マジェスティ125とマジェスティ250の違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

マジェスティ125とマジェスティ250の違いを比較

 

ヤマハ マジェスティ125の歴史

※マジェスティ125には、台湾製造車と欧州仕様車の2種類あり、ここでは、台湾製造車。
1998年に「マジェスティ125」を台湾ヤマハから発売。
2000年7月にマイナーチェンジ。
ハザードとパッシングスイッチが付いた。リアブレーキにパーキングブレーキを装着。スクリーンをクリアからライトスモークに変更。DXの車体色ががツートン(黒、銀/黒、緑/銀)からストロボ(青ストロボ、銀ストロボ)へと変更。DXだけフロントマスク、タンデムグリップがカーボン柄となった。
2000年9月にマイナーチェンジ。
全車ウィンカーがスモーククリアレンズに変更。DXに赤ストロボカラーを追加。
2002年9月にFIモデルを発売。
台湾現地の排気ガス(第4期)規制対応のため、当時世界最小のインジェクション搭載のFIモデルを発売。シート表皮をパンチングメッシュに変更。SDXが無くなり、FIがメインとなった。ツートンカラーにFI用ステッカー。現地の台湾の排ガス規制値をクリアできないキャブレター車は、輸出専用モデルとなった。
2004年5月にヤマハの子会社、プレストコーポレーションにて日本での正規輸入取扱・販売を開始。
2005年1月にキャブレター車がラインナップから外れ、FI仕様のみとなった。
2007年2月にマイナーチェンジして発売。
フォークアウターやホイールの着色、シート表皮の変更、ヘッドライトがブルーからクリアに戻った。フロントマスクの音叉マークがステッカーからビトロエンブレムに変更。アンダーカウルにYAMAHAのロゴが復活、新型のFIロゴ。車体色は、白とガンメタの2色。
2008年7月に台湾車はラインアップから外れた。
現地の新しい排気ガス(第5期)規制が2009年1月より実施されたのと、主な輸出先の日本でも2008年9月から125ccクラスの自動車排出ガス規制が強化され輸入販売が難しくなったのが原因。

 

 

ヤマハ マジェスティの歴史

1995年7月に「マジェスティ」が新登場。型式は、4HC
これまでのスクーターと異なり、大柄の車体に大容量29リットルのメットインスペースを確保。今のビッグスクーターの原型とも言えるフロントカウルとウインドウシールドが一体となったスタイル。大型シートには可変バックレストを装備。当時のクラス最強の21psのエンジンを搭載。ビッグスクーターブームの火付け役となった。車体色は、3色(コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブラック2)。
1996年7月に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
タンデムステップ形状変更。車体色は、4色(ニューシルバーダスト、コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブラック2)。
1997年4月に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
トランクに照明が追加。シート形状の変更。駆動系の変更。車体下まわりのモール部までボディ同色塗装した。車体色は、4色(コンペティションシルバー、ディープレッドカクテル2、ブルーイッシュブラックカクテル1、ダークバイオレットカクテル1)。
1998年1月に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
ウインドウシールドとウインカーをスモーク化し、ポジションライトを追加。車体色は、3色(ニューシルバーダスト、ベリーダークブルーカクテル4、ブルーイッシュブラックカクテル1)。
1998年6月1日に「マジェスティ ABS」をタイプ追加して発売。型式は、SG01J
「マジェスティSV」の装備に、前後連動ブレーキ機構、アンチブレーキシステム(ABS)、デジタルトリップメーターを追加したモデル。車体色に白×銀のツートンカラーのABSモデル専用色を追加。車体色は、3色(ニューパールホワイト/マーブルシルバー、ニュ−シルバーダスト)の設定。
マジェスティの「4HC」と「SG01J」の違いの比較は、こちら。
1998年12月8日に「マジェスティ ABS」をカラーチェンジして発売。
スクリーン前部へのヤマハ音叉マーク採用。車体色は、3色(ブラック2、ニューシルバーダスト、ニューパールホワイト/マーブルシルバー)。
1999年1月12日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
スクリーン前部へのヤマハ音叉マーク採用。車体色は、3色(ニューシルバーダスト、ベリーダークブルーカクテル4)。
1999年10月15日に「マジェスティ」をフルモデルチェンジして発売。型式は、BA-SG03J
全て新設計。エンジン性能の向上、新設計フレーム採用による剛性感及び走行性能向上、居住性を大幅に向上、2眼マルチリフレクターヘッドライトでスポーティで高級感溢れる外観デザイン、シート下スペースは、容量29リットルから54リットルへアップし、フルフェイス2個収納可能などの実用機能を施した。排出ガス浄化システムとして、A.I.S.及びマフラー内にヘアピン形状の触媒を採用し、新排ガス規制に対応。車体色は、4色(シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークブルーカクテル4、マーブルシルバー)の設定。
マジェスティと「SG01J」と「BA-SG03J」の違いの比較は、こちら。
2001年3月1日に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
フィット感が心地よいワディング加工シートを採用。フロントグリルのカラーを黒からボディ同色に変更。車体色は、4色(シルバー1、シルキーホワイト、ビビッドレッドカクテル7、ベリーダークグリーンME1)の設定。
2001年8月7日に「マジェスティ」のカラーを追加して発売。
新色のブラック2を追加。これで2001年モデルのカラーは全5色となった。
2002年3月18日にマイナーチェンジして発売。
変更は多岐にわたり、質感と使い勝手が大きく向上。主な変更点は、アンサーバック機能付き・リモコン開閉式キーシャッターの採用、前後サスペンション性能の向上、新作5連メーターやシルバー塗装のヘッドライトエクステンション採用などによる外観の向上、シート形状やリアフートレスト形状変更などによる乗車時のフィット感向上など。車体色は、3色(シルキーホワイト、シルバー3、ダークバイオレットメタリックA)の設定。
マジェスティの2002年3月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2002年5月10日に「マジェスティ ABS」を発売。
信頼性を高めたアンチロックブレーキシステムを装備。ABS専用エンブレムを採用。車体色は、2色(シルキーホワイト、シルバー3)の設定。価格は、ABS無しのモデルより4万円アップ。
2003年3月3日に「マジェスティ」と「マジェスティ ABS」にカラーを追加して発売。
マジェスティの車体色は、3色(ダークパープリッシュブルーメタリックL、シルキーホワイト、シルバー3)の設定。マジェスティABSの車体色は、1色(ダークグレーメタリックA)の設定。
2004年2月にカラーチェンジして発売。
車体色は、3色(シルキーホワイト、シルバー3、ダークバーブリッシュブルーメタリックL)。ABSモデルがラインナップから消えた。
2007年5月31日に「マジェスティ」をフルモデルチェンジして発売。 型式は、JBK-SG20J
排出ガス規制に対応。フューエルインジェクションのSOHC水冷エンジンを低回転域のトルクを重視したセッティングにして搭載。オートマチックの変速特性を3パターンから選べる電子制御式変速装置「YCC-AT」を装備。ヘッドライトを縦目二対に変更。新フレーム、デュアルオープンのシート下収納スペース、スマートキーシステム、ボディパーツが滑らかに繋がるシームレス&ローシェイプデザインなどを採用。車体色は、5色(グリニッシュホワイトカクテル1、ダークパープリッシュブルーメタリックL、ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX、ダークブルーイッシュグレーメタリック8)の設定。
マジェスティのギャブとFIの違いの比較は、こちら。
2008年3月20日に「マジェスティ」のカラーを追加して発売。
車体色に新色のシルバー3を追加。従来色の5色をあわせた全6色の設定。
2009年1月30日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
車体色に新色のレディッシュブラックメタリック2を追加。従来色の3色(シルバー3、グリニッシュホワイトカクテル、ブラックメタリックX)とあわせて全4色の設定。
2012年2月28日に「マジェスティ」をマイナーチェンジして発売。
変更点は、重厚感漂う精悍な新デザインのフロントカウル、スーパースポーツ「YZF-R1」と同構造のプロジェクターヘッドライト(ポジションライト追加)、調整可能な5段階のアジャスト機能付き左右ブレーキレバー、新デザインメーターパネルなどを採用。車体色は、新色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ダークグレイッシュブルーメタリックE)と従来色のブラックメタリックXをあわせた3色の設定。
マジェスティの2012年2月28日のマイナーチェンジの変更点は、こちら。
2014年1月21日に「マジェスティ」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のベリーダークオレンジメタリック1と従来色の2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)をあわせた3色の設定。
2017年に生産終了が公表された。

 

 

 

ここでは、
2007年1月発売のヤマハ マジェスティ125と
2007年5月31日発売のヤマハ マジェスティ
の違いを比較しました。

 

 

マジェスティ125とマジェスティ250のスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

MAJESTY 125

MAJESTY

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

-

JBK-SG20J

発売日

2007年1月

2007年5月31日

仕向け・仕様

海外向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2175

全幅 (mm)

740

780

全高 (mm)

1240

1185

ホイールベース (mm)

1500

1550

最低地上高(mm)

-

110

シート高 (mm)

710

700

乾燥重量 (kg)

136.5

175

車両重量 (kg)

-

188

最小回転半径(m)

-

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

38

原動機型式

-

G359E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

53.7

68

行程(ピストンストローク)(mm)

54.8

68.6

圧縮比(:1)

-

10.8

最高出力(kW)

-

14

最高出力(PS)

-

19

最高出力回転数(rpm)

-

6500

最大トルク(N・m)

-

22

最大トルク(kgf・m)

-

2.2

最大トルク回転数(rpm)

-

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

8

12

燃料(種類)

-

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

-

456

エンジン始動方式

-

セルフスターター式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR9EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7A-BS

YTZ10S

バッテリー容量

12V-6.0Ah 10H

12V-8.6Ah 10H

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

-

1.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

1.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

1.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-40

クラッチ形式

自動遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.555

2次減速比

-

2.866

フレーム型式

-

バックボーン

キャスター角

-

27°00

トレール量 (mm)

-

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

-

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

120/70-12

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

55

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-12

140/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

59

65

タイヤ(後)速度記号

J

L

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

2.75

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

3.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

-

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H11

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21W/5W ×2

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

-

702,450円(本体価格669,000円/消費税33,450円)
グリニッシュホワイトカクテル1(ホワイト)、
ダークパープリッシュブルーメタリックL(ブルー)、
ディープレッドメタリックK(レッド)、
ブラックメタリックX(ブラック)、
ダークブルーイッシュグレーメタリック8(ガンメタ)

販売計画台数(国内・年間)

-

10,000台

 

マジェスティ125とマジェスティ250の違いを比較

 

マジェスティ125とマジェスティ250の違いを比較

 

 

コマジェのサイズ感がちょうどいい。
マジェスティ250は、でぶ過ぎる。

 

 

コマジェだと高速道路が走れない。街乗りオンリーならコマジェでいいけど。

 

 

ツーリングや頻繁に高速を使うならマジェスティ。
街乗りに徹するならコマジェ。

 

 

マジェスティの2型乗ってるけど、燃費27.5km/Lだった。
コマジェ(150ccボア)に乗ってた時は、30km/L前後だったから満足。

 

 

マジェスティ125とマジェスティ250の中古車価格と買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト