NMAXとスウィッシュの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

NMAXとスウィッシュの違いを比較

 

ヤマハ NMAXの歴史

2016年3月18日に「NMAX」を新登場。型式は、EBJ-SE86J
2017年8月21日に「NMAX ABS」をカラーリングの変更と平成28年度国内排出ガス規制へ適合し発売。型式は、2BJ-SED6J
従来モデルよりWMTCモード値の燃料が45.2km/L→43.6km/Lへダウン。価格が約1万円アップ。新色の「ブラックメタリックX」「マットディープレッドメタリック3」を設定。従来モデルからABSは装備されていたが、ここからモデル名に「ABS」が付いた。
2018年2月10日にカラーリングを変更し発売。
新色の「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」と「マットグレーメタリック3」を設定。

 

 

スズキ スウィッシュの歴史

2018年6月26日にスウィッシュの国内向けモデルを発売。型式は、2BJ-DV12B
車体色は、4色(パールブレーシングホワイト、トリトンブルーメタリック、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック)の設定。
2018年9月21日にスウィッシュ リミテッドを発売。
グリップヒーター、ナックルバイザー、シートヒーターの装備をプラスしたモデル。車体色は、スウィッシュと同じ。

 

 

ここでは、
2018年2月10日発売のヤマハ NMAX(2BJ-SED6J)と
2018年6月26日発売のスズキ スウィッシュ(2BJ-DV12B)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

NMAX ABS

スウィッシュ

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2018年2月10日

2018年6月26日

型式

2BJ-SED6J

2BJ-DV12B

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1955

1830

全幅 (mm)

740

690

全高 (mm)

1115

1095

軸間距離 (mm)

1350

1250

最低地上高 (mm)

135

120

シート高 (mm)

765

760

車両重量 (kg)

127

114

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

58.7

57.4

圧縮比(:1)

11.2

10.3

最高出力(kW)

9

6.9

最高出力(PS)

12

9.4

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

12

10

最大トルク(kgf・m)

1.2

1

最大トルク回転数(rpm)

7250

6000

燃料タンク容量 (L)

6.6

5.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7V

FTX7A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.65

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

自動遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

-

2次減速比

10.208

-

フレーム型式

バックボーン

アンダーボーン

キャスター角

26°00

25°50

トレール量 (mm)

92

77

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50.5

51

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

43.6

50.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

110/70-13

100/90-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

56

タイヤ(前)速度記号

P

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

56

タイヤ(後)速度記号

P

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有

ハザードランプ 有
USBポート 有
キャリア 有

メーカー小売価格

351,000円

318600円

 

NMAX(2BJ-SED6J)とスウィッシュ(2BJ-DV12B)の比較

 

左がNMAX(2BJ-SED6J) 右がスウィッシュ(2BJ-DV12B)
NMAX(2BJ-SED6J)とスウィッシュ(2BJ-DV12B)の装備の比較

 

NMAX(2BJ-SED6J)とスウィッシュ(2BJ-DV12B)の比較の口コミ

 

 

スウィッシュは、床が高いから膝が押し上げられて窮屈だし、前後方向にも少し狭い。だから身長が高い人は、乗ってみて、太ももが水平より上を向くなら窮屈だと思う。それに対してNMAXみたいに高めのハンドルなら上半身が伸びてゆったりできる。フラットフロアにこだわり無いならNMAXでいいと思う。

 

 

2019年5月にNMAXを買った。自賠責5年で乗り出しが321,350円だった。ちなみに同じバイク屋でスウィッシュ275,350円。実売価格は、45,000円ぐらいスウィッシュが安い。

 

 

シート下スペースは、NMAXが24リットル。スウィッシュが28リットル。それにスウィッシュは、かばんホルダーとリアキャリアが標準装備でフラットフロアだから荷物は、スウィッシュの方がいっぱい積める。NMAXの純正キャリアは、18000円もする。

 

 

給油は、スウィッシュの方がやりやすい。位置がフロントポケットの左にあるし、メインキーを右に回せば給油口が開いて、蓋も落ちないようになってる。NMAXは、センタートンネルのとこにあって、しゃがまなきゃいけないし、キーをさして蓋を外すタイプ。でもNMAXのタンク容量は、6.6Lあるけど、スウィッシュは、5.5Lしかない。

 

 

純正タイヤは、
●スウィッシュ
前100/90-10 56J 後100/90-10 56J
前MAXXIS M-6029 後MAXXIS M-6029
※前後10インチだけど、太い
●NMAX
前110/70-13M/C 48P  後130/70-13M/C 57P
前DUNLOP/SCOOTSMART 後DUNLOP/SCOOTSMART

 

 

NMAXのヘッドライトは、照らす範囲が狭くて評判悪いけど、
スウィッシュのヘッドライトは、評判いいね。

 

 

NMAXは、リアブレーキがディスクだし、ABSもついてる。
スウィッシュは、前後ドラムブレーキでABSがない。

 

 

NMAXは、スウィッシュより4〜5万も高いし、車体がデカ過ぎるから駐輪場とかでは、スウィッシュの方が楽。

 

 

スウィッシュは、グリップヒーターやシートヒーターが標準装備のリミテッドが選べるのがいいね。

 

 

●NMAX
9 kW(12PS)/7500 rpm
12 kW(1.2kgf・m)/7250 rpm
127kg
●スウィッシュ
6.9 kW 〈9.4 PS〉 / 7,000 rpm
10 N・m 〈1.0 kgf・m〉 / 6,000 rpm
114 kg

 

 

俺は、通勤で使うからコンパクトで足元がフラットフロアのスウィッシュにした。NMAXだとリアボックス付けないとカバンが詰めない。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト