チョイノリとチョイノリUの違いを比較


これをやると原付が高く売れる
原付を売る前に一度チェックしておきましょう。

チョイノリとチョイノリUの違いを比較

 

スズキ チョイノリの歴史

2003年2月11日に「チョイノリ」が新発売。型式は、BA-CZ41A
「チョイノリ」は、近距離の移動に機能を絞って開発。軽量化・簡素化を追求して59,800円の低価格と乾燥重量39kgの軽量・コンパクト設計を実現。新技術「高速めっきシリンダー」を採用するなどして、従来エンジンより4割の軽量化を実現した新開発4サイクル50ccエンジンを搭載。燃費(30km/h定地燃費)は、76km/L。デザイン面では、シンプルな機能美と曲線を活かしたキュートなイメージを追求。
2003年12月12日に「チョイノリSS」を新発売
フレームをむき出しにした個性的な外観など男性向け外観を採用。走行距離が一目でわかるオドメーターの装備やキックレバーを折りたたみ式にするなどの特徴があった。車体色は、3色(ソリッドブラック、ネーブルオレンジ、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)。※オレンジと白は 2004年1月発売。
チョイノリとチョイノリSSの違いの比較は、こちら。
2004年5月に「チョイノリU」が新発売。
「チョイノリU」は、ラゲッジスペースが無いチョイノリの弱点を解消するため、別売のフロントバスケットの装備を容易にする目的で、フロントウインカをボディ前面からハンドルバーに移設した。セルモーター付き仕様を追加。
2004年3月12日に「チョイノリ」に新色を追加。
車体色は、6色(ピンク、オレンジ、ホワイト、ライトブルー、ライトイエロー、ブラック)となった。
2004年6月14日に「チョイノリSS」にセル付仕様を追加。
「チョイノリSS」にセルフスターターを装備した仕様を追加。またフレーム(銀色)とボディー色をツートンカラーとした。車体色は、フレームカラーがシルバーになった2色(ソリッドブラック、ソリッドスペシャルホワイトNo.2)。
2005年6月に「チョイノリU」をカラーチェンジ。
2006年12月1日に「チョイノリ」、「チョイノリII セル付」をカラーチェンジ。
「チョイノリ」、「チョイノリII セル付」に新色3色(トイブルー、アイボリー、ライトグリーン)を追加。「チョイノリ」は、、従来色のオレンジ、黄、黒とあわせた6色の設定。「チョイノリII セル付」は従来色のオレンジ、黒とあわせた5色の設定。「ライトグリーン」だけ2007年1月15日に発売。
2007年8月末をもって日本での生産・販売は終了。
簡易なエンジン構造から自動車排出ガス規制の強化には対応できなかった。

 

 

ここでは、
2004年モデルのスズキ チョイノリ(型式 BA-CZ41A)と
2004年モデルのスズキ チョイノリU(型式 BA-CZ41A)
の違いを比較しました。

 

 

チョイノリとチョイノリUのスペックの違いを比較

※数字が大きい方をこの色にしています。

タイプグレード名

チョイノリ

チョイノリセル付

チョイノリII

チョイノリIIセル付

型  式

BA-CZ41A

BA-CZ41A

BA-CZ41A

BA-CZ41A

全長 / 全幅

1,500mm / 620mm

1,500mm / 620mm

1,500mm / 620mm

1,500mm / 620mm

全高

975mm

975mm

1,015mm

1,015mm

最低地上高

90mm

85mm

90mm

85mm

シート高

680mm

680mm

680mm

680mm

乾燥重量

39kg

42kg

39kg

42kg

定地燃費

76.0km/L(30km/h)

76.0km/L(30km/h)

76.0km/L(30km/h)

76.0km/L(30km/h)

エンジン型式

Z401・4サイクル・空冷・単気筒

Z401・4サイクル・空冷・単気筒

Z401・4サイクル・空冷・単気筒

Z401・4サイクル・空冷・単気筒

弁方式

OHV・2バルブ

OHV・2バルブ

OHV・2バルブ

OHV・2バルブ

総排気量

49cm3

49cm3

49cm3

49cm3

最高出力

1.5kW〔2.0PS〕/ 5,500rpm

1.5kW〔2.0PS〕/ 5,500rpm

1.5kW〔2.0PS〕/ 5,500rpm

1.5kW〔2.0PS〕/ 5,500rpm

最大トルク

2.9N・m〔0.30kg・m〕/ 3,500rpm

2.9N・m〔0.30kg・m〕/ 3,500rpm

2.9N・m〔0.30kg・m〕/ 3,500rpm

2.9N・m〔0.30kg・m〕/ 3,500rpm

始動方式

キック式

セルフ式(キック式併設)

キック式

セルフ式(キック式併設)

燃料タンク容量

3.0L

3.0L

3.0L

3.0L

変速機形式

Vベルト無段変速

Vベルト無段変速

Vベルト無段変速

Vベルト無段変速

タイヤサイズ(前/後)

80/90-10 35J

80/90-10 35J

80/90-10 35J

80/90-10 35J

 

チョイノリとチョイノリUの違いを比較

 

チョイノリとチョイノリUの違いを比較

 

 

2004年3月11日にチョイノリ公式ページみたら、変わってる。2004年5月発売の「チョイノリU」って書いてる。

 

 

「チョイノリU」は、フロントバスケット取り付け用穴あき仕様。カゴチョイを無くして、選べるカゴが3種類。

 

 

チョイノリとチョイノリUは、フロント回りが少し違う。スズキの公式サイトのチョイノリの詳細のページで「フロントバスケット(別売り)をつけるなら、こちらをどうぞ。」って書いてあるのがチョイノリU。

 

チョイノリU

 

 

今度のは、オドメーター付なのがいいね。
今までノーマルのチョイノリには、付いてなかった。

 

 

ノーマルでもオドメーターが標準装備になったのか。
カラーリングは、ピンクの代わりにベージュが消えた。
確かに、一番見かけないカラーだった気がする。

 

 

チョイノリの全高が975mm。
チョイノリIIの全高が1,015mm。
ウィンカーの取り付け位置の違いとオドメーター標準装備の違いだけかな?
それで3000円アップ。
チョイノリUは、元々のウィンカー位置が黒い蓋で閉じられて、更にバスケット取り付けボルト位置にも黒蓋が。

 

 

最低高の+-はエンジンガードの有無でしょ。俺は。ノーマルに付けたけど自己満足の粋を出ないから他人には勧められない。

 

 

ウィンカーインジケーターも廃止。まあ必要無いけど。

 

 

俺のチョイノリは、オドメーター無しだから、オドメーター付きのチョイノリUのメーターに交換しようと思ってる。

 

 

セル付き用メーターASSYは、2005年10月時点で約3800円で売ってる。メーター交換のみでいけるから簡単に交換できるよ。俺のチョイノリもオド付いてないから交換しようかな。

 

●メーカー希望小売価格

 

チョイノリ
本体価格 ¥59,800 消費税 ¥2,990
希望小売価格 ¥62,790

 

チョイノリ セル付
本体価格 ¥69,800 消費税 ¥3,490
希望小売価格 ¥73,290

 

 

チョイノリU
本体価格 ¥62,800 消費税 ¥3,140
希望小売価格 ¥65,940

 

チョイノリU セル付
本体価格 ¥72,800 消費税 ¥3,640
希望小売価格 ¥76,440

 

 

チョイノリUは、前カゴ取り付け用の穴が付いてる。それに伴ってウインカーがハンドルへ移植された。

 

 

チョイノリとチョイノリUの違いは、
カゴの取り付け穴がある。
ウィンカーの位置。

 

 

最大の違いは、チョイノリUは、前カゴが付けやすい。買った後に別売りのバスケットを付けたければチョイノリU。別売りバスケットを付ける予定ないならチョイノリでいい。

 

 

チョイノリとチョイノリUの違いは、フロントウインカーの位置が移動したぐらいで基本性能は変わらない。チョイノリに前カゴを付けると、ウインカーが隠れるけど、チョイノリUはハンドルにウインカーが移設されたから前カゴ付けても隠れない。

 

 

チョイノリにチョイノリUの前カゴを取り付けるには、ウインカーの位置を変えたり、フロントカウルを変えたりと大変だから、初心者ならバイク屋に頼んだほうがいい。

 

チョイノリとチョイノリUの買取相場

バイクを高く売る方法


何社も査定してもらう場合

バイク一括査定サイトのバイク比較ドットコムがお勧めです。

バイク比較ドットコムの特徴

  • バイクの一括査定サイトで月間利用者数NO1
  • これまでの利用者数は、42万人
  • 全国優良バイク買取会社57社と掲載。
  • メリットは、1回の入力で複数の買取業者にまとめて査定を依頼できます。
  • ディメリットは、複数の会社から電対がかかってくるのでその対応や日程調整が大変なことです。
※2017年4月時点

バイク比較.comの公式サイト



1社だけ査定してもらう場合

査定に多くの手間や時間を掛けたくない人は、業界規模第1位のバイク王に無料査定を依頼してみましょう。

バイク王の公式サイト