KLX110とKLX110Lの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

KLX110とKLX110Lの違いを比較

 

カワサキ KLX110の歴史

2001年12月1日に「KLX110」が新登場。型式は、LX110A
KLX110は、これからモーターサイクルに親しもうというキッズのための入門用モデルとして登場。 エンジンは、静粛性と応答性に優れたタフな4ストロークシングルエンジン、操作の簡単な自動遠心式3速リターンミッションなどが特徴。 KSR110にエンジンが流用されている。車体色は、ライムグリーン。
2002年11月にマイナーチェンジ。
クランクピンの直径が22→26mmとなり信頼性が向上。クランクウエブの径を90→93mmとしてフライホイールマスを増加させ、クランクシャフトのバランスを最適化。キックスターターのギヤを23→22Tとし、キック力を軽減。一次減速ギアとドリブンスプロケットの歯数を変更し、エンジンパワーをより有効に活用。車体色は、ライムグリーン。
2003年8月にカラーチェンジ。
2004年のKXシリーズと共通イメージのグラフィックを採用。車体色は、ライムグリーン。
2004年8月にカラーチェンジ。
2005年のKXシリーズと共通イメージのグラフィックを採用。車体色は、ライムグリーン。
2005年7月にカラーチェンジ。
2006年のKXシリーズと共通イメージのグラフィックを採用。車体色は、ライムグリーン。
2006年7月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーン。
2007年8月にカラーチェンジ。
車体色は、ライムグリーン。
2008年7月にカラーチェンジ。
ゼッケンプレート、シュラウド、サイドカバーデカールとゼネレーターカバー、クラッチカバーのカラーとグラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。

2009年7月に特別・限定仕様の「KLX110 モンスターエナジー」を発売。
AMAスーパークロス選手権・AMAモトクロス選手権で活躍するカワサキワークスチームのスポンサー「モンスターエナジー」のグラフィックを採用。車体色は、エボニー。

 

 

カワサキ KLX110Lの歴史

2009年11月に「KLX110L」に新登場。型式は、LX110D
KLX110Lは、子供から大人まで幅広くオフロードを楽しめるバイクでKLX110からモデルチェンジされた。バルブタイミングの変更、KACR(カワサキ・オートマチック・コンプレッション・リリース)、4速マニュアルトランスミッション、セルスターターを採用。フロントフォークの変更。リアショックの変更。外装(シュラウド、タンク、ゼッケンプレート、サイドカバー、フェンダー)の変更が行われた。車体色は、ライムグリーン。
2010年8月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2011年7月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2012年7月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2013年7月10日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2014年7月にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2015年7月15日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2016年7月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。

2018年8月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。
2019年10月1日にカラーチェンジ。
カラー&グラフィックを変更。車体色は、ライムグリーン。

 

 

ここでは、
2009年7月発売のカワサキ KLX110モンスターエナジー(LX110A)と
2009年11月発売のカワサキ KLX110L(LX110D)
の違いを比較しました。

 

 

KLX110(LX110A)とKLX110L(LX110D)のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

KLX110 モンスターエナジー

KLX110L

モデルチェンジ区分

特別・限定仕様

新登場

型式

LX110A

LX110D

発売日

2009年7月

2009年11月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1555

1560

全幅 (mm)

660

650

全高 (mm)

955

990

ホイールベース (mm)

1065

1075

最低地上高(mm)

190

265

シート高 (mm)

650

730

車両重量 (kg)

68

76

乗車定員(名)

-

1

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

111

111

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

53

53

行程(ピストンストローク)(mm)

50.6

50.6

圧縮比(:1)

9.5

9.5

最高出力(kW)

4.6

-

最高出力(PS)

6.3

-

最高出力回転数(rpm)

7000

-

最大トルク(N・m)

6.9

-

最大トルク(kgf・m)

0.7

-

最大トルク回転数(rpm)

4500

-

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

3.8

3.8

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

0.5

0.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

キックスターター式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

-

1

搭載バッテリー・型式

-

FTH4L-BS

バッテリー容量

-

12V-3Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.9

0.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1

1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

リターン式・3段変速

リターン式・4段変速

1次減速比

3.409

3.409

2次減速比

2.357

2.923

変速比

1速 3.000/2速 1.937/3速 1.350

1速 3.000/2速 1.937/3速 1.350/4速 1.085

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

13

スプロケット歯数・後

33

38

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

86

90

フレーム型式

-

バックボーン

キャスター角

25.5

24°10

トレール量 (mm)

54

47

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

1

タイヤ(前)

2.50-14

2.50-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

3.00-12

3.00-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.4

1.4

ホイールリム幅(後)

1.6

1.6

メーカー希望小売価格

224,000円

255,000円

 

KLX110(LX110A)とKLX110L(LX110D)の違いを比較

 

KLX110(LX110A)とKLX110L(LX110D)の違いを比較

 

 

無印の「KLX110」と「KLX110L」の2種類ある。2009年までの「KLX110」は、キック始動だけ。サスペンションストロークが短い。ストロークは、フロント110mm、リア107mmで体重制限55kgの子供仕様。2010年以降の「KLX110L」は、セルフ・キックの併用式で、サスペンションが強化されて、ストロークがフロント140mm、リア132mm、体重制限70kgで大人も遊べる仕様になった。

 

 

最低地上高は、
KLX110が190mm
KLX110Lが265mm

 

 

トランスミッションは、「KLX110」が自動遠心クラッチ付きの3速トランスミッション。発進の際スロットルを開けるだけの簡単操作。「KLX110L」がマニュアルクラッチを装備し、変速機は本格的な1-N-2-3-4の4速変速を採用。ギヤの選択肢が広がりスポーティーなライディングに貢献。

 

KLX110とKLX110Lの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト