YB-1とYB-1Fourの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

YB-1とYB-1Fourの違いを比較

 

ヤマハ YB-1の歴史

1996年1月に「YB-1」が新登場。型式は、A-F6B
「YB-1」は、ビジネスバイクのYB50をベースに、レトロスポーツらしいデザインの原付1種モデル。空冷2サイクル単気筒エンジンを搭載。4段ロータリー式のマニュアルミッション、17インチのロードタイヤ、カフェレーサー風のシングルシートなどを採用。車体色は、2色(ブルーイッシュブラック、ベリーダークブルーメタリック3)。
1996年4月にカラーチェンジ。
車体色は、ファインレッド。
1997年4月にマイナーチェンジ。型式は、A-F5B
燃料計を標準装備。サイドスタンドを立てた状態でギアを入れたらエンジンがストップするイグニションカットオフシステムを採用。車体色は、2色(ベリーダークブルーメタリック3、ライトグレーメタリック3)。
1998年1月にカラーチェンジ。
車体色は、4色(ヤマハブラック/ビビッドレッドカクテル7、ヤマハブラック/ダークシアンメタリック1、ベリーダークブルーメタリック3、ライトグレーメタリック3)。
1998年5月にカラーチェンジ。
車体色は、シルキーホワイト/ファインレッド。
1999年4月5日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ミヤビマルーン、ベリーダークブルーメタリック、ライトグレーメタリック3)。2ストエンジンのYB-1の最終モデル。ヤマハの音叉マークをタンクエンブレムに採用し、車名はサイドカバーに移した。2000年3月10日に4ストロークエンジン搭載の「YB-1 Four」にモデルチェンジ。

 

 

ヤマハ YB-1 Fourの歴史

2000年3月10日に「YB-1 Four」が新登場。型式は、BA-UA05J
1996年1月に新発売された2ストエンジン搭載の「YB-1」の外観をそのままに、49cc空冷4ストロークエンジンを搭載して2000年3月に発売されたのが「YB-1FOUR」。前後のドラムブレーキは、YB-1よりも20mm大径化され130mmとなった。車体色は、3色(ライトパープリッシュブルーメタリック4、シルバーメタリック1、ボーダーブラウン)。
2001年9月17日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ダークグレイッシュリーフメタリック1、シルバー3、ヤマハブラック)。
2005年9月30日にカラーチェンジ。
立体エンブレムカラーを変更。車体色は、2色(シルバー3、ヤマハブラック)。これが最終モデル。
2007年の自動車排出ガス規制強化には対応せずに生産終了となった。

 

 

ここでは、
1999年4月5日発売のヤマハ YB-1(型式 A-F5B)と
2000年3月10日発売のヤマハ YB-1 Four(型式 BA-UA05J)
の違いを比較しました。

 

 

YB-1とYB-1Fourのスペックの比較

※違う部分をこの色にしています。

タイプグレード名

YB-1

YB-1 Four

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

A-F5B

BA-UA05J

発売日

1999年4月5日

2000年3月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1760

1785

全幅 (mm)

665

655

全高 (mm)

960

960

ホイールベース (mm)

1165

1190

最低地上高(mm)

120

130

シート高 (mm)

745

745

乾燥重量 (kg)

75

83

車両重量 (kg)

84

89

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

80

108

原動機型式

F5B

A302E

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

2スト・吸気形式

ロータリーディスクバルブ

-

カム・バルブ駆動方式

-

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

40

36

行程(ピストンストローク)(mm)

39.7

48.6

圧縮比(:1)

7.1

9.5

最高出力(kW)

-

3

最高出力(PS)

4.6

4

最高出力回転数(rpm)

6000

7500

最大トルク(N・m)

-

4

最大トルク(kgf・m)

0.56

0.4

最大トルク回転数(rpm)

5500

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

VM16SC

VM13SH

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.2

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

1.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

576

777.6

エンジン始動方式

キックスターター式

キックスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR7HS

CR7HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GT4B-5

GT4B-5

バッテリー容量

-

12V-2.5Ah

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

ロータリー式・4段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.894

4.117

2次減速比

3.545

3.545

変速比

1速 3.076/2速 1.889/3速 1.304/4速 1.037

1速 3.250/2速 1.812/3速 1.315/4速 1.044

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

11

11

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

420

420

標準チェーンリンク数

96

98

フレーム型式

プレスバックボーン

プレスバックボーン

キャスター角

26.3

26°30

トレール量 (mm)

75

74

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

2.25-17

2.25-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

33

33

タイヤ(前)速度記号

L

L

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

2.50-17

2.50-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

38

38

タイヤ(後)速度記号

L

L

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.2

1.2

ホイールリム幅(後)

1.4

1.4

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

35W/36.5W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

179,000円(消費税抜き本体価格)
ミヤビマルーン(ブラウン)、
ベリーダークブルーメタリック9(ブルー)、
ライトグレーメタリック3(シルバー)

189,000円(消費税抜き本体価格)
シルバーメタリック1(シルバー)、
ボーダーブラウン(ブラウン)、
ライトパープリッシュブルーメタリック4(ブルー)

販売計画台数(国内・年間)

7,000台

8,000台

 

YB-1とYB-1Fourの違いを比較

 

YB-1とYB-1Fourの違いを比較

 

 

1996年1月に「YB-1」が新登場して人気を得たが
環境問題から4ストロークエンジンを搭載することになり2000年3月10日に「YB-1 Four」が発売された。

 

 

「YB-1」から「YB-1Four」への変更点

 

粘り強い4ストロークエンジン搭載。

新たに空冷4ストロークエンジンを搭載。低速での粘り強さが特徴で市街地での快適な走行が楽しめる。またキャブレターセッティングの最適化で、排出ガス中の有害物質を低減、二輪車排出ガス規制に適合した。

 

 

130o径前後ドラムブレーキの採用。

ブレーキは、前後ともに従来の110mm径(YB-1)から130mm大径ドラムブレーキ(YB-1 Four)を採用し、操作感を向上させた。滑らかで入力に応じた効力が得られる。

 

 

明るいヘッドライトを採用。

ヘッドライトは、従来の30W/30W(YB-1)から35W/36.5Wハロゲンバルブ(YB-1 Four)を採用。

 

 

メッキ仕上げの大容量エアクリーナーカバー。

大容量エアクリーナーカバーにメッキ仕上げを採用し、前後フェンダーなど各メッキパーツとの相乗効果で質感あるカスタム感を強調した。

 

YB-1とYB-1Fourの装備の違いを比較

 

 

「YB-1」と「YB-1 FOUR」の違いは、ダウンチューブの有無で見分けられる。

 

YB-1とYB-1Fourの中古車価格と買取相場を同時にチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト