スウィッシュとリード125の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

スウィッシュとリード125の違いを比較

 

スズキ スウィッシュの歴史

2018年6月26日にスウィッシュの国内向けモデルを発売。型式は、2BJ-DV12B
車体色は、4色(パールブレーシングホワイト、トリトンブルーメタリック、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック)の設定。
2018年9月21日にスウィッシュ リミテッドを発売。
グリップヒーター、ナックルバイザー、シートヒーターの装備をプラスしたモデル。車体色は、スウィッシュと同じ。

 

 

ホンダ リード125の歴史

1982年2月に初代リード125が新発売。
1982年10月に2ストローク124ccエンジンを搭載したリード125(JF01)を追加しましたが約1年で製造販売終了となり、HONDAの125ccクラススクーターは4ストロークエンジン搭載のスペイシー125ストライカーに移行。それ以降、125ccのリードは、5代目までありません。
2013年7月4日にリード125(5代目)が発売。型式は、EBJ-JF45
車体色は、4色(ブラウン、シルバー、ホワイト、ブラック)。
2015年6月18日にマイナーチェンジ。
車体のフロントトップカバーとヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を艶消しへと変更。アイストに電圧感知機能を追加し、バッテリーサイズを大型化。従来からあるエンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能で表示が点灯するまでの走行距離を設定範囲内で任意に選択できるようになった。車体色は、新色の「エグザルテッドブルーメタリック」を追加。継続色のシルバー、ブラック、ホワイトに加え、全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジ。
車体色は、新色の「キャンディーノーブルレッド」を追加。継続色のブルー、シルバー、ブラック、ホワイトに加え、全5色。
2017年12月8日にマイナーチェンジ。型式は、2BJ-JF45
ヘッドライトがLEDに変更。フロントインナーボックスに電源ソケットが設けられた。フロアステップに左右計で30mmの絞り込みを行い、停車時の足つき性を向上。車体色は、単色がシルバー、ブラック、パールホワイトの3色。ツートーンがレッド、ブルー、パールホワイトの3色の全6色の設定。
リード125「EBJ-JF45」と「2BJ-JF45」の詳しい違いは、こちら
2018年7月2日に特別仕様の「リード125 SPECIAL」を発売。
リード125をベースに、フロントカバーからメーターカバー、フロアカバー、リアセンターカバー、リアキャリにかけてマットブラック塗装をを施したツートーンカラーモデル。

 

 

ここでは、
2018年6月26日発売のスズキ スウィッシュ(2BJ-DV12B)と
2017年12月8日発売のホンダ リード125(2BJ-JF45)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

スウィッシュ

リード125

発売年月

2018年6月

2017年12月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

型式

2BJ-DV12B

2BJ-JF45

全長 (mm)

1830

1840

全幅 (mm)

690

680

全高 (mm)

1095

1130

軸間距離 (mm)

1250

1275

最低地上高 (mm)

120

140

シート高 (mm)

760

760

車両重量 (kg)

114

114

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

124

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

-

内径(シリンダーボア)(mm)

52.4

52.4

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

57.9

圧縮比(:1)

10.3

11

最高出力(kW)

6.9

8.3

最高出力(PS)

9.4

11

最高出力回転数(rpm)

7000

8500

最大トルク(N・m)

10

11

最大トルク(kgf・m)

1

1.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5000

燃料タンク容量 (L)

5.5

6

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

-

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

0.8

0.9

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25°50

26°30

トレール量 (mm)

77

75

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

51

52.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

50.1

50

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/90-10

90/90-12

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

44

タイヤ(前)速度記号

J

J

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

56

タイヤ(後)速度記号

J

J

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

2.5

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

2.75

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
USBポート 有
キャリア 有

DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

318600円

309,960円
313,200円(ツートーン)

 

スウィッシュとリード125の違いを比較
スウィッシュとリード125の装備の違い

 

スウィッシュとリード125の比較の口コミ

 

 

スウィッシュとリード125の発進加速を比べるとリード125の方が全然速い。更に標準WRがスウィッシュが15gでリード125が19g。リード125の方が伸びしろもある。

 

 

スウィッシュ買うぐらいならリード125買うわ。実売価格がほぼ同じでリード125の方がパワーが上だし。

 

 

2019年4月に同じバイク店での乗り出し価格。自賠責5年つき。
リード125(ツートン)が317,350円。スウィッシュが275,350円。
メーカー希望小売価格は、スウィッシュの方が5000円ぐらい高いのに実売価格は、リード125の方が4万円ぐらい高い。

 

 

リード125からスウィッシュ乗り換えたけど、乗り心地は、大差ないよ。俺は身長170cmで痩せ型だけど、特に窮屈とか思わない。

 

 

リード125は、あの価格でリアサスペンションが片持ちでウインカースイッチとホーンの位置が逆。更にシートがすごく硬い。スウィッシュより上なのは、メットイン容量と動力性能ぐらいかな。

 

 

俺の中でメットイン容量と動力性能は、スクーター選びで優先順位が高い重要なポイントだから、それだけでリード125の方がいいと思う。

 

 

俺は、リアボックスを付けたくないからリード125のメットイン容量がでかいのは、ポイントが高い。でもリード125に跨った時、スウィッシュの方が断然居住性が良かった。ちなみに身長は、174cm。

 

 

スウィッシュは、いまいちターゲット層がはっきりせず、値段だけリード125やシグナスと同じぐらいの値段になっちゃったって感じがする。

 

 

●タイヤサイズ
スウィッシュ
タイヤ(前)100/90-10
タイヤ(後)100/90-10
リード125
タイヤ(前)90/90-12
タイヤ(後)100/90-10

 

 

エンジンはリード125の方がいいけど、デザインは、スウィッシュだな。

 

 

リード125は、フロントインナーボックスの使い勝手が悪い。スウィッシュは、蓋の無いポケットになってるから使いやすい。

 

 

リード125で評判悪いのは、給油のしづらさとウインカーとホーンの位置が逆なのと乗り心地の悪さ。

 

 

リード125の方が水冷エンジンでシート下スペースが広くて、アイスト付きで燃料タンク容量もスウィッシュより0.5L多くて、値段も安い。後出しのスウィッシュの方が微妙ってスズキの狙いがわからない。

 

 

リード125   メットイン37L 燃料タンク6L
スウィッシュ メットイン28L 燃料タンク5.5L

 

燃料タンクは、どっちも少な過ぎ。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト