ライブディオとライブディオSTの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ライブディオとライブディオSTの違いを比較

 

ホンダ ライブディオ(ディオシリーズ3代目)の歴史

1994年1月21日に「ライブディオ」が新登場。型式は、A-AF34
ディオシリーズの3代目。空冷2スト単気筒エンジンを搭載するスポーティなスクーター。ベースグレードのライブディオ、前輪がディスクブレーキのライブディオSR、リアスポイラーも備えたライブディオZXがラインナップ。
1994年12月10日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年1月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、5色(ムーンストーンシルバーメタリックU、キャンディクラレットマルーン × ブラック(フロア色)、ピュアブラック × ブラック(フロア色)、パールアトランティスブルー × ブラック(フロア色)、パールクリスタルホワイト × タスマングレー(フロア色))。
1995年12月7日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ピュアブラック、パールクラレットマルーン、ムーンストーンシルバーメタリック、タスマニアグリーンメタリック)。
1996年12月23日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、A-AF35
フロントブレーキがドラム式から油圧式ディスクブレーキに変更。さらに新開発のコンビブレーキも装備。コンビブレーキは、左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)の操作時に、制動力を前輪にも配分するライダーエイド機構。燃料タンクが6リットルになった。車体色は、4色(ブーンシルバーメタリック、キャンディメープルレッド、ピュアブラック、タスマニアグリーンメタリック)。
ライブディオの「A-AF34」と「A-AF35」の違いの比較は、こちら。
1997年1月1日に「ライブディオSP」をタイプ追加。
ライブディオのスペシャルカラーモデル。
1998年1月20日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。
車体色は、4色(ポーセリンシルバーメタリック、アビスブルーメタリック、ココアパウダーメタリック、ピュアブラック)。
1998年11月4日に「ライブディオ」をカラーチェンジ。

車体色は、3色(キャンディグローリーレッド、ピュアブラック、ポーセリンシルバーメタリック)。
1999年9月14日に「ライブディオ」をマイナーチェンジ。型式は、BB-AF35
平成10年排出ガス規制の適合のため、キャブレターセッティングを変更し、マフラーの内部に酸化触媒(キャタライザー)を採用。リアキャリアを大型化。車体色は、3色(ポーセリンシルバーメタリック、キャンディグローリーレッド、べガブラックメタリック)。
ライブディオの「A-AF35」と「BB-AF35」の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ ライブディオST(ディオシリーズ3代目)の歴史

1996年6月28日に「ライブディオST」が新登場。型式は、A-AF35
ケーブル対応型の電子制御によるアンチロック・ブレーキ機能と前後輪連動ブレーキ機能を高次元で融合したM.A.-C.(Motor Actuated Combined)ABSを搭載。車体色は、フレイムバイオレットメタリックのみ。

 

 

ここでは、
1995年12月7日発売のホンダ ライブディオ(A-AF34)と
1996年6月28日発売のホンダ ライブディオST(A-AF35)
の違いを比較しました。

 

 

ライブディオとライブディオSTのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ライブディオ

ライブディオST

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

A-AF34

A-AF35

発売日

1995年12月7日

1996年6月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1675

全幅 (mm)

615

615

全高 (mm)

995

995

ホイールベース (mm)

1145

1145

最低地上高(mm)

105

105

シート高 (mm)

700

700

乾燥重量 (kg)

68

73

車両重量 (kg)

73

78

最小回転半径(m)

1.8

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

46.9

46.9

原動機型式

AF34E

AF34E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

内径(シリンダーボア)(mm)

40

40

行程(ピストンストローク)(mm)

39.3

39.3

圧縮比(:1)

7.1

7.1

最高出力(PS)

7

7

最高出力回転数(rpm)

6500

6500

最大トルク(kgf・m)

0.79

0.79

最大トルク回転数(rpm)

6250

6250

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

PB2E

PB2E

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

5.3

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR4HSA

BR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

YTX5L-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.3

1.3

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°40

25°40

トレール量 (mm)

72

72

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.00-10

3.00-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

42

42

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

タイヤ(後)

3.00-10

3.00-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

42

42

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.25

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

-

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
シート下収納(シート下トランク) 有
キャリア 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

144,000円
ピュアブラック
パールクラレットマルーン
ムーンストーンシルバーメタリック
タスマニアグリーンメタリック

199,000円 フレイムバイオレットメタリック

販売計画台数(国内・年間)

Dioシリーズ合計180,000台

5,000台

 

ライブディオとライブディオSTの違いを比較

 

ライブディオとライブディオSTの違いを比較

 

 

「ライブディオST」は、ライブディオに設定されたバリエーションモデルで1996年6月28日に発売された。より簡易な操作で、安心感のあるブレーキ操作を行えるように前後連動式ABSを搭載したモデルだった。

 

「ライブディオST」には、ハードブレーキでホイールがロックされて滑るのを防止するABSと、左ブレーキレバー(後輪ブレーキ)操作に応じて、前輪にも制動力を発生させる前後輪連動ブレーキを組み合わせた。

 

この前後連動ブレーキは、1996年12月に「ライブディオ」がマイナーチェンジされた時に「コンビブレーキ」という名称で採用されたが、「ライブディオST」が発売された当時は、電子制御、ABSという要素とあわせて、「M.A.-C.(Motor Actuated Combined)ABS」と呼ばれていた。

 

「ライブディオ」にコンビブレーキが採用されたが、その時ABSは非搭載だった。ディオシリーズでは、ABSが搭載されたのは、「ライブディオST」だけだったが、メーカー小売価格は、19.9万円と通常のライブディオよりも5万円も高かった。

 

 

「ライブディオST」に搭載された「M.A.-C.(Motor Actuated Combined)ABS」は、より小型二輪車用としてホンダが独自に開発。、電子制御によるアンチロック・ブレーキ機能と前・後輪連動ブレーキ機能を高次元で融合。また、ケーブル対応型の電子制御式としては、世界で初めて量産二輪車に採用だった。

 

システムは、「前・後輪の車輪速度センサー」、「ECU(Elec-tronicControlUnit)」、「アクチュエータ(作動装置)」、「ブレーキレバーの操作入力を検知しABS作動時の操作性を向上させるケーブルダンパー」から構成。

 

ABSの作動原理は、前後輪の車輪速度センサーから車輪のロック傾向をECUが演算し、アクチュエータ内のモーターと電磁ブレーキを作動させ、車輪がロックしない適正な制動力となるよう前後輪を制御。

 

前・後輪連動ブレーキは、スクーター乗りの多くが比較的使用頻度が高い左レバー(後輪ブレーキ)の操作時に作動。左レバーの操作入力は、ケーブルを介して後輪ブレーキに伝達させ、その操作荷重をアクチュエータ内の角度センサーからECUが演算し、アクチュエータ内の制御モーターが入力に応じて前輪に適切な制動力を発生させる。

 

 

「ライブディオST」のベース車は、1994年2月8日に発売された「ライブディオSR」。「ライブディオSR」は、前輪に油圧ブレーキを搭載したモデル。「ライブディオSR」の使い勝手の良いメットインスペースやフラットフロアなどの機能を損なうことなく「M.A.-C.(Motor Actuated Combined)ABS」を搭載した。

 

ライブディオの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト