タクトとリード125の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

タクトとリード125の違いを比較

 

ホンダ タクトの歴史

2015年1月23日に「タクト」が新発売。型式は、JBH-AF75
タクトの8代目モデル。原付スクーター市場の再活性化を目指すため、ネーミングを復活させたモデル。JBH-AF74型ダンクと基本コンポーネンツを共用する姉妹車。eSPのエンジンを採用。製造はベトナム。車体色は、全3色(キャンディーノーブルレッド、パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)の設定。
2016年2月12日にカラーチェンジ。生産をベトナムから熊本製作所に移管。型式は、JBH-AF79
車体色は、新色2色(クラシカルホワイト、マホガニーブラウンメタリック)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全3色の設定。
2017年10月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BH-AF79
平成28年排出ガス規制対応とカラーチェンジ。車体色は、新色1色(ヘビーグレーメタリック-U)と継続色1色(キャンディーノーブルレッド)の全2色の設定。
タクトの「JBH-AF79」と「2BH-AF79」の違いはこちら。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
車体色は、新色1色(マットバリスティックブラックメタリック)と継続色1色(へビーグレーメタリック-U)の全2色の設定。
2021年11月25日にカラーチェンジ。
車体色は、新色1色(デジタルシルバーメタリック)の設定。

 

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
これが5代目リード。ベトナムの現地法人法人ホンダ・ベトナム・カンパニー・リミテッドが製造販売するLEAD125を正規輸入し販売。エンジンは、125cc水冷単気筒のグローバルエンジン「eSP」を搭載。ACGスターター・アイドリングストップシステムを装備。タイヤは、フロント12インチ、リア10インチを採用。メットイン容量は、37L。リアキャリアは、シートの高さと同一面に設定し、シート後部を荷台の一部として活用できる設計。折りたたみできるバッグホルダーやワンタッチで開閉できるフロントインナーボックスを装備。尾灯とポジションランプは、LED電球を使用。車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
4代目リードと5代目リード125の違いを比較は、こちら。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
リード125の2015年6月18日のマイナーチェンジでの変更点はこちら
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
平成28年排ガス規制に対応。ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックス内に12Vの電源ソケットが設けられた。フロアステップの後部で左右計で30mmの絞り込みを行い、足つき性を向上。アルミホイールのスポークが5本から10本に変更。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。
2019年10月1日にカラーチェンジ。

車体色は、単色がキャンディラスターレッド(新色)、ランベントシルバーメタリック、パールメタロイドホワイトの3色。ツートーンがパールダークアッシュブルー(新色)、ポセイドンブラックメタリック(新色)、パールメタロイドホワイトの3色の全6色の設定。またフロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更。
2020年1月17日に受注期間限定カラーリングモデルを発売。
車体色は、マットブラックをベースに赤いロゴとエンブレムをあしらいリアキャリアやマフラープロテクターにマットグレーを採用。
2022年3月28日にマイナーチェンジ。型式は、8BJ-JK12
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。環境対応型エンジン「eSP+」を採用。「Honda SMART Keyシステム」を搭載。スマートフォンなどの充電が可能なUSBタイプCソケットを採用。車体色は、4色(マットテクノシルバーメタリック、パールジャスミンホワイト、パールダークアッシュブルー2、ポセイドンブラックメタリック)。
リード125の「型式 2BJ-JF45」と「型式 8BJ-JK12」の違いは、こちら

 

 

 

ここでは、
2017年10月17日発売のタクト(型式 2BH-AF79)と
2017年12月8日発売のホンダ リード125(型式 2BJ-JF45)
の違いを比較しました。

 

 

タクトとリード125ののスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

タクト

リード125

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

2BH-AF79

2BJ-JF45

発売日

2017年10月17日

2017年12月8日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1840

全幅 (mm)

670

680

全高 (mm)

1035

1130

ホイールベース (mm)

1180

1275

最低地上高(mm)

105

140

シート高 (mm)

720

760

車両重量 (kg)

79

114

最小回転半径(m)

1.8

2

乗車定員(名)

1

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

80(30km/h走行時)

52.2(60km/h走行時)

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

58.4(30km/h走行時)

50(60km/h走行時)

原動機型式

AF74E

JF45E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

124

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

39.5

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

40.2

57.9

圧縮比(:1)

12

11

最高出力(kW)

3.3

8.3

最高出力(PS)

4.5

11

最高出力回転数(rpm)

8000

8500

最大トルク(N・m)

4.1

11

最大トルク(kgf・m)

0.42

1.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

4.5

6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

360

313.2

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ6V

GTZ8V

バッテリー容量

-

12V-7Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.7

0.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.65

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

-

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

-

自動変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°30

26°30

トレール量 (mm)

75

75

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

-

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

80/100-10

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

46

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

80/100-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

46

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

2.5

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

2.15

2.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

LED

テールライトタイプ

-

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アイドリングストップ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

178,200円(消費税抜き本体価格 165,000円)
ヘビーグレーメタリック-U、
キャンディーノーブルレッド

309,960円(消費税抜き本体価格287,000円)
ランベントシルバーメタリック、
ポセイドンブラックメタリック、
パールメタロイドホワイト

313,200円(消費税抜き本体価格290,000円)
キャンディラスターレッド(ツートーン)、
エグザルテッドブルーメタリック(ツートーン)、
パールメタロイドホワイト(ツートーン)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計 29,000台
(タクトとタクトベーシックの合計)※タクトとタクトベーシックの年間販売計画台数の推移は、こちら。

7,000台
リード125の年間販売計画台数の推移は、こちら。

生産国

日本

ベトナム

 

タクトとリード125の違いを比較

 

タクトとリード125の違いを比較

 

620: 2020/06/2522:16:28.938KZkO0uP

 

タクトと新型リード125を持ってる。

 

●タクトがリード125より優れてるところ
・軽くて小さい。
・燃費が凄く良い。
・リード125より非力だからタイヤ交換サイクルが長い。
・前カゴを付けられる。
・シート高が低いから背が低くても問題ない。
・地域によるが50ccだけ停められる駐輪場がある。
●タクトがリード125に劣ってるところ
・加速が悪い。
・走行安定性が悪く横風に弱い。
・煩いし、乗り心地も悪い。
・シート下スペースが狭いし、USB充電もない。
・ブレーキが効かない。
・車に煽られやすい。
・バイパスなどで50ccは通れない道がある
・ヘッドライトとテールランプがLEDではない。定期的に交換費用がかかるので純正ヘッドライトの交換費用が高め。

 

 

二輪免許を取得してタクトからリード125に乗り換えて1ヶ月経ったけど街乗り最強マシンなのを実感させられてる。

 

 

49ccのタクトは、4.5馬力しかないし、最高速も60km/hしかでない。
124ccのリード125は、11馬力あるし、最高速は、110km/h弱でる。 

 

タクトとリード125の中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト