ライブディオZXとスマートディオZ4の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ライブディオZXとスマートディオZ4の違いを比較

 

ホンダ ライブディオZX(ディオシリーズ3代目)の歴史

1994年1月21日に「ライブディオZX」が新登場。型式は、A-AF35
ディオシリーズの3代目のライブディオがベースにフロントブレーキに油圧式ディスクを装備。クローム仕上げの立体エンブレイムを配し、シートにシルキータッチ素材を使用するなどした。ハイマウント・ストップランプ(発光ダイオード採用)内蔵のリアスポイラー、カラード・ホイールとワイド偏平タイヤは、ZXだけの特別装備。
1995年1月24日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
フロントにZX専用の油圧式(ハイドロリック)サスペンションと、ZX専用の艶やかな光沢を放つ鏡面処理を施したステンレス・カバードタイプマフラーを装備。車体色は、3色(ピュアフランドルイエロー、パールコーラルリーフブルー、ブラック)。
1996年1月に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
前後ホイールにアルミダイキャストを採用。シート表皮を細かい格子調に変更。車体色は、4色(マグナレッド、キャンディエクストリームブルー、マットアクシスグレイメタリック、ピュアブラック)。
1996年12月23日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。
燃料タンクを6リットルに変更。ヘッドライトの光量をアップした40W/40Wのハロゲンタイプを採用し、ヘッドライトとウィンカーを四輪車イメージの一体型クリアアウターレンズでまとめた。フロントフォークにツーピースタイプのボトムケースを採用。車体色は、4色(ブーンシルバーメタリック、キャンディマーベラスオレンジ、ピュアブラック、マットアクシスグレイメタリック)。
1997年1月に特別・限定仕様の「ライブディオZX」を発売。
1997年5月に特別・限定仕様の「ライブディオZX」を発売。
1998年1月20日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(メイイエローメタリック、メタルブラウンメタリック、エスセテシズムシルバーメタリック)。
1998年7月1日に特別・限定仕様の「ライブディオZX 50thアニバーサリースペシャル」を発売。
ホンダ創立50周年を記念して1965年に四輪のF1で初勝利を獲得した「RA272」を彷彿とさせるホワイトを施した50thアニバーサリースペシャルを5,000台限定で発売。クラシカルなクリーミーホワイトを基調に、リアスポイラーと前後ホイール、リアサスペンションスプリングをレッドに。赤いエンブレムをあしらったスペシャルキーやカーボン織布風のパターンのシート側面生地や赤いスペシャルエンブレムを採用。
1998年11月4日に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールシーシェルホワイト、ブーンシルバーメタリック、ピュアブラック)。

1999年9月14日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。型式は、BB-AF35
キャブレターのセッティングを変更し、マフラー内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用し、国内の新排出ガス規制に適合。マフラーの構造を変更し、国内の新騒音規制にも適合。マフラープロテクターの形状変更とスケルトンタイプのリアスポイラーを採用。
2000年3月24日に特別・限定仕様の「ライブディオZX スケルトン」を発売。
ハンドルカバーやフロントカバー等の外装部品に半透明の素材を採用したスケルトンを5,000台限定で発売。車体色は、2色(サイバークリアブルーとサイバークリアレッド)。
2000年8月26日に特別・限定仕様の「ライブディオZX スペシャル」を発売。
ブリティッシュ・アメリカン・レーシング(BAR)・ホンダF1チームカラーをイメージしたスペシャルを5,000台限定で発売。フロントカバーに個性が際立つ「BARホンダF1チーム」ロゴを施し、ボディカラーと同色のリアスポイラー、レッドの前後ホイールを装備。
2001年3月22日に「ライブディオZX」をマイナーチェンジ。
盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロックをメインのキーシリンダーに集約し、キーシリンダーにはキーシャッターを装備。また、キー付きガソリンタンクキャップや、イモビアラームプレワイヤリングを標準で装備。車体色は、3色(フォースシルバーメタリック、パールミルキーホワイト、チェッカーブラックメタリック)。
2001年9月に「ライブディオZX」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールミルキーホワイト、チェッカーブラックメタリック、フォースシルバーメタリック)。これがライブディオZXの最終モデル。

 

 

ホンダ スマートディオZ4(ディオシリーズ4代目)の歴史

2002年3月21日に「スマートディオZ4」が新登場。型式は、BA-AF57
スマートディオのスポーティ仕様車。ライブディオ時代までの「ZX」に相当するモデルで、Zを継承し、4ストロークから「Z4」と名付けられた。車体色は、2色(クリアシルバーメタリック、クリッパーイエロー)。
2004年2月21日に「スマートディオZ4」をフルモデルチェンジ。型式は、BA-AF63
フルモデルチェンジされAF63型となった。燃料供給方式に、50ccモデルとしては初の電子制御のフューエルインジェクションを採用。4ストのエンジンも一新され、OHCながら4バルブ化。フロントサスに油圧式のテレスコピックフォークを採用。車体色は、2色(べガブラックメタリック、パールシーシェルホワイト)。
2005年2月10日に「スマートディオZ4」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(シールシルバーメタリック、ベガブラックメタリック、パールシーシェルホワイト)。
2006年1月17日に「スマートディオZ4」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(フォースシルバーメタリック、ベガブラックメタリック、パールシーシェルホワイト)。

 

 

ここでは、
2001年3月22日発売のホンダ ライブディオZX(BB-AF35)と
2002年3月21日発売のホンダ スマートディオZ4(BA-AF57)
の違いを比較しました。

 

 

ライブディオZXとスマートディオZ4のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ライブディオZX

スマートディオZ4

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BB-AF35

BA-AF57

発売日

2001年3月22日

2002年3月21日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1710

全幅 (mm)

630

620

全高 (mm)

995

1010

ホイールベース (mm)

1145

1190

最低地上高(mm)

105

115

シート高 (mm)

700

710

乾燥重量 (kg)

69

72

車両重量 (kg)

75

77

最小回転半径(m)

-

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

49

75

原動機型式

AF34E

AF55E

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

-

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

40

38

行程(ピストンストローク)(mm)

39.3

44

圧縮比(:1)

7.1

12

最高出力(kW)

4.6

3.7

最高出力(PS)

6.3

5

最高出力回転数(rpm)

7000

8000

最大トルク(N・m)

6.5

4.6

最大トルク(kgf・m)

0.66

0.47

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

NVK00A

燃料タンク容量 (L)

6

5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

294

375

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR6HSA

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTR4A-BS

YTZ7S

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

ウェットサンプ式

エンジンオイルタンク容量

1.3

0.7

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°40

26°30

トレール量 (mm)

72

72

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

90/90-10

90/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

50

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

90/90-10

90/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

50

50

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

-

2.15

ホイールリム幅(後)

-

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2

ヘッドライト定格(Hi)

-

40W/40W

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH11

PH11

テールライト定格(制動/尾灯)

-

18W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

前後連動式ブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売希望価格

184,000円
フォースシルバーメタリック
パールミルキーホワイト
チェッカーブラックメタリック

189,000円
クリアシルバーメタリック
クリッパーイエロー

 

ライブディオZXとスマートディオZ4の違いを比較

 

ライブディオZXとスマートディオZ4の違いを比較

 

 

1994年1月21日にディオシリーズ3代目のライブディオが発売された。同時に発売されたのが「ライブディオZX」でライブディオで設定された3タイプの中で、一番スポーツ性が高いモデルだった。最高出力は、その時の原付1種クラスの自主規制値いっぱいの7.2馬力(ライブディオは、7.0馬力)で、油圧ディスク式のフロントブレーキや、くさび状(ウェッジシェイプ)のスポーティなフォルムが特徴だった。
1996年12月23日のマイナーチェンジでは、タンク容量が6リッターに拡大し、ヘッドライトの光量がアップ。
1999年9月14日のマイナーチェンジで国内の排ガス・騒音規制に対応。
2001年3月22日のマイナーチェンジでは、キーシャッターが装備された。
2001年9月のカラーチェンジが最終モデルとなった。

 

ディオシリーズ4代目のスマートディオが新発売された約1年後の2002年3月21日にスマートディオのスポーティ仕様車の「スマートディオ Z4」が新発売された。「Z4」は、これまでのスポーティ仕様の「ZX」に相当するモデルで、4ストロークエンジンになったので「Z4」と名付けられた。フロントディスクブレーキやリアスポイラーを装備しているのは、2代目スーパーディオと3代目ライブディオの時の「ZX」と同じだが、今回の「Z4」は、エンジンや変速比に変更がなく、ノーマルモデルと同じだった。しかし、アルミホイールのデザインは、Z4専用だった。「Z4」は、2004年2月21日にフルモデルチェンジで全面変更され、4バルブエンジンを搭載し、燃料噴射装置にフューエルインジェクションが採用された。ちなみにZ4以外のスマートディオは、キャブレター仕様のまま、2007年モデルを最後にラインナップから消えた。

 

スポーティ仕様ではない、標準車同士のライブディオとスマートディオの違いは、こちら。

 

 

 

メーカーリリースによると、
「ZX」の読み方は、「ジーエックス」。当時、若者のライダーは、「ゼックス」と呼ぶ人が多かった。
「Z4」の読み方は、「ズィーフォー」。

 

 

ライブディオZXとスマートディオZ4のスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
ライブディオZX → スマートディオZ4

 

●モデルチェンジ区分
マイナーチェンジ → 新登場

 

●型式
BB-AF35 → BA-AF57

 

●発売日
2001年3月22日 → 2002年3月21日

 

●全長 (mm)
1675 → 1710

 

●全幅 (mm)
630 → 620

 

●全高 (mm)
995 → 1010

 

●ホイールベース (mm)
1145 → 1190

 

●最低地上高(mm)
105 → 115

 

●シート高 (mm)
700 → 710

 

●乾燥重量 (kg)
69 → 72

 

●車両重量 (kg)
75 → 77

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)
49 → 75

 

●原動機型式
AF34E → AF55E

 

●原動機種類
2ストローク → 4ストローク

 

●冷却方式
空冷 → 水冷

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
40 → 38

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
39.3 → 44

 

●圧縮比(:1)
7.1 → 12

 

●最高出力(kW)
4.6 → 3.7

 

●最高出力(PS)
6.3 → 5

 

●最高出力回転数(rpm)
7000 → 8000

 

●最大トルク(N・m)
6.5 → 4.6

 

●最大トルク(kgf・m)
0.66 → 0.47

 

●最大トルク回転数(rpm)
6500 → 7000

 

●燃料タンク容量 (L)
6 → 5

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
294 → 375

 

●点火プラグ標準搭載・型式
BR6HSA → CR8EH-9

 

●搭載バッテリー・型式
YTR4A-BS → YTZ7S

 

●エンジン潤滑方式
分離給油(2スト) → ウェットサンプ式

 

●エンジンオイルタンク容量
1.3 → 0.7

 

●キャスター角
25°40 → 26°30

 

●メーカー小売希望価格
184,000円 → 189,000円

 

ライブディオとスマートディオの中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト