KLX125とDトラッカー125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

KLX125とDトラッカー125の違いを比較

 

カワサキ KLX125の歴史

2009年12月15日に新登場。型式は、EBJ-LX125C
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2012年3月1日にマイナーチェンジ。
シート幅を拡大し快適性を向上。リアフレームの材質を変更し大型のリアキャリアを装着可能とした。車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2012年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。
2013年10月1日にカラーチェンジ。
カラーの変更の他に価格変更とWMTCモードの燃料消費率も記載されるようになる。車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定。
2014年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、エボニー)の設定は、同じで、リヤサイドカバーのカラーストライプを省略、タンクサイドカバーのグラフィックが「Kawasaki」のロゴから「KLX」の文字がメインとなる。
2015年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ライムグリーン、ブライトホワイト)の設定。

 

 

カワサキ Dトラッカー125の歴史

2009年12月1日に新登場。型式は、EBJ-LX125D
車体色は、2色(エボニー、オリエンタルブルー)の設定。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ブライトホワイト)の設定。
2010年10月20日にカラー追加。
ブライトホワイトのネーミングは変わらないがブラックとホワイトのボディカラーにブラックとピンクによるワンポイントのニューグラフィックを採用した。
2012年3月1日にマイナーチェンジ。
カラー&グラフィックの変更とシート幅を拡大して快適性を向上させ、リアフレームの材質を変更して大型のリアキャリアを装着可能とした。車体色は、2色(ファイアクラッカーレッド、ブライトホワイト)の設定。
2012年9月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー、ライムグリーン)の設定。
2013年10月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディバーントオレンジ×エボニー、メタリックムーンダストグレー×ブライトホワイト)の設定。
2015年2月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×エボニー、メタリックフラットロウグレイストーン×エボニー)の設定。
2016年に日本向け仕様は、ラインアップから外れた。

 

 

ここでは、
2009年12月15日発売のカワサキ KLX125(EBJ-LX125C)
2009年12月1日発売のカワサキ Dトラッカー125(EBJ-LX125D)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

KLX125

Dトラッカー125

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売日

2009年12月15日

2009年12月1日

型式

EBJ-LX125C

EBJ-LX125D

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

1900

全幅 (mm)

770

770

全高 (mm)

1090

1060

軸間距離 (mm)

1285

1255

最低地上高 (mm)

255

230

シート高 (mm)

830

805

車両重量 (kg)

112

113

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

54

54

行程(ピストンストローク)(mm)

54.4

54.4

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

7.5

7.5

最高出力(PS)

10.2

10.2

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

9.8

9.8

最大トルク(kgf・m)

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

7

7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7HSA

CR7HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FTX7L-BS

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1

1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

2.88

2.88

2次減速比

3.357

3.142

変速比

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

1速 2.9160/2速 2.0000/3速 1.4730/4速 1.1300/5速 1.0000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

47

39

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

124

122

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°30

25.3

トレール量 (mm)

96

91

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

53.5

53.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

70/100-19

100/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

42

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

90/100-16

120/80-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

51

58

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

ホイールリム幅(前)

1.4

2.15

ホイールリム幅(後)

1.85

2.5

メーカー小売価格

339,000円

359,000円

 

KLX125とDトラッカー125の違いを比較

 

KLX125とDトラッカー125の比較の口コミ

 

 

Dトラッカー125は、2009年12月に同時発売された姉妹車のKLX125がベースで、モタードスタイルへの変更により250同様に倒立サスペンションを装備し、前後ホイールが14インチとなり、かつて販売されたミニモタードのKSR110の後継車種にあたる。フューエルインジェクションを搭載する4ストロークSOHC2バルブ空冷単気筒のエンジンなどは、KLX125とほぼ同じ。

 

 

KLX125は、正立サス。
Dトラッカー125は、倒立サス。

 

 

2009年11月時点で雑誌ではDトラッカ125の方が主に取り上げてる。

 

 

2010年の大阪モーターサイクルショーで試乗の列に並んでいた人の話では、KLX125とDトラッカー125を1:4の比率で生産したけど、実際KLX125の方が人気があって品薄になったって言ってた。本当かどうかは、わからないけど。

 

 

2010年6月時点で売れてるのは、断然KLX125。モタードの人気は、下がり気味だし、オフの人気が高くなってきてる。

 

 

KLX125とDトラッカー125で悩んでる。都会でダートとかないからDトラッカーでいいんだろうけど、オフも欲しいな。

 

 

俺は、都心の通勤で乗るのがほとんどだからDトラッカー125にした。

 

 

俺は、林道散歩が目的で買ったからKLX125にした。通勤の足で、舗装路専門で乗るならDトラッカーかな。

 

 

たまにでもオフに行くならKLX125。砂利道ぐらいしか行かなければDトラッカー125でいいと思う。

 

 

KLX125とDトラッカー125のどちらも試乗してみたけど、オフロードバイクは、凄く曲がりにくいね。いまいち乗り方がわからなかった。俺はオンロードバイクにしか乗ったことないからDトラッカー125の方が素直に乗れた。

 

 

俺は、メインバイクがオンロード車だから増車するなら系統の違うバイクに乗ってみたいと思ってKLX125を買った。

 

KLX125とDトラッカー125の中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト