リード80デラックスとリード80SSの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

リード80デラックスとリード80SSの違いを比較

 

ホンダ リード80の歴史

1982年3月に「リード80デラックス」が新登場。 型式は、HF01
リード80デラックスは、リード50スーパーデラックスの1ヶ月遅れで発売され、リード50と車体を共有。エンジンは、排気量79cc空冷2スト単気筒。始動方式は、セル&キック併用で、オートチョーク機構も備えた。二人乗りのためのロングシートを採用。フロントのグローブボックスはキー開閉式。車両重量は、72kg。車体色は、2色(レッド、ブルー)。
1985年6月25日に「リード80SS」が新登場。 型式は、HF04
リード80SSは、リード80デラックスの発展モデル。カウルデザインが一新され、79ccの空冷2スト単気筒エンジンに、排気脈動(燃焼ガスの排出時に生み出される)の効率を上げる「ハイパーエキゾースト」を採用するなどして7psを発揮。前輪に油圧式ディスクブレーキを採用。メカニカル・アンチダイブ機構を採用し、ブレーキング時に車体がつんのめるのを抑制。キーロック付きのインナーボックスやサイドトランク、リアキャリアを装備。車両重量は、84kg。車体色は、2色(ホワイト、ブラック)。

 

 

ここでは、
1982年3月発売のホンダ リード80デラックス(型式 HF01)と
1985年6月25日発売のホンダ リード80SS(型式 HF04)
の違いを比較しました。

 

 

リード80デラックスとリード80SSのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

リード80 デラックス

リード80SS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

HF01

HF04

発売日

1982年3月

1985年6月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1675

1715

全幅 (mm)

665

680

全高 (mm)

1075

1110

ホイールベース (mm)

1170

1185

最低地上高(mm)

110

110

乾燥重量 (kg)

78

79

車両重量 (kg)

72

84

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(50km/h走行時)(km/L)

65

60

原動機型式

HF01E

HF01E

原動機種類

2ストローク

2ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

79

79

2スト・吸気形式

ピストンリードバルブ

ピストンリードバルブ

内径(シリンダーボア)(mm)

48

48

行程(ピストンストローク)(mm)

44

44

圧縮比(:1)

6.8

6.8

最高出力(PS)

6.5

7

最高出力回転数(rpm)

6500

7000

最大トルク(kgf・m)

0.79

0.8

最大トルク回転数(rpm)

5000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

5.3

4.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

344.5

288

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

BP6HS

BP6HS

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

-

YTX5L-BS

エンジン潤滑方式

分離給油(2スト)

分離給油(2スト)

2ストエンジンオイルタンク容量

1.2

1.2

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

27°30

27°30

トレール量 (mm)

41

41

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

ボトムリンクフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)プライレーティング

4PR

4PR

タイヤ(後)

3.50-10

3.50-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)プライレーティング

4PR

4PR

ホイールリム幅(前)

2.15

2.15

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

1.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2

2

ヘッドライト定格(Hi)

30W/30W

30W/30W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

172,000円(北海道、沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)

189,000円(北海道、沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)

販売計画台数(国内・年間)

リードシリーズ合計180,000台(リード50スーパーデラックス、リード50デラックス、リード80デラックス)

6,000台

 

リード80デラックスとリード80SSの違いを比較

 

リード80デラックスとリード80SSの違いを比較

 

 

リード80デラックス(1982年3月発売)のよりスポーティな派生モデルとしてリード80SS(1985年6月25日発売)が登場した。

 

 

1985年6月25日にスポーティなデザインと軽快な走りで好評のスポーティスクーター「ホンダ・リード80」のスタイルを一新し、また、前輪にディスクブレーキを新たに採用するなど装備を充実させた「ホンダ・リード80SS」を発売。

 

 

リード80SSになっての主な特徴
  • カウルデザインを一新。
  •  

  • 新設計の空冷2サイクルエンジン(79cm3、7.0PS/7,000rpm)を搭載しエンジンはさらにパワフルに。
  •  

  • 効果的な排気脈動が得られる「ハイパーエキゾースト(排気管)」の採用と掃気ポート部の変更などで優れた吸排気効率を実現した。
  •  

  • サスペンションは、前輪に油圧式ダンパー付トレーリング・リンク式に加えて、ブレーキング時の反トルクを利用したメカニカル・アンチダイブ機構を採用し、制動時に発生し易い車体の沈み込みを緩和させた。
  •  

  • 前輪に油圧式ディスクブレーキを装備。
  •  

  • キーロック付のインナボックスを採用。
  •  

  • サイドトランクを採用。

 

 

リード80デラックスとリード80SSのスペックの違う部分

 

●タイプグレード名
リード80 デラックス → リード80SS

 

●型式
HF01 → HF04

 

●発売日
1982年3月 → 1985年6月25日

 

●全長 (mm)
1675 → 1715

 

●全幅 (mm)
665 → 680

 

●全高 (mm)
1075 → 1110

 

●ホイールベース (mm)
1170 → 1185

 

●乾燥重量 (kg)
78 → 79

 

●車両重量 (kg)
72 → 84

 

●燃料消費率 国交省届出(50km/h走行時)(km/L)
65 → 60

 

●最高出力(PS)
6.5 → 7

 

●最高出力回転数(rpm)
6500 → 7000

 

●最大トルク(kgf・m)
0.79 → 0.8

 

●最大トルク回転数(rpm)
5000 → 6000

 

●燃料タンク容量 (L)
5.3 → 4.8

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
344.5 → 288

 

●ブレーキ形式(前)
機械式リーディングトレーリング → 油圧式ディスク

 

●メーカー希望小売価格/カラーバリエーション
172,000円(北海道、沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)
→ 189,000円(北海道、沖縄価格は5,000円高。その他、一部離島を除く。)

 

リード80デラックスとリード80SSの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト