ジョルノとジョルカブの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

ジョルノとジョルカブの違いを比較

 

ホンダ ジョルノの歴史

1992年3月17日に「ジョルノ」が新登場。型式は、A-AF24。
シンプルでエレガントなスタイルを持つお洒落で高品位なメットインスクーター。
1993年1月に「ジョルノ」のカラー追加。
1993年12月10日に「ジョルノ」のカラー追加。
1995年2月10日に「ジョルノ」のスペシャルカラーリングモデルを追加。
車体色は、パールホワイト。フロントフェンダーと車体サイド部にピンストライプをあしらい、レザー風のツートーンカラーのシートなどを採用。
1995年12月22日に「ジョルノ」のカラー追加。
1996年1月8日に「ジョルノデラックス」をタイプ追加。
フロントフェンダーやレッグシールドなどの車体各部にモールをあしらい、シートに専用ツートーンタイプを採用。メッキタイプのマフラープロテクター、専用の立体エンブレム、専用のスペシャルキーの採用。ボディカラーは、ワントーンでまとめた。
ジョルノとジョルノデラックスの違いの比較は、こちら。
1996年1月17日に「ジョルノスペシャル」をタイプ追加。
「ジョルノデラックス」をベースに車体色はブラックを基調にレッドを効果的にあしらった。
1996年11月21日に「ジョルノ」と「ジョルノデラックス」に新色を追加。
1997年1月に特別・限定仕様の「ジョルノスペシャル」を発売。
1997年5月に特別・限定仕様の「ジョルノスペシャル」を発売。
1997年12月日に「ジョルノ」をカラーチェンジ。

1997年12月24日に「ジョルノ」と「ジョルノデラックス」をカラーチェンジ。
1999年1月29日に特別・限定仕様の「ジョルノデラックス スプリング コレクション」を発売。
ピュアブラックを採用し、マフラープロテクターなどのクロームメッキパーツやモール部を一段と際立たせた。シートカラーは、座り面をブラック、側面をブラウンのツートーンとした。
2011年1月28日に2代目「ジョルノ」が新登場。型式は、JBH-AF70
約12年振りにジョルノの車名が復活した2代目モデル。中国で生産され、同じ場所で生産されているトゥデイ(JBH-AF67)がベース。AF70E型空冷4ストロークSOHCエンジンやPGM-FI電子式燃料噴射装置をはじ、め一部コンポーネンツを共用する。車体色は、全7色(アズキブラウンンメタリック、キャンディコスモスピンク、パールクエンチイエロー、パールコットンアイボリー、パールキャンサーホワイト、デジタルシルバーメタリック、パールプロキオンブラック)。
ジョルノの初代「AF24」と2代目「AF70」の違いの比較は、こちら。
2012年1月27日に「ジョルノ」をカラーチェンジ。また「ジョルノ・スポルト」をタイプ追加。
ジョルノの車体色は、4色(アズキブラウンメタリック、パールコットンアイボリー、パールプロキオンブラック、デジタルシルバーメタリック)。「ジョルノ・スポルト」は、スポーティーさを演出するフロント、サイド、リアの各カバーに施されたレッドの専用ストライプとレッドのパイピングを施した専用シートを採用。車体色は、2色(パールキャンサーホワイト、パールプロキオンブラック)。
2013年1月25日に特別・限定仕様の「ジョルノ・スペシャルエディション」を発売。
特別なカラーリングを施したモデルで車体色は、2色(マットアクシスグレーメタリック、パールキャンサーホワイト)。
2014年1月24日に「ジョル」と「ジョルノ・デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「ジョルノ」が2色(オリオンイエロー、パールプロキオンブラック)。「ジョルノ・デラックス」がツートーンカラー4色(スピカピンクメタリック×パールコットンアイボリー、パールジェミニブルー×パールコットンアイボリー、アズキブラウンメタリック×パールコットンアイボリー、パールキャンサーホワイト×シグマシルバーメタリック)。
2014年11月20日に「ジョル」と「ジョルノ・デラックス」をカラーチェンジ。
車体色は、「ジョルノ」が4色(アズキブラウンメタリック、パールコットンアイボリー、キャンディーコスモスピンク、パールプロキオンブラック)。「ジョルノ・デラックス」がツートーンカラー2色(スピカピンクメタリック×パールコットンアイボリー、パールジェミニブルー×パールコットンアイボリー)。
2015年10月16日に「ジョルノ」をフルモデルチェンジ。型式は、JBH-AF77
エンジンに水冷4ストロークOHC単気筒50ccの「eSP」エンジンを採用。外観を一新し、より丸みを強調したボディに。アクセサリーソケットを標準装備。生産を従来モデルの中国から日本の熊本製作所に移管。車体色は、6色(パールマーメイドブルー、パールアンブラウン、アーベインデニムブルーメタリック、パールジャスミンホワイト、マグナレッド、ポセイドンブラックメタリック)。

ジョルノ 2011年「JBH-AF70」と2015年「JBH-AF77」の違いの比較は、こちら
2016年4月15日に特別・限定仕様の「ジョルノ・くまモンバージョン」を発売。
熊本県とのコラボでブラックとレッドを基調とした「くまモンカラー」を採用したジョルノが登場。車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2017年11月14日に「ジョルノ」と「ジョルノ・くまモンバージョン」をマイナーチェンジ。型式は、2BH-AF77
平成28年排出ガス規制の対応とカラーバリエーションの変更。車体色は、ジョルノが6色(プコブルー、パールソフトベージュ、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、パールアンブラウン、アーベインデニムブルーメタリック)。くまモン バージョンが1色(グラファイトブラック)。
ジョルノの「JBH-AF77」と「2BH-AF77」の違いの比較は、こちら。
2019年1月25日に「ジョルノ・スペシャル」を発売。
車体色にレッドとホワイトのツートーンカラーの「キャンディプロミネンスレッド」を採用。車体側面にストライプを配した。
2019年2月15日に「ジョルノ」をカラーチェンジ。「ジョルノ・くまもん バージョン」は、継続販売。また「ジョルノ・デラックス」を追加。
「ジョルノ」の車体色は、4色(プコブルー、パールソフトベージュ、ポセイドンブラックメタリック、パールアンブラウン)。「ジョルノ・くまもん バージョン」の車体色は、グラファイトブラック。「ジョルノ・デラックス」は、車体色が2色(ボニーブルー、タスマニアグリーンメタリック)。ボニーブルーのリアサイドカバーとストライプにはソフトベージュを。タスマニアグリーンメタリックのリアサイドカバーとストライプには、シルバーを採用するなどしたツートーンカラーを採用。

 

 

ホンダ ジョルカブの歴史

1999年8月5日に「ジョルカブ」が新登場。型式は、BA-AF53
「ジョルノ」のボディをベースに、「スーパーカブ」のエンジンをリファインして搭載。ギア操作による楽しい走りを具現化した新感覚のスクーター。車体色は、2色(モンツァレッド、シャスタホワイト)。
2001年2月3日にカラーを追加。
ボディをブラック、レッグシールドをグレイとしたシックなツートーンカラーを新たに追加。車体色は、3色(べガブラックメタリック(新色)、シャスタホワイト、モンツァレッド)。

 

 

ここでは、
1997年12月24日発売のホンダ ジョルノ(A-AF24)と
1999年8月5日発売のホンダ ジョルカブ(BA-AF53)
の違いを比較しました。

 

 

ジョルノとジョルカブのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

ジョルノ

ジョルカブ

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

A-AF24

BA-AF53

発売日

1997年12月24日

1999年8月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1660

1660

全幅 (mm)

630

630

全高 (mm)

1010

1015

ホイールベース (mm)

1175

1180

最低地上高(mm)

100

110

シート高 (mm)

720

720

乾燥重量 (kg)

64

75

車両重量 (kg)

69

79

最小回転半径(m)

-

1.8

乗車定員(名)

1

1

燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)(km/L)

48.6

110

原動機型式

AF24E

AF53E

原動機種類

2ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

49

カム・バルブ駆動方式

-

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

-

2

内径(シリンダーボア)(mm)

39

39

行程(ピストンストローク)(mm)

41.4

41.4

圧縮比(:1)

7

10

最高出力(PS)

5.6

3.9

最高出力回転数(rpm)

6500

7000

最大トルク(kgf・m)

0.68

0.41

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

PB3H

燃料タンク容量 (L)

4.2

4.2

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

204.1

462

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BR6HSA

CR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTR4A-BS

YT4L-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

ウェットサンプ式

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

リターン式・4段変速

変速機・操作方式

-

フットシフト

1次減速比

-

4.058

2次減速比

-

2.357

変速比

-

1速 3.180/2速 1.705/3速 1.238/4速 0.958

動力伝達方式

-

チェーン

スプロケット歯数・前

-

14

スプロケット歯数・後

-

33

チェーンサイズ

-

420

標準チェーンリンク数

-

78

フレーム型式

-

アンダーボーン

キャスター角

26.3

26°30

トレール量 (mm)

70

67

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

ボトムリンクフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

タイヤ(前)

3.00-10

80/100-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

32

46

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(後)

3.00-10

80/100-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

32

46

タイヤ(後)速度記号

J

J

 

ジョルノとジョルカブの違いを比較

 

ジョルノとジョルカブの違いを比較

 

 

1992年3月に新登場した2ストロークエンジンを搭載するジョルノが、1997年にホンダのオートバイエンジン4ストローク化方針に伴い、フルモデルチェンジされることとなり、その後継モデルが1999年6月に販売開始されたジョルノクレアと1999年8月に販売開始されたジョルカブ。

 

 

ジョルカブは、「既存のスクーターとは異なる、操る楽しさと乗る楽しさの創出」というキーワードで開発された。車体はベースとなったジョルノならびにジョルノクレアとほぼ同じだが、ジョルノやジョルノクレアが無段変速機を介したベルトドライブによる通常のスクーターなのに対して、ジョルカブは、パワートレインにスーパーカブの空冷4ストロークSOHC単気筒エンジンと自動遠心クラッチによる停車時のみロータリー式となる常時噛合4段マニュアルトランスミッションを搭載したモデル。

 

 

ジョルカブの独自の構造として、エンジン冷却風を前方からフロアーパネルトンネル部を通過させてシリンダーヘッドに導くためにレッグシールドが専用設計になったこと。フレームがエンジンケース外側を通すためベースモデルのジョルノより80mm以上幅広になったこと。フロアステップは、左側にシーソー式ギアチェンジペダルを設置するために専用品となったこと。

 

 

ジョルノの特徴
  • エンジンは、空冷2サイクル単気筒49ccを搭載。オートマチック(Vマチック)変速機構との組み合せで、低回転域から常用回転域までなめらかで力強い走りを実現。
  •  

  • 前後輪にチューブレスタイヤ(3.00-1032J)を装着。
  •  

  • 前輪は、トレーリングリンク式サスペンションに大径(95mm)フロントブレーキを組み合わせて装備。
  •  

  • フルフェイスのヘルメットが収納できる容量20リットルのシート下トランクを採用。
  •  

  • 速度計や燃料計などを内蔵したファッショナブルなメーター周り。
  •  

  • 補水不要の小型メンテナンスフリー・バッテリーを採用。
  •  

  • スタンド掛けを考虜したリア・グリップを装備。
  •  

  • 寒冷時の始動を容易にするオートチョーク機構を採用。

 

ジョルカブの特徴

 

  • 「ジョルカブ」は、「ジョルノ」の車体と「スーパーカブ」のエンジンを組み合わせたことによって生まれた名前。
  •  

  • エンジンは、スーパーカブの空冷4ストローク50ccを搭載。
  •  

  • スクーターNo.1の低燃費110km/L (30km/h定地走行テスト値)を実現。
  •  

  • キャブレターのセッティングなどを見直し、国内新排出ガス規制に適合。
  •  

  • 4ストロークならではの粘り強くなめらかな出力特性と、静粛性に優れる。
  •  

  • クラッチ操作を必要としない自動遠心式の4速リターン形式の採用で、オートマチック・スクーターでは得られない、自ら積極的に操る楽しさを実現。
  •  

  • スクーター初採用のスイングアーム式リアサスペンション。バネ下重量の軽減に寄与し、路面からの衝撃をソフトに吸収し、軽快な走り味を実現。
  •  

  • ハーフタイプのヘルメットが収納できるメットインスペースを装備。
  •  

  • 4.2Lの燃料タンクを採用。
  •  

  • ニュートラルと4速状態を表示するポジショニングランプをメーターパネル上部に採用。
  •  

  • 車体色は、モンツァレッドとシャスタホワイトの2色の設定。

 

 

 

●発売日
1997年12月24日

 

●名称
ジョルノ

 

●型式
A-AF24

 

●車体色
・ハイドレンジアブルーメタリック
・ムーンストーンシルバーメタリック

 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 23,000台

 

●メーカー希望小売価格
189,000円

 

●発売日
1999年8月5日

 

●名称
ジョルカブ

 

●型式
BA-AF53

 

●車体色
・モンツァレッド
・シャスタホワイト

 

●販売計画台数(国内・年間)
15,000台

 

●メーカー希望小売価格
189,000円

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
ジョルノ 69kg | 5.6PS/6500rpm | 0.68kgf・m/5500rpm
ジョルカブ 79kg | 3.9PS/7000rpm | 0.41kgf・m/5500rpm

 

●原動機種類
ジョルノ 2ストローク
ジョルカブ 4ストローク

 

 

●シート高
ジョルノ 720mm
ジョルカブ 720mm

 

 

●タンク容量
ジョルノ  4.2L
ジョルカブ 4.2L

 

●燃料消費率 国交省届出(30km/h走行時)
ジョルノ 48.6km/L
ジョルカブ 110km/L

 

●航続距離(30km/h走行時)
ジョルノ  4.2L × 48.6km/L =204.12km
ジョルカブ 4.2L × 110km/L =462km

 

 

ジョルノとジョルカブは、見た目は、似てるけど、駆動方式も操縦方法も違う。中古市場では、ジョルカブの方が多少のプレミアムが付いてる。

 

 

ジョルノは2STベルト駆動でエンジン系は、Dioのアフターパーツが使えるし、シート下トランクが広い。ジョルカブは、4STミッション、チェーン駆動でエンジンは、カブ系だからカブのアフターパーツが使えるけど、シート下トランクは狭い。

 

 

ジョルカブは、スーパーカブと同じ横型エンジンだから燃費が良いし、オイル交換さえちゃんとやってれば長持ちするよ。あとチェーン駆動だからチェーンの給油程度のメンテナンスは必要。

 

 

ノーマルでキビキビ走りたい人は、ジョルノ。
まったり走りたい人は、ジョルカブ。

 

 

俺なら街中だけならジョルノ。ツーリングも行くならジョルカブがいいと思う。

 

ジョルノとジョルカブの買取価格の相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト