PCXとPCXハイブリッドの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

PCXとPCXハイブリッドの違いを比較

 

ホンダ PCXの歴史

2010年3月30日に新登場。型式は、EBJ-JF28。
車体色は、3色(パールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリック)の設定。
2012年5月11日にマイナーチェンジ。
新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP」に変更。エンジンマウント位置の変更。シートのバックレストの形状変更。燃料タンクリッドの開口方向の変更。
車体色は、新色のキャンディーライトニングブルーと従来色のホワイトとブラックの3色の設定。
2012年12月14日に特別・限定仕様 PCXスペシャルエディションを発売。
特別カラーの車体色2色(パールヒマラヤズホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック)とゴールドカラーのホイールを採用。
2014年4月24日にフルモデルチェンジ。型式は、EBJ-JF56。
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント、リアカウルを採用。エンジンは、「eSP」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性とするともに燃費性能を向上。リアタイヤは、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用。シートは、バックレスト一体型に変更。燃料タンク容量を5.9Lから8.0Lに増やした。車体色は、3色(キャンディーノーブルレッド、ポセイドンブラックメタリック、バールジャスミンホワイト)の設定。
PCXのJF28とJF56の詳しい違いは、こちら
2015年5月22日にカラーを追加。
新色のマットテクノシルバーメタリックを追加。従来色の3色(レッド、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年2月26日にカラーチェンジ。
新色のパールダークアッシュブルー。従来色の3色(シルバー、ブラック、ホワイト)とあわせて全4色の設定。
2016年4月22日に特別・限定仕様の「PCX Special Edition」を発売。
スポーティーなイメージの特別カラー2色(パールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリック)を採用。「白 or 黒」のカラーをベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、シートのステッチ、リアサススプリング、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤のアクセントをつけた。

2017年2月10日にカラーチェンジ。
新色は、単色のクリッパーイエローとツートンのキャンディーロージーレッドとポセイドンブラックメタリック。ツートンは、ロアカバーにシルバー、ボディカバーにストライプ、シートにレッドのステッチを採用。従来色の3色(ダークブルー、ホワイト、ブラック)とあわせて全6色の設定。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BJ-JF81
外観を一新。エンジンは、「eSP」の一部仕様を変更し優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。フレームをダブルクレードル構造に変更。前後ホイールの軽量化とタイヤのサイズ変更によるワイド化。リアサスペンションのストローク量を増加。「Honda SMART Keyシステム」を採用。車体色は、4色(キャンディラスターレッド、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイト、ブライトブロンズメタリック)の設定。
PCXのJF56とJF81の詳しい違いは、こちら

 

 

ホンダ PCXハイブリッドの歴史

2018年9月に新登場。型式は、2AJ-JF84
車体色は、1色(パールダークナイトブルー)の設定。

 

 

ここでは、
2018年3月発売のホンダ PCX(2BJ-JF81)と
2018年9月発売のホンダ PCXハイブリッド(2AJ-JF84)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

PCX

PCXハイブリッド

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

発売年月

2018年4月

2018年9月

型式

2BJ-JF81

2AJ-JF84

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1925

1952

全幅 (mm)

745

745

全高 (mm)

1105

1105

軸間距離 (mm)

1315

1315

最低地上高 (mm)

137

137

シート高 (mm)

764

764

車両重量 (kg)

130

135

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

ハイブリッド

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.9

57.9

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

9

9

最高出力(PS)

12

12

最高出力回転数(rpm)

8500

8500

最大トルク(N・m)

12

12

最大トルク(kgf・m)

1.2

1.2

最大トルク回転数(rpm)

5000

5000

燃料タンク容量 (L)

8

8

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

-

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.9

-

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.6

55

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.7

51.9

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/80-14

100/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

48

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/70-14

120/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

55

55

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.15

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3.5

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有

車両装備

ハザードランプ 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有

メーカー小売価格

342,360円(消費税抜本体価格 317,000円)

432,000円(消費税抜本体価格 400,000円)

 

PCXとPCXハイブリッドの違いを比較

 

PCXとPCXハイブリッドの比較の口コミ

 

 

ハイブリッドの方が全長が27mm長くなって、5kg重くなって、燃費がほんの少し良くなってる。

 

 

ノーマルの型式がJF81。
ハイブリッドの型式がJF84。

 

 

一番の違いは価格だね。HVになるだけで10万円アップして30万円から40万円になる。

 

 

メンテナンスを考えればPCXハイブリッドより部品の少ないPCXの勝ち。足としても荷物が多く乗るPCXの勝ち。ハイブリッドは、金があって新しいもの好きが買うものだ。

 

 

普通のPCXとハイブリッドで迷ったけど、普通の方を買った。バイク屋の話では、ハイブリッドは事故をしてバッテリーに触れない状況になると修理が出来ないって言ってた。それにバッテリー劣化で交換する時に、かなり費用がかかるらしい。

 

 

PCX(JF81)に試乗して加速が不満ならハイブリッド(JF84)がオススメ。アイドリングストップからのタイムラグがほとんど無いし、上り坂も125ccとは思えないぐらい登る。

 

 

燃料消費率 WMTCモード値
JF81 → 50.7km/L
JF84 → 51.9km/L

 

カタログ燃費は、PCXハイブリッドのが若干良いけど、実燃費報告をみてるとJF84よりJF81の方が燃費良い例が多い気がする。おそらくHVの加速を堪能するためにアクセルを開けて走るからだと思う。ある程度開けないとアシストを体感できないからね。

 

 

JF81より更に出足が速いHVには、興味がある。でも値段の差ほどの価値は無いと思う。

 

 

金があるならりコスパとか関係ないからHV買ったらいい。まあ、金あるなら原付二種より上のクラス買えって話だけど。HVは、カタログの航続距離100qのEVなら通勤や通学で使うのはいいと思うけど、実際に乗ってると経年変化とかで航続距離が短くなるから怖くてツーリングで郊外とか行けない。

 

2018年7月時点で
PCXハイブリッドの乗り出しが45万円ぐらい。
JF81の乗り出しが安い店で31万円ぐらい。
14万円ぐらい差があるね。

 

 

純正品バッテリー型番
JF81 GTZ8V 12V 7Ah(10HR)
JF84 GTZ6V 12V 5Ah(10HR)

 

 

●変速比
JF81 2.650〜0.810
JF84 2.550〜0.810
●純正バッテリー(2018年9月7日のAmazonの価格)
JF81 GTZ8V 7A \16,899
JF84 GTZ6V 5A (YTZ6V \12,334)

 

 

●車両重量と馬力
JF81 130kg 12ps/8,500rpm
JF84 135kg 12ps/8,500rpm 
※モーターアシストの最大出力は、1.9ps/3,000rpm

 

 

両方試乗したけど、登り坂や出足が全然違うからハイブリッドのがいいと思うよ。

 

 

JF81乗りだけどPCXハイブリッドは、羨ましい。JF84がJF81の上位互換なのは間違いない。自分がJF81にしたのは、シグナルGPに興味がないし、10万円ぐらい余分に払う気にならなかった。あとメットインが狭くなるのも嫌だし。

 

 

JF84を買う金があれば、JF81を買って余ったお金でいろいろ買った方がいい。
JF84 = JF81 + アライのフルフェイス(4万円) + バイク用ジャケット(2万円) + グローブ(5000円) + ブーツ(1万円) + ナックルガード + グリップヒーター + スマホホルダー

 

 

JF84乗りだけど、JF81に乗る機会があった。加速は、JF84に乗り慣れたせいかJF81は、モッサリしてる感じがした。JF84は、グッと押し出されてる感じだけど、JF81は、ワンテンポ遅れて加速する。それからJF84の方がブレーキの効きがグッと効いてる感じがした。コスパでは、ガソリンのJF81だが運転する楽しさは、JF84をおすすめする。メットインの狭さや値段の高さなどの欠点はあるけど、自分は、JF84買って良かったと思ってる。

 

 

●ムーバブルドライブ(プライマリプーリー)
JF81 22110-K96-V00
JF84 22110-K96-J10
違う

 

●ドライブフェイス
JF81 22102-K97-T00
JF84 22102-K97-T01
違う

 

●ドリブンフェイススプリング(センタースプリング)
JF81 23233-K96-V00
JF84 23233-K35-V00
違う

 

●ムーバブルドリブンフェイス(トルクカム)
JF81 23224-K96-V00
JF84 23224-K96-V00
同じ

 

●ドリブンフェイスセット(セカンダリープーリー)
JF81 23205-K97-T00
JF84 23205-K97-T00
同じ

 

●クラッチスプリング
JF81 22401-KYB-900
JF84 22401-KYB-900
同じ

 

 

PCXの公式サイト見ると
・PCXは、容量28Lの収納スペースを確保したラゲッジボックスを採用。
・PCX HYBRIDは、ハイブリッドシステムを採用しながらも容量23L

 

 

PCXは、メットインスペース容量が28L。PCXハイブリッドは、容量23L。
PCXハイブリッドは、ハイブリッドシステムのせいでメットインスペースが小さくなってる。
リアボックス付けたくない俺には、痛い。

 

 

「馬力 = 最高出力」だが、PCXハイブリッドでもその速度域ではアシストしないから同じ12馬力だ。

 

 

JF84は、JF81よりメーカー小売価格で10万円ぐらい高いけど、

 

・48V最強Libバッテリー装備
・回生充電方式で12V充電不要
・強力アシスト電磁モーター装備
・オールクリアテール装備
・キルスイッチ装備
・ABS装備

 

これだけ付いてるから高くないと思う

 

 

PCXハイブリッドは、走りに関してはPCXとかなり違い感じるからそこにこだわる人には、おすすめ。メットインが小さいけど、リアボックス付ければいいだけだし、ABSも標準装備だから俺はPCXハイブリッドにして良かったと思ってる。

 

 

PCXハイブリッドは、リアサス交換する時に、リチウムイオンが邪魔になる。

 

 

俺は、JF81にした。JF84欲しかったけど、余分に9万は、出せなかった。

 

 

JF84のモーターは、stop&goが多い場所ほど効果があるから、都市部ならJF81より燃費が上がると思う。Sモードだと燃費悪いけど。

 

 

どこかのレビューによると、0-200mはハイブリッドの方が速くて、200-400mで追い抜かれる感じと書いてた。最高速は、PCXの方が上。収納スペースもPCXの方が上。車体色も2019年3月時点では、PCXは、4色から選べるけど、ハイブリッドは1色だけ。

 

 

ハイブリッドのメリットはシグナルGPが150クラスになることだけだから、それにプラス10万円出そうとは思わないな。

 

 

JF84乗りだけど、JF81と違うハイブリッドの良さは、アイスト状態からのスタートでタイムラグを感じないことと、坂道の加速が良くなること。あとシートやライト類が専用の物が使用されてる。

 

 

俺は、JF81にしたわ。
理由は、ハイブリッドは、ノーマルに比べて、
バッテリーが劣化した時の問題。
カラーを選べない。
メットインが狭い。
盗難される確率が上がる。
価格が10万円高い。

 

 

PCXハイブリッドの方が
ハイブリッドシステム付いてるから走り出しの機敏なスロットルレスポンスや登り坂や走行時の加速性能が向上してるし、
メーターもチャージ/アシストレベル表示、走行モード表示などを採用した専用メーターだし、
シートのステッチがブルーでシート表皮はブラックとグレーのツートーンになってるし、
スマートキーもブルーのオーナメントを採用してるし、
ハイブリッドのエンブレムが付いてるし、
所有感がある。

 

 

アクセル全開だったらエンジン音は同じかもしれないけど、ハイブリッドは、モーターでアシストするから加速時間が短くなって加速の時のエンジン音が少し静かになる。

 

 

純正のGSユアサのバッテリーは、
JF81スタンダードがGTZ8Vの7Ah
JF84ハイブリッドがGTZ6Vの5Ah
大きさも値段も全然違うね。

 

 

●販売計画台数(国内・年間)
PCX(JF81)       15,000台※2018年4月6日
PCX HYBRID(JF84)   2,000台※2018年9月14日

 

 

JF81とJF84のメットイン容量の違いは、コロコロコミック1冊分ぐらいしかないから見た目的には、誤差範囲だけど、問題はその位置であそこの容量がなくなると、長物はほとんど入らなくなる。実際使うと見た目の以上に不便になるし、JF84の方が箱の必要性が高まるから、その分更に金がかかるかも。

 

 

JF81とJF84を試乗してきた。第一印象としてJF84は、まだ未完成の感じがして、すぐ改良版がでそうな気がした。特にSモードでアイドリングストップが強制でONなのが微妙だね。ABSは、魅力だけど、現時点では、JF81の方が完成度、コストの面ともに良いと思った。

 

 

車と同じでコスパの面では、ガソリン車の圧勝。バイブリットは、そういうのを気にしない人が買うもん。

 

PCXの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト