ビーノとクレアスクーピーの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ビーノとクレアスクーピーの違いを比較

 

ヤマハ ビーノの歴史

1997年3月に「ビーノ」が新登場。型式は、A-5AU
1997年8月1日に「ビーノ」のカラーを追加。
1998年1月に「ビーノ」の特別・限定仕様を発売。
1998年3月に「ビーノクラシック」をタイプ追加。
1998年4月に「ビーノ」をカラーチェンジ。
1998年5月8日に特別・限定仕様の「ビーノハローキティバージョン」を発売。
1998年8月10日に特別・限定仕様の「ビーノスポーツ」をタイプを発売。
1998年12月20日に「ビーノ」をカラーチェンジ。
1999年2月に「ビーノ」にカラーを追加。
1999年2月に「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。
1999年9月1日に「ビーノ」と「ビーノ クラシック」をマイナーチェンジ。また特別・限定仕様の「ビーノスペシャル」を発売。型式は、BB-SA10J
ビーノの「A-5AU」と「BB-SA10J」の違いの比較は、こちら。
2000年1月20日に「ビーノ」と「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。
2001年2月14日に「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。
2002年2月27日に「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。
2003年2月27日に「ビーノ」と「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。

2003年8月22日に「ビーノ クラシック」をカラーチェンジ。
2004年3月29日にフルモデルチェンジして、「ビーノ」と「ビーノ デラックス」が発売。型式は、BA-SA26J
4ストロークエンジンとなり、燃費が向上し、環境対応をはかった。
ビーノの「BB-SA10J」と「BA-SA26J」の違いの比較は、こちら。
2004年8月30日に特別・限定仕様ホワイトバージョンを限定2,000台で発売。
2005年3月25日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」をマイナーチェンジ。また「ビーノ リモコン仕様」をタイプ追加。
カラーリング設定と一部仕様を変更
2006年1月に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」をカラーチェンジ。
2006年7月に特別・限定仕様の「ビーノ デラックスブルースカイバージョン」を発売。
2007年2月に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」をカラーチェンジ。
2007年11月16日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-SA37J
燃料供給方式にFIを採用。フロントフォークに乗り心地に優れるオイルダンパー式を採用。
ビーノの「BA-SA26J」と「JBH-SA37J」の違いの比較は、こちら。
2008年1月に「ビーノ」をカラーチェンジ。
2009年3月に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」をカラーチェンジ。
2010年2月に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」をマイナーチェンジ。

「ビーノ デラックス」と「ビーノ リモコン仕様」は、ヘッドライトカバーをクロームメッキ処理に。「ビーノ デラックス」と「ビーノ」はフロントフォークを従来のブラックからシルバーに変更。
2011年2月10日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2012年2月14日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2013年3月1日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2013年7月1日に特別・限定仕様の「ビーノ デラックス バケーションスタイル」を発売。
2014年2月14日に「ビーノ」と「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2014年7月10日に特別・限定仕様の「ビーノ デラックス バケーションスタイル」を発売。
2015年2月14日に「ビーノ デラックス Girl」と「ビーノ デラックス Boy」を発売。
女の子らしいスタイルを好む女性に向けて「Vino Girl」、ボーイッシュでアクティブな女性に向けて「Vino Boy」と2つのスタイルを設定。
2015年10月20日に「ビーノ デラックス Girl」と「ビーノ デラックス Boy」をマイナーチェンジ。またフロントバスケットを標準装備の「ビーノ モルフェ」を発売。型式は、JBH-SA54J
排気系の見直しなどでエンジン性能(馬力、トルク)を向上。新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなどFIシステムの変更で燃費性能が向上。
ビーノの「JBH-SA37J」と「JBH-SA54J」の違いの比較は、こちら。
2015年10月20日に特別・限定仕様「ビーノ デラックス スイートスタイル」を発売。
「女の子のハッピーがたくさん詰まったチョコレート」をイメージさせるカラーリングとグラフィック。
2016年2月15日に「ビーノ デラックス Girl」と「ビーノ デラックス Boy」をカラーチェンジ。
2016年7月20日に特別・限定仕様の「ビーノ デラックス ネイビースタイル」を発売。

2017年2月14日に「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2017年8月21日に「ビーノ デラックス」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-SA59J
平成28年度国内排出ガス規制へ適合。
ビーノの「JBH-SA54J」と「2BH-SA59J」の違いの比較は、こちら。
2017年9月6日に特別・限定仕様の「ビーノ デラックス 20th Anniversary Edition」を発売。
2018年2月10日に「ビーノ デラックス」をカラーチェンジ。
2018年5月25日にフルモデルチェンジした「ビーノ」を発売。型式は、2BH-AY02
ホンダからヤマハへの50cc原付スクーターのOEM供給となり、この新型ビーノは、ホンダのジョルノ(AF77)をベースにした、ヤマハ供給用のホンダ生産モデルとなった。フロントマスクは、ビーノを踏襲していたが、シートから後ろは、ジョルノそのままで車名エンブレムとカラーが違った。ジョルノと同じでコンビブレーキやアイドリングストップ機構やアクセサリーソケットが装備。
ビーノの「2BH-SA59J」と「2BH-AY02」の違いの比較は、こちら。
2019年2月1日に「ビーノ」をカラーチェンジ。

 

 

ホンダ クレアスクーピーの歴史

2001年1月26日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」が新登場。型式は、BA-AF55
ファッションスクーターとして発売。エンジンは、1999年6月発売の「ジョルノクレア」用に新開発したモジュール・エンジンをベースに軽量・コンパクト化と低燃費を実現した水冷・4ストローク50ccエンジンを搭載。「クレアスクーピー・i」の専用装備は、多機能デジタル式コミュニケーションメーターの搭載とアイドル・ストップシステムを採用。
2001年8月8日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」と「クレアスクーピー・iスペシャル」を発売。
2002年1月18日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」に新色を追加。
2002年1月22日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」と「クレアスクーピー・iスペシャル」を発売。
スペシャルモデルは、千鳥格子柄にオレンジ(クレアスクーピー)とブラック(クレアスクーピー・)の2タイプを設定。
2002年7月25日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」を発売。
車体色に高級感を高めた「パールシーシェルホワイト」を基調としシートにブラウン系のツートーンカラーを採用。
2003年1月22日に限定カラーの「クレアスクーピースペシャル」を発売。
車体色に「キャンディーグレイスフルレッド」を基調としミラーにクロームメッキを施した。
2003年1月31日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」に新色を追加。
2003年7月1日に限定カラーの「クレアスクーピー」を追加。
車体色に「パールスペンサーブルー」と「アクアピンクメタリック」の2色を設定。ツートーンカラーのシートとクロームメッキを施したミラーを採用。
2004年1月20日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」をマイナーチェンジ。
車体ロゴマークを一新。
2005年1月18日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・i」をカラーチェンジ。また限定仕様の「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。

「クレアスクーピー・スペシャル」は、ベースの「クレアスクーピー」にシルバーメッキを施したメーターカバーと左右のバックミラーと専用のメーターパネルを採用。車体色は、「ピュアブラック」と「ペンギングレー」のツートーンで「ピュアブラック」のシートにシルバーのパイピングを施し、前後ホイールもブラックとした。
2007年1月22日に限定仕様の「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。
2007年1月22日にグロスカムフラージュパターンを発売。クラシカルホワイトの車体にグレイを基調としたカムフラージュパターン。ブラックとダークグレイのツートーンシートの採用し、前後ホイールとベルコンカバーは、ブラック。バックミラーにメッキを施した。2007年3月6日にハイビスカスパターンを発売。クラシカルホワイトの車体にピンクの色調でハイビスカスをあしらった。ダークブラウンとライトブラウンのツートーンシート。バックミラーにメッキを施した。
2007年10月5日に「クレアスクーピー」をマイナーチェンジ。型式は、JBH-AF55
エンジンは、電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を搭載。PGM-FIとキャタライザー(触媒装置)の採用で平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。4ストローク特有の力のある滑らかな走りを実現し、燃費は従来モデルより約2%向上し、CO2も低減。ウインカープッシュキャンセラーを採用。後輪上部に位置する左右のサイドカバーに「Crea SCOOPY」の新しいロゴマークを配した。新たにスタンダードとデラックスの2タイプを設定。デラックスタイプ専用の装備としては、メッキ塗装のバックミラーとツートーンのカラーの車体とシート。
クレアスクーピーのキャブとFIの違いは、こちら。
2007年10月に「クレアスクーピー・i」が販売終了。
2008年2月22日に限定カラーの「クレアスクーピー・スペシャル」を発売。
ツートーンの車体色が2色。ピュアブラックを主体色としたプライマリーレッドとのツートーンとマットアクシスグレーメタリックを主体色としたペンギングレーとのツートーン。それぞれレッドとグレーのパイピングを施し、銀メッキのマフラープロテクターを採用し、サイドカバーにスペシャルモデル専用の車名ロゴを配した。シートは、異なる表皮パターンを採用したツートーンシート。
2008年11月21日に「クレアスクーピー」と「クレアスクーピー・デラックス」をカラーチェンジ。
2010年02月18日に「クレアスクーピー」のカラーチェンジ。
高級感のあるメッキ仕上げのバックミラーを採用し、パイピングを施したシートを採用。ハンドルグリップの色をそれぞれの車体色にあわせた。
2011年に「クレアスクーピー」が生産終了。
2011年に復活販売のジョルノと入れ替わる形で日本仕様の生産終了。

 

 

ここでは、
2007年11月16日発売のヤマハ ビーノ(JBH-SA37J)と
2007年10月5日発売のホンダ クレアスクーピー(JBH-AF55)
の違いを比較しました。

 

 

ビーノとクレアスクーピースペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ビーノ

クレアスクーピー

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBH-SA37J

JBH-AF55

発売日

2007年11月16日

2007年10月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1695

全幅 (mm)

630

625

全高 (mm)

1005

1000

ホイールベース (mm)

1160

1190

最低地上高(mm)

95

115

シート高 (mm)

715

710

乾燥重量 (kg)

75

-

車両重量 (kg)

80

79

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

66

76.5

原動機型式

-

AF69E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

2

内径(シリンダーボア)(mm)

38

37.8

行程(ピストンストローク)(mm)

43.5

44

圧縮比(:1)

12

12

最高出力(kW)

3.1

3.2

最高出力(PS)

4.2

4.4

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(N・m)

3.9

4

最大トルク(kgf・m)

0.4

0.41

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

4.5

4.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTX5L-BS

-

バッテリー容量

12V-4Ah 10H

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.78

0.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

-

1次減速比

3.692

-

2次減速比

3.583

-

フレーム型式

バックボーン

アンダーボーン

キャスター角

24°05

26°30

トレール量 (mm)

70

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

50

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

2

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

40W/40W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格

193,200円

199,500円(スタンダードタイプ)
206,850円(デラックスタイプ)

 

ビーノ(JBH-SA37J)とクレアスクーピー(JBH-AF55)

 

ビーノ(JBH-SA37J)とクレアスクーピー(JBH-AF55)の違いを比較

 

 

クレアスクーピーの方が軽くてパワーがあるし、最大出力回転数が低い。

 

●車両重量と馬力
ビーノ 80kg 4.2ps/8500rpm
クレアスクーピー 79kg 4.4ps/8000rpm

 

 

バイク屋は、ビーノを勧めてきた。クレアスクーピーが鉄ホイールに対して、ビーノは、アルミ製軽量ホイールだったり、ビーノは、エンジンキーとリアホイールロックがワンタッチでできる盗難防止機構「Gロックシステム」があったりと装備が豪華らしい。

 

 

ビーノとクレアスクーピーは、どっちも若い女性に人気。
丸いかわいいデザインで各所にメッキが使われてて、
シートや外装に手が込んだおしゃれなスクーター。

 

 

ブレーキは、ビーノは、普通のやつだけど、クレアスクーピーは、前・後連動ブレーキを採用してる。

 

 

ビーノは、台湾製。
クレアスクーピーは、日本製。

 

 

車体色、販売計画台数、メーカー希望小売価格の比較

 

●車種
ビーノ

 

●発売日
2007年11月16日

 

●車体色
ホワイトメタリック1
ライトパープリッシュブルーメタリック2

 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計18,000台

 

●メーカー希望小売価格
193,200円(本体価格184,000円/消費税9,200円)

 

 

●車種
クレアスクーピー

 

●発売日
2007年10月5日

 

●販売計画台数(国内・年間)
12,000台

 

●車体色
スタンダードタイプ
 クラシカルホワイト
 ピッグベージュ
デラックスタイプ
 デジタルシルバーメタリック×ペンギングレー
 ピュアブラック×クラシカルホワイト
 キャンディーグローリーレッド×ピッグベージュ
 パールトゥインクルピンク×クラシカルホワイト

 

●メーカー希望小売価格
スタンダードタイプ
199,500円(消費税抜き本体価格 190,000円)
デラックスタイプ
206,850円(消費税抜き本体価格 197,000円)

 

 

メットインは、
クレア スクーピーは、A4版ファイルが収まる容量22L。
対するビーノは、容量19L。
ビーノもクレアスクーピーもデザインが売りだから
リアボックスつけると見た目がダサくなる。
だからメットインは、大きい方がいいな。

 

 

ビーノのヘッドライトは、35W。
クレアスクーピーのヘッドライトは、40W。

 

 

給油口は、ビーノがシートの後ろのリアキャリア付ける位置にあってクレアスクーピーは、足元にある。どっちもシートを開けて給油しなくていいから便利だけど、腰を痛めてる人は、クレアスクーピーだとしゃがんで給油しなきゃいけないからつらいかも。

 

 

両方持ってるけど、クレアスクーピーの方が出足が良くて、軽いから気にいってる。

 

 

●タンク容量
ビーノ 4.5L
クレアスクーピー 4.8L

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)
ビーノ 66km/L
クレアスクーピー 76.5km/L

 

●航続距離(30km/h走行時)
ビーノ 4.5L × 66km/L =297km
クレアスクーピー 4.8L × 76.5km/L =367.2km

 

 

クレアスクーピーの方がタンク容量が0.3リットル多いし、燃費も良いから航続距離が70kmぐらい違うね。クレアスクーピーの方が給油回数がすくなくて済む。

 

ビーノとクレアスクーピーの買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト