきゃいけない時に便利。

 

 

マジェスティSだけABS付きがない。
エンジンもNMAXのブルーコアやPCXのeSPと比べると古いし。

 

 

マジェスティSだけタコメーターついてる。

 

 

俺は、PCX150とNMAX155とマジェスティSで悩んでPCX150にした。通勤で使うから燃費の良さや、タンク容量の大きさやエンジンの静かさが他の2車種より良かったから決めた。あとスマートキーが凄く便利。アイドリングストップは、要らないけど。

 

 

●車両重量と馬力
PCX150 ABS  131kg 15PS/8500rpm
NMAX155 ABS 128kg 15PS/8000rpm
マジェスティS 145kg 15PS/7500rpm

 

 

NMAX155は、VVA(可変バルブ機構)4バルブのブル−コアエンジンで、3台の中で唯一前後ABSが装備されてる。0〜80km/h到達のダッシュ力は、3台の中では1番速いと思う。

 

 

走りの楽しさを求めるならNMAX155かな。マジェスティSも速いけどポジションが微妙。PCXは、静かで快適に走るのに向いてる。

 

 

この3車種では、NMAX155だけDCジャックがないね。まあ後から付ければいいけど。

 

 

PCX150の良さは、燃費の良さ、タンク容量、静かなでスムーズなエンジン、豪華な装備。悪さは、優秀だけど面白さがないのこと、乗ってる人が多すぎること、盗難のリスクが高いことかな。マジェスティSの良さは、よく走ること、メットインが広いこと、フラットフロアがあること。悪さは、ポジションの窮屈さと燃費の悪さ。NMAX155の良さは、走ってて楽しいこと、足伸ばせること、フレームや足回りがしっかりしてること。悪さは、メットインが小さいこと、ハザードがないこと、ライトの照射範囲が狭いこと、ハンドルのカバーがじゃまでナビとか付けにくいこと、特殊なバッテリーやリアがディスクブレーキで維持費が高いこと。

 

 

●タンク容量
PCX150 ABS  8L
NMAX155 ABS 6.6L
マジェスティS 7.4L

 

●燃費WMTCモード値
PCX150 ABS  46km/L
NMAX155 ABS 41.7km/L
マジェスティS 37.5km/L

 

●航続距離
PCX150 ABS  8L × 46km/L =368km
NMAX155 ABS 6.6L × 41.7km/L =275.22km
マジェスティS 7.4L × 37.5km/L =277.5km

 

 

俺は、マジェスティSにした。パワフルだし、シート下トランクが広いし、ハンドル幅が押さえられてるから、すり抜けも楽。通勤・買い物で使うならおすすめ。

 

 

メットイン容量は、
PCX150 28L。
NMAX155 24L。
マジェスティS 32L。
収納面では、マジェスティSが一番いいね。足元にも荷物置けるし、コンビニフックもマジェスティSだけついてる。

 

 

収納面は、あとからどうにでもなるから気にしなくていいと思うよ。
リアボックス付ければいいし、コンビニフックもCGCのヘルメットロック付ければ、コンビニフック代わりに使えるし。

 

 

マジェスティSが一番給油しやすい。
給油口の位置がいい。

 

 

●2019年時点のメーカー小売価格
PCX150   373,680円
PCX150 ABS  395,280円
NMAX155 ABS 378,000円
マジェスティS 372,600円
●2019年11月4日時点の同じバイクショップの乗り出し価格(自賠責3年)
PCX150 405,960円
PCX150 ABS  425,960円
NMAX155 ABS 360,960円
マジェスティS 367,960円

 

 

●2018年度126-250cc販売台数TOP10
第1位 レブル250(-Since2017-) 販売台数5236台
第2位 PCX150(-Since2018-) 販売台数4206台
第3位 CBR250RR(-Since2017-) 販売台数3607台
第4位 YZF-R25/MT-25(-Since2018-) 販売台数3501台 ※14年-モデルは763台
第5位 マジェスティS(-Since2018-) 販売台数3223台
第6位 XMAX(-Since2018-) 販売台数2893台
第7位 Ninja250(-Since2018-) 販売台数2335台
第8位 V-STROM250(-Since2017-) 販売台数2305台
第9位 FORZA(-Since2018-) 販売台数2198台
第10位 GSX250R(-Since2017-) 販売台数1984台

 

PCX150とNMAX155とマジェスティSの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト