KS-TとKS-Uの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

KS-TとKS-Uの違いを比較

 

カワサキ KS-Tの歴史

1988年1月に「KS-T」が新登場。型式は、A-MX050A
「KS-T」は、ARシリーズの後継として登場。エンジンはARシリーズからの流用で、AR50用の排気量49cc空冷2スト単気筒エンジンを搭載。6速ミッション、前輪ディスクブレーキ、前後に10インチのタイヤを装備したミニサイズの車両で、デュアルパーパスの外見ながらオンロード寄りの走行を重点に置いたモデル。
1989年4月にカラーチェンジ。
1990年3月に後継モデルの「KSR-T」が新登場。
KS-TとKSR-Tの違いを比較は、こちら。

 

 

カワサキ KS-Uの歴史

1988年1月に「KS-U」が新登場。型式は、MX080A
「KS-U」のエンジンは、排気量78ccでAR80用の空冷2スト単気筒エンジンを搭載。6速ミッション、前輪ディスクブレーキを採用。前後10インチのタイヤを採用。KS-IIは最高速90km程度。
1989年4月にカラーチェンジ。
1990年3月に後継モデルの「KSR-U」が新登場。
KS-UとKSR-Uの違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
1988年1月発売のカワサキ KS-T(型式 A-MX050A)と
1988年1月発売のカワサキ KS-U(型式 MX080A)
を比較しました。

 

 

KS-TとKS-Uのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

KS-T

KS-U

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

A-MX050A

MX080A

発売日

1988年1月

1988年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1560

1560

全幅 (mm)

730

730

全高 (mm)

890

890

ホイールベース (mm)

1110

1110

最低地上高(mm)

155

155

乾燥重量 (kg)

66.5

66.5

車両重量 (kg)

75

75

乗車定員(名)

1

1

原動機型式

AR050AE

AR080AE

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

78

2スト・吸気形式

ピストンリードバルブ

ピストンリードバルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

39

49

行程(ピストンストローク)(mm)

41.6

41.6

圧縮比(:1)

8

7.8

最高出力(PS)

7.2

9.2

最高出力回転数(rpm)

8500

8000

最大トルク(kgf・m)

0.62

0.85

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

VM16

VM18

燃料タンク容量 (L)

9

9

エンジン始動方式

キックスターター式

キックスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR8ES

BPR8ES

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

6N2-2A-7

6N2-2A-7

バッテリー容量

6V-2Ah

6V-2Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1

1

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.619

3.619

2次減速比

2.857

2

変速比

1速 3.306/2速 2.111/3速 1.544/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.964

1速 3.306/2速 2.111/3速 1.544/4速 1.240/5速 1.074/6速 0.964

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

15

スプロケット歯数・後

40

30

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

106

100

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

67

67

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)プライレーティング

2PR

2PR

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)プライレーティング

2PR

2PR

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

1.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.5

1.5

ヘッドライト定格(Hi)

25W/25W

25W/25W

テールライト定格(制動/尾灯)

17W/5.3W

17W/5.3W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

 

KS-TとKS-Uの違いを比較

 

KS-TとKS-Uの違いを比較

 

 

1988年1月に「KS-T」と「KS-U」が新発売。どちらもアメリカで人気だった「スーパーバイカーズ」レース用のマシンをミニサイズで模したスタイルを与えられたスポーツモデルでエンジンはARシリーズからの流用で、KS-Iが49cc、KS-IIが78ccを搭載し、6速ミッション、前輪ディスクブレーキ、前後10インチのタイヤを装備したミニサイズの車両で、デュアルパーパスの外見ながらオンロード寄りの走行を重点に置いた、スーパーバイカーズ仕様のモデルだった

 

どちらも1990年3月にモデルチェンジされ、「KS-T」は、水冷エンジン搭載の「KSR-T」へ、「KS-U」は、水冷エンジン搭載の「KSR-U」となった。

 

 

エンジンは、
KS-1がAR50用の空冷2スト単気筒エンジン。
KS-2がAR80用の空冷2スト単気筒エンジン。

 

 

KS-1のエンジンは排気量49ccで、原付1種。
KS-2のエンジンは排気量78ccで、原付2種。

 

 

「KS-T」の正式なモデル名は「KS-T」だがKS-1やKS50とも呼ばれることがある。
「KS-U」の正式なモデル名は「KS-U」だがKS-2やKS80とも呼ばれることがある。

 

KS-TとKS-Uの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト