レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」の違いを比較

 

スズキ レッツ4の歴史

2004年10月16日に「レッツ4」と「レッツ4G」が新登場。型式は、BA-CA41A
エンジンは4ストロークエンジンを搭載。ミクニがスズキと共同で開発したディスチャージポンプ式フューエルインジェクションを装備。「レッツ4G」は、レッツ4をベースにハンドルロックと同時にアラームがセットできる盗難抑止アラーム、燃料計、リアキャリアを標準装備。
2005年4月に「レッツ4G」にカラーを追加
2005年11月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。
2007年1月30日に「レッツ4」と「レッツ4G」をカラーチェンジ。
2007年9月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA45A
触媒付きマフラーを装着し、平成18年自動車排出ガス規制に対応。
レッツ4の「BA-CA41A」と「JBH-CA45A」の違いの比較は、こちら。
2007年12月1日に「レッツ4」の限定カラーを発売。
2008年4月に「レッツ4」にカラーを追加
2009年4月に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ
2009年11月に「レッツ4」にカラーを追加
2010年11月1日に「レッツ4」と「レッツ4G」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-CA46A
エンジンをレッツ5と統合。リアキャリアを標準装備。ヘルメットボックス内のインナーマットを廃止。
2011年5月24日に「レッツ4」をマイナーチェンジ。
レッツ4バスケットで採用の大型グリップ付きのリアキャリアに変更。スピードメーターパネルのデザインを変更。

2011年12月9日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2012年4月25日に「レッツ4」の特別・限定仕様を発売。
特別色の明るい色合いのオーキッドピンクとネーブルオレンジを設定。
2012年12月19日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2013年4月に「レッツ4」の特別・限定仕様を発売。
特別色のスウィートブラウンNo.2とグラスバーナードレッドNo.2の2色を設定。
2013年12月19日に「レッツ4」をカラーチェンジ
2015年3月に新型レッツと入れ替わる形で生産終了を公表。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2009年4月発売のスズキ レッツ4(JBH-CA45A)と
2010年11月1日発売のスズキ レッツ4(JBH-CA46A)
の違いを比較しました。

 

 

レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

レッツ4

レッツ4

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBH-CA45A

JBH-CA46A

発売日

2009年4月

2010年11月1日

全長 (mm)

1665

1665

全幅 (mm)

600

600

全高 (mm)

985

985

ホイールベース (mm)

1150

1150

最低地上高(mm)

105

105

シート高 (mm)

685

685

車両重量 (kg)

67

68

最小回転半径(m)

-

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

77

73

原動機型式

A404

A404

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

39

39

行程(ピストンストローク)(mm)

41.8

41.8

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

3.7

3.3

最高出力(PS)

5

4.5

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

4.5

3.9

最大トルク(kgf・m)

0.46

0.4

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

4.5

4.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR6HSA

搭載バッテリー・型式

FT4L-BS

FT4L-BS

バッテリー容量

12V-3Ah

12V-3Ah

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.7

0.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

3.5

3.5

2次減速比

3.769

3.769

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25

25

トレール量 (mm)

65

65

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

80/90-10

80/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

35

35

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

80/90-10

80/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

35

35

タイヤ(後)速度記号

J

J

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

1.75

ヘッドライト定格(Hi)

30W

30W

ヘッドライト定格(Lo)

30W

-

テールライト定格(制動/尾灯)

18/5W

18/5W

メーカー希望小売価格

130,200円

134,400円

 

レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」の違いを比較

 

レッツ4の「JBH-CA45A」と「JBH-CA46A」の違いを比較

 

 

2010年11月1日のマイナーチェンジでの変更点
  • エンジンを「レッツ5」と統合。
  • リヤキャリアを標準装備。
  • ヘルメットボックス内のインナーマットを廃止。
  • ブレーキレバーの表面仕上げ加工をバフ仕上げとした。
  • ロゴデザインを変更。
  • 車体色は、継続色の3色(ミスティックシルバーメタリック、ソリッドブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)に新色のスウィートブラウンを加えて全4色の設定となった。
  • メーカー希望小売価格が130,200円から134,400円にアップ。

 

 

2010年モデルのノーマル仕様(UZ50L0)は、生産を中国でスズキと合弁事業をしている江門市大長江集団有限公司に移管した。しかし2010年11月1日発売の2011年モデルのノーマル仕様(UZ50DL1)は、再び日本国内生産となってリアキャリアが追加され、エンジン出力が4.5psにデチューンされた。

 

マイナーチェンジでのスペックの変更点

 

●型式
JBH-CA45A → JBH-CA46A

 

●発売日
2009年4月 → 2010年11月1日

 

●車両重量 (kg)
67 → 68

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
77 → 73

 

●最高出力(kW)
3.7 → 3.3

 

●最高出力(PS)
5 → 4.5

 

●最大トルク(N・m)
4.5 → 3.9

 

●最大トルク(kgf・m)
0.46 → 0.4

 

●最大トルク回転数(rpm)
6500 → 7000

 

●メーカー希望小売価格
130,200円 → 134,400円

 

 

燃費とパワーが下がって、インナーマットがなくなって4200円アップ。
でもリアキャリアが標準装備になったのは、いいね。

 

 

旧型は、リアキャリアではなくてグリップが付いてる。リアキャリアを使わずにグリップにリアボックスを付けてる人もいるけど、説明書には、グリップに箱をつけないようにって買いてあるから自己責任だね。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト