クロスカブ50とクロスカブ110の違いを比較

 

これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

クロスカブ50とクロスカブ110の違いを比較

 

ホンダ クロスカブ50の歴史

2018年2月23日 新発売。型式は、2BH-AA06


車体色は、2色(クラシカルホワイト、マグナレッド)の設定。
2019年6月21日 カラーチェンジ。
車体色は、新色のカムフラージュグリーンと従来色のクラシカルホワイトの2色。

 

 

ホンダ クロスカブの歴史

2013年6月14日に「クロスカブ」が新登場。型式は、EBJ-JA10
2012年で生産終了となった海外向け輸出仕様のCT110(ハンターカブ)の実質的後継。クロスカブの車体色は、イエローとレッドの2色。
ハンターカブとクロスカブの違いの比較は、こちら
2014年12月12日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「ボスグレーメタリック」を追加。継続色のイエローとレッドの2色とあわせて全3色の設定。
2018年2月23日にフルモデルチェンジして「クロスカブ110」を発売。型式は、2BJ-JA45
レッグシールドに換えてステアリングヘッドからボディへと続くフレームカバーを採用。LEDヘッドライトを囲むパイプ製のヘッドライトガードを採用。スリット入りのマフラーガード採用など。
車体色は、イエローとレッドとグリーンの3色の設定。
クロスカブ(EBJ-JA10)とクロスカブ110(2BJ-JA45)の詳しい違いは、こちら

 

 

ここでは、
2018年2月23日発売のホンダ クロスカブ50(2BH-AA06)と
2018年2月23日発売のホンダ クロスカブ110(2BJ-JA45)
を比較しました。

 

 

スペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

車種

クロスカブ50

クロスカブ110

モデルチェンジ区分

新登場

フルモデルチェンジ

発売日

2018年2月23日

2018年2月23日

型式

2BH-AA06

2BJ-JA45

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1840

1935

全幅 (mm)

720

795

全高 (mm)

1050

1090

軸間距離 (mm)

1225

1230

最低地上高 (mm)

131

157

シート高 (mm)

740

784

車両重量 (kg)

100

106

乗車定員(名)

1

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

49

109

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

37.8

50

行程(ピストンストローク)(mm)

44

55.6

圧縮比(:1)

10

9

最高出力(kW)

2.7

5.9

最高出力(PS)

3.7

8

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

3.8

8.5

最大トルク(kgf・m)

0.39

0.87

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料タンク容量 (L)

4.3

4.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR6EA-9S

CPR6EA-9S

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

GTZ4V

GTZ4V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

0.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

リターン式・4段変速

リターン式・4段変速

1次減速比

4.058

4.058

2次減速比

3.307

2.642

変速比

1速 3.1810/2速 1.7050/3速 1.1900/4速 0.9160

1速 2.6150/2速 1.5550/3速 1.1360/4速 0.9160

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

14

スプロケット歯数・後

43

37

チェーンサイズ

420

428

標準チェーンリンク数

104

102

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

26°30

27°00

トレール量 (mm)

57

78

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(km/L)

94 ※30km/h走行時

61 ※60km/h走行時

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

69.4

66.7

ブレーキ形式(前)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

70/100-14

80/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

37

44

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

80/100-14

80/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

49

44

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

1.6

1.6

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

メーター表示

燃料計 有

燃料計 有

車両装備

キャリア 有

キャリア 有

メーカー小売価格

291,600円

334,800円

 

クロスカブ50とクロスカブ110の違いを比較

 

クロスカブ50とクロスカブ110の違いを比較

 

タイヤが違う。

 

●クロスカブ50
タイヤサイズ
前輪 70/100-14M/C 37P
後輪 80/100-14M/C 49P
指定タイヤ
前輪 IRC NF30s
後輪 IRC NR35z

 

●クロスカブ110
タイヤサイズ
前輪 80/90-17M/C 44P
後輪 80/90-17M/C 44P
指定タイヤ
前輪 IRC GP-5D
後輪 IRC GP-5

 

●クロスカブ50
アイドル回転数 1,700 土 100rpm
●クロスカブ110
アイドル回転数 1,400 土 100rpm

 

 

●クロスカブ50
ギアチェンジの速度範囲
1速 0-15km/h
2速 13-30km/h
3速 20-50km/h
4速 25km/h以上
シフトダウン可能限界速度
4速→3速 45km/h以下
3速→2速 30km/h以下
2速→1速 15km/h以下

 

●クロスカブ110
ギアチェンジの速度範囲
1速 0-30km/h
2速 13-55km/h
3速 20-80km/h
4速 25km/h以上
シフトダウン可能限界速度
4速→3速 75km/h以下
3速→2速 55km/h以下
2速→1速 30km/h以下

 

 

クロスカブ50だと二段階右折、30km/h制限、二人乗りできないから不便な事が多いよ。普通自動車免許があれば小型普通二輪AT限定免許は、簡単に取れるからクロスカブ110にしたほうがいいよ。

 

 

俺は、クロスカブ50にするつもり。普通自動車免許あるから新たに免許取らなくていいし、タンデムすることないし、30km/h制限でも近場しか乗らないし、車体色の白がいいから白は、クロスカブ50しかない。

 

 

50ccだと交通の流れに乗れないとこだと邪魔になるし、危ない。安全に乗りたいなら交通の流れる速度は、あったほうがいい。それに30km/h以上出すことは、よくあるから警察を気にしながら乗るのは、面倒くさい。

 

 

俺も50ccはおすすめしない。以前、原チャリに乗ってた時、国道走るのが怖かったし、普通の道でも邪魔扱いされる。50ccしかないモデルなら仕方ないけど、クロスカブは、原付二種に選べるからクロスカブ110にした方が後悔しないよ。

 

 

毎日5km圏内しか生活してなくて、たまに10km圏内ぐらいならクロスカブ50でいいと思う。それ以上なら小型の免許を取ってクロスカブ110を買う方がいいと思うけど、免許代で数万円かかるからそれなら50でいいわってなるよな。

 

 

●車両重量と馬力
クロスカブ50 100kg 3.7ps
クロスカブ110 106kg 8.0ps

 

 

50ccは遅すぎて交通の流れに乗れないし、30km/h制限で走ってるとすぐ隣を車に抜きまくられるから怖いよ。それに30km/h制限、二段階右折とかの交通違反できっぷ切られることあるし。45km/hの安全運転で走ってても15km/hオーバーで7000円も罰金で取られる。

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト