アドレスV125とマジェスティSの違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

アドレスV125とマジェスティSの違いを比較

 

スズキ アドレスV125の歴史

2005年2月26日に新登場。型式は、BC-CF46A
車体色は、黒、白、紺の全3色。
2007年2月28日にマイナーチェンジ。
メーターパネルにターンシグナルインジケーターを新しく採用し、文字盤のデザインを変更。シート下トランクに荷物の損傷を軽減するスポンジタイプのインナーマットを採用。車体色は、黒、白の全2色。
2010年1月15日にマイナーチェンジ。型式は、EBJ-CF4EA
2008年に一旦生産を終了となったアドレスV125がリアキャリア、インナーラックを装着するマイナーチェンジを施し復活。車体色は、3色(ソニックシルバーメタリックNo.2、グラススパークルブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)の設定。
2010年12月24日にカラー追加。
新色のファントムブラックメタリックNo.2を追加した。
2012年6月26日にカラーチェンジ。
新色のキャンディカプリブルーを追加。継続色3色(シルバー、ホワイト、ブラック)と合わせ全4色の設定。
2013年7月31日にカラーチェンジ。
新色のパールグラスホワイトNo.2を追加。継続色3色(シルバー、ブルー、ブラック)と合わせ全4色の設定。

 

 

ヤマハ マジェスティSの歴史

2013年10月30日に新登場。型式は、JBK-SG28J
車体色は4色(ホワイト、ブラック、マットチタン、レッド)。
2015年9月10日にマイナーチェンジとSPシリーズの設定。
2016年モデルの主な変更点は、クッション厚を増加した柔らかいタンデムシートを採用、快適な乗り心地を実現する前後サスペンション、ポジションランプの質感向上(LED片側6個→10個へ、レンズカット織り込み)などを施した。車体色には、新色の「ディープレッドメタリックK(レッド)」を追加。継続色2色(ホワイト、ブラック)とあわせて3色の設定。
SPシリーズは、ツートン塗装の「マットチタン1(マットチタン)」と「ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(パープル)」の2色。追加装備は、前後ブレーキにレッドキャリパーを採用、メッキ処理のハンドルバーエンド、サテンクロームのエンブレム、ブラック塗装テールライトエクステンション、リアホワイトサスペンションの採用など。
2015年11月10日に特別・限定仕様「60th Anniversary」を発売。
「60th Anniversary」は、1970年代から80年代の北米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現するスピードブロックをデザイン。車体色は、「ビビッドイエローソリッド2」(イエロー)の1色。
2017年2月10日に特別・限定仕様「MAJESTY S SPECIAL EDITION」を発売。
「SPECIAL EDITION」の標準モデルとの違いは、ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー、「SPECIAL EDITION」専用エンブレム、精悍なゴールドキャリパーなどを追加。車体色は「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)の1色。
2018年1月25日にマイナーチェンジして発売。型式は、2BK-SG52J
2018年モデルの主な変更点は、LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用によって精悍なフロントフェイスへデザインを一新、フロントポケットへの12V DC電源ジャックの採用。車体色は、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色(ホワイト、マットダークグレー、ブラック、ブルー)を設定。

 

 

ここでは、
2013年7月31日発売のスズキ アドレスV125(EBJ-CF4EA)と
2013年10月30日発売のヤマハ マジェスティS(JBK-SG28J)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種名

アドレスV125

マジェスティS

発売年月

2013年7月

2013年10月

全長 (mm)

1750

2030

全幅 (mm)

635

715

全高 (mm)

1030

1115

軸間距離 (mm)

1235

1405

最低地上高 (mm)

120

90

シート高 (mm)

740

795

車両重量 (kg)

97

145

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

124

155

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

53.5

58

行程(ピストンストローク)(mm)

55.2

58.7

圧縮比(:1)

9.6

11

最高出力(kW)

7.3

11

最高出力(PS)

9.9

15

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

10

14

最大トルク(kgf・m)

1

1.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

6

7.4

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR6HSA

CPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

YTX7A-BS

GT7B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.1

1

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

1

2次減速比

-

8.787

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

26°00

26°00

トレール量 (mm)

82

82

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

52

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

41.6

37.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

90/90-10

120/70-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

50

53

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

100/90-10

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

56

57

タイヤ(後)速度記号

J

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

2.15

3

ホイールリム幅(後)

2.15

3.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

PH12

-

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

車両装備

キャリア 有

センタースタンド 有

メーカー小売価格

236,250円(税抜き 225,000円)

340,200円(税抜き 324,000円)

 

 

アドレスV125とマジェスティSの違いを比較

 

アドレスV125とマジェスティSの比較の口コミ

 

 

アドレスV125の小径タイヤで高速巡航するのは、怖い。それなりにスピード出して遠出するならマジェスティS。まあ、近場だけの下駄としては、アドレスV125は、最強だけど。

 

アドレスV125からマジェスティSに乗り換えた。よく埼玉から伊豆半島を一周するけど、高速走れて凄く楽になった。特に帰りの環状八号線の渋滞を回避できるのが最高。

 

アドレスV125と比較したら、マジェスティSの出足の加速は少し劣るかもしれないけど、伸びが全然違うしエンジンに余裕があるから高速域でアドレスみたいに必死な感じにならない。マジェスティSは、6500rpmで80km/h近く出る。もちろんブレーキ性能や走行安定性も上。

 

 

マジェスティSは、155ccだから高速道路走れるのがいいね。でもファミバイ特約に入れないから任意保険料が高くなる。

 

 

俺は、通勤で使うからアドレスV125にした。マジェスティSは、下駄として乗るには上品過ぎる。

 

 

今400乗ってて、アドレスV125かマジェスティSに乗り換えようと思ってるけど、アドレスV125にすると任意保険の等級が引き継げないんだよな。

 

 

車あるならアドレスV125で十分だけど、一台持ちならマジェスティSにする。

 

 

俺は、アドレスV125→マジェスティSと来てもう一回アドレスV125に出戻りした。アドレスは、やっぱり爽快感があっていい。加速もあるし。街中ならアドレスが一番使い勝手がいい。

 

 

マジェスティSよりアドレスV125が優れてるのは、取り回しぐらいじゃない?

 

 

マジェスティSは、アドレスV125より48kgも重くて全長が25cmも長い。方向性が全然違うよ。

 

 

近場も中距離も1台で済ませたい人がマジェスティS買う。

 

 

マジェスティSが欲しいけど、置き場で困るんだよな。結局コンパクトなのがいいからアドレスV125にした。

 

 

マジェスティSからアドレスV125に乗り換えたけど、アドレスは、ブレーキ全然効かないね。

 

 

マジェスティSは、足つき悪いし、足元狭すぎる。

 

 

マジェスティSの方が加速も最高速も速いし直線安定感もある。それに高速も乗れる。でもアドレスV125より車体がでかくて重いから駐車場の出し入れがめんどくさいし、値段が10万円ぐらい高い。あとエンジンが水冷だし、ブレーキが前後ディスクだからメンテナンス費用が若干高くつく。

 

 

都内で通勤に使うからマジェスティSだとすり抜けするにはでかすぎる。

 

 

アドレスV125からマジェSに乗り換えたけど、155ccは、余裕があって最高。

 

 

アドレスV125乗っててマジェスティSに乗り換えようと思って試乗してみたけど、ポジションが結構窮屈で特に足元が窮屈だった。

 

 

アドレス乗りだけど、友人のマジェスティSに乗らせてもらった。安定感はあるけど、アドレスV125と比較すると出足がまったりしてた。高速走れるのは、うやましいけど乗り換えたいとまでは、思わなかった。

 

 

2017年9月時点
全長 全幅 軸間 シート高 タイヤ
2,030mm  715mm  1,405mm  795mm  13_13 マジェスティS
1,780mm  635mm  1,235mm  745mm  10_10 アドレスV125S

 

タンク    最高出力  最大トルク  重量
7.4L  11.0[15]/7,500  14[1.4]/6,000 145kg マジェスティS
6.3L  07.3[9.9]/7,500  10[1.0]/6,000 101kg アドレスV125S

 

アドレスV125とマジェスティSの買取相場をチェック

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト