リード100とアクシストリートの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード100とアクシストリートの違いを比較

 

ホンダ リード100の歴史

1998年3月10日にリード100を新発売。リードの3代目。フルモデルチェンジをして、リード90の排気量を100ccにアップし、新たに前後輪連動のコンビブレーキを採用するなどして発売。型式は、BD-JF06
車体色は、4色(プレシャスグレイメタリック、ミュートブラックメタリック、アザレアオレンジメタリック、グレシャーグリーンメタリック)。
2001年6月30日にマイナーチェンジ。盗難抑止システムとして、メインスイッチ、シートオープナー、ハンドルロック機構をメインのキーシリンダーに集約し、キーシリンダーにはキーシャッターを装備。キー付きガソリンタンクキャップやオプションのイモビアラームキットが装着できるプレワイヤリングを標準装備するなどした。車体色は、3色(クリアシルバーメタリック、ミュートブラックメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2003年に生産終了。

 

 

ヤマハ アクシストリートの歴史

2009年8月25日 新発売。型式は、EBJ-SE53J
2011年2月15日 カラーチェンジ。
車体色は、新色2色(ブルー、ガンメタ)を追加、従来色2色(シルバー、ブラック)と合わせて4色の設定。
2012年7月13日 マイナーチェンジ。
マイナーチェンジでは、シートに赤いステッチが入り、上面にメッシュ加工を施した。車体色は、新色3色(シルバーブルー、ダークブラウン、ホワイト)と継続色2色(シルバー、ブラック)の5色の設定。
2015年1月10日 カラーチェンジ。
車体色は、新色2色(レッド、パープル)を追加、従来色3色(ダークブラウン、パールホワイト、ブラック)と合わせて5色の設定。
2017年9月1日に生産終了と発表。

 

 

ここでは、
2001年6月10日発売のホンダ リード100(BD-JF06)と
2009年8月25日発売のヤマハ アクシストリート(EBJ-SE53J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

リード100

アクシストリート

発売日

マイナーチェンジ

新登場

型式

2001年6月10日

2009年8月25日

仕向け・仕様

BD-JF06

EBJ-SE53J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1795

1795

全幅 (mm)

680

675

全高 (mm)

1060

1070

軸間距離 (mm)

1255

1255

最低地上高 (mm)

115

105

シート高 (mm)

735

735

車両重量 (kg)

99

110

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

101

124

内径(シリンダーボア)(mm)

51

51.5

行程(ピストンストローク)(mm)

49.6

60

圧縮比(:1)

6.5

9.5

最高出力(kW)

6.8

6

最高出力(PS)

9.3

8.1

最高出力回転数(rpm)

6750

7000

最大トルク(N・m)

9.9

8.9

最大トルク(kgf・m)

1

0.91

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

7.5

5.6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

BR6HSA-9

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

YTX7A-BS

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.667

2次減速比

-

2.923

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

27°30

27°00

トレール量 (mm)

68

74

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43.1

46

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/90-10

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

51

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

51

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

 

リード100とアクシストリートの違いを比較

 

リード100とアクシストリートの比較の口コミ

 

 

アクシストリートは、リード100と車軸もキャスター角もほとんど同じなのに直進安定性が凄くいいね。80-90km/hの巡航時だけでなく、渋滞でのすり抜けでも安定して走れる。あれは、リード125では、できない。

 

 

アクシストリートは、WRを3個抜き。リード100は、キャタ抜きとWRガイド加工だけど、街中の燃費がリード100が20〜25km/L。アクシストリートが30〜35km/L。ツーリングでの燃費は、リード100が30km/L。アクシストリートが35〜38km/L。ポジションは、リード100はシートが高いからか若干前傾気味。シートは硬めで疲れない。アクシストリートは、少しのけ反り気味。シートは少し柔らか目で腰にくる。ブレーキは、リード100はフロントは良く効くけど、リアは、ダメ。アクシストリートは、どっちも良く効く。メットインは、リード100のメットインにギリギリ入ってた物がアクシストリートには普通に入った。アクシストリートのメットインの幅は無いが深さがある。

 

 

リード100からアクシストリートに乗り換えたけど、アクシストリートのホイールベースがリード100と全く同じ1255mmでキャスター角は、アクシストリートのが立ってるのにトリートの方が直進性が高い。

 

 

2stのリード100と比べるとアクシストリートは、笑っちゃうくらい遅く感じる。

 

 

リード100からトリートに乗換え。片道30kmの通勤で使ってる。最初は、出足が不満だったけど半年くらい乗ってると気にならなくなって快適になった。最高速は、アクシストリートの方が速い。100km/h弱出るから。リード100は、80km/hちょいだった。燃費は、アクシストリートの方が間違いなく良い。

 

 

アクシストリートは、前乗っていたリード100より80km/h走行時の安心感が新車なのを差し引いても上と思う。

 

 

リード100よりアクシストリートの方が10kgぐらい重いから走ってての安定性がある。

 

リード100とアクシストリートの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト